デリケートゾーンケアにおすすめ! 市販のボディーソープ徹底紹介

最終更新日:2019年1月23日

女性として美しくいたい。

そのために毎日スキンケアやボディケアに力を入れている方も多いのではないでしょうか?

しかしデリケートゾーンまでしっかりと注意が向いていない方もいることでしょう。

当記事では、

を中心に解説しています。

これを機にデリケートゾーンにも気を使ってみてはいかがでしょうか。

それではどうぞ。

デリケートゾーン用ボディーソープとは?

ボディーソープ

デリケートゾーンのケアって、石鹸とか普段体を洗う用のボディーソープじゃだめなの?

デリケートゾーンはその名の通りデリケートな部分ですので、アルカリ性の石鹸や、普段使っている洗浄力の強いボディーソープだと乾燥や、かゆみを生じてしまう可能性があります。

デリケートゾーンにはデリケートゾーン用のボディーソープがあり、ケアをするためにはそれを使う必要があります。

普段使っているボディーソープと何が違うのでしょうか?

普通のボディーソープと何が違うの?

デリケートゾーン用のボディーソープは繊細な部分に使うものなので、弱酸性など地肌に優しい処方になっているのがポイントです。

ボディーソープの選び方は?

ボディソープ

殺菌成分が入っているものを選ぶ

殺菌成分としてボディーソープに含まれているものはこちらになります。

  • イソプロメチルフェノール
    …強力な殺菌作用、低刺激、高い安全性を持つ。
  • グリチルリチン酸ジカリウム
    …漢方から抽出される成分。高い殺菌作用と抗炎症作用を持つ。

ボディーソープは地肌を清潔に保つために使うものなので、雑菌の繁殖を抑える効果が期待できるものを選ぶ必要があります。

イソプロメチルフェノールは強い殺菌作用を持ちながらも地肌へ負担が少ないので優秀な殺菌成分であり、グリチルリチン酸ジカリウムも漢方で使用される成分なので地肌に優しくありながら殺菌作用もしっかりあります。

消臭力があるものを選ぶ

  • 柿タンニン
    …悪臭成分と結びつき別の成分に変化する。
  • 炭(活性炭、竹炭)
    …臭いそのものを吸着させる。

消臭作用をもつ成分として有名なのが柿タンニンで、これは悪臭を放つ成分をキャッチして別の成分に変化させる作用があるので、悪臭を抑えて清潔な状態に保つことができます。

また活性炭などで知られる炭は、においそのものを吸着してくれるので、いやなにおいを発生させることがありません。

保湿力があるものを選ぶ

  • グリコシルトレハロース
    …高い水分保持力を持つ。
  • ヒアルロン酸
    …肌の表面を覆い、保護・保湿をする。

グリコシルトレハロース水分保持力が高いので、地肌の潤いを逃さずにしっかりと溜めおき、潤いを保つことができるのが大きな魅力です。

また、地肌にもともと存在する成分と同じヒアルロン酸も肌の表面に膜を張って地肌を保護し、潤いを保つことができる上、保水力もあるので潤いを逃しません。

市販のおすすめボディーソープ5選

ジャムウ・ハーバルソープ

ジャムウ ハーバルソープ

価格:1,933円(税別)
内容量:60g

・商品解説

ジャムウハーバルソープは、デリケートゾーン用のケアアイテムを多数販売しているラブコスメの人気アイテムです。

ラブコスメの商品は全てインドネシアの工場で手作りしているのがポイントで、伝統的製法、品質保持を大切にしながら一つ一つ丁寧に作られています。

インドネシア製の商品ということで輸入品ではありますが、日本の会社が作っているので日本人の肌に合うように設計されているのがポイントで、長年にわたって日本人女性の効果的なボディケアに役立つ人気商品となっています。

防腐剤や安定剤を使用せず、天然由来のヤシ油やカミツレ油、アロエベラエキスやオタネニンジンエキスなどを配合しているので地肌にかかる負担を抑えることができます。

地肌がデリケートで荒れやすいという人でも、不安なく使うことができるのが嬉しいポイントです。

⇒公式サイトはこちら

◼︎お得に購入する方法
ラブコスメのジャムウハーバルソープは単品でも購入できますが、公式サイトから申し込むとセットでお得な値段で購入することができるので、気になる人は利用してみると良いでしょう。

ジャムウハーバルソープと泡立てネット、さらにお試しコスメがついたお試しセットが単品の値段と変わらず1,933円で購入できるので、ぜひチェックしてみてください。

石鹸だけでなく泡立てネットがついてくるので届いたその日からすぐにケアをすることができますし、スキンケアに効果的なお試しコスメがつくことで、洗浄後のボディケアもできます。

コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル 泡石鹸

価格:2,300円(税抜)
内容量:300ml

・商品解説

コラージュフルフル泡石鹸は泡で出てくるタイプのボディーソープなので、手間なく全身を洗い上げることができるのが魅力の商品です。

菌もにおいもスッキリ落とすことができる「ミコナゾール硝酸塩」と殺菌成分をダブル配合しているのがポイントで、皮膚のにおいの元となる真菌や細菌の増殖を抑えることができるので健やかな皮膚環境を維持することができます。

地肌に優しい処方にこだわって作られており、香料や色素を使わずに作られており、皮膚と同じ弱酸性なので肌に負担をかけずに汚れを落とすことが可能です。

また、泡石鹸とは別に液体タイプのリキッドソープもあるので、足や脇などの部分づかいをしたいという場合にはリキッドソープを併用してみるのも良いでしょう。

⇒販売サイトはこちら

◼︎お得に購入する方法
コラージュフルフル泡石鹸は市販品なのでドラッグストアなどでも購入することができますが、お得に買いたいという場合にはAmazonなどの通販サイトで購入するのがおすすめです。

例えばAmazonでは定価2,424円のところ2,120円と少し安く購入することができるので、利用してみると良いでしょう。

リキッドソープなども一緒にまとめて購入することもでき、広い部分には泡石鹸、部分的に使いたいという場合にはリキッドソープというように使い分けるのもおすすめです。

詰め替え用も販売されているので、まとめて購入しておくといざ切れてしまった際に慌ててしまうことがありません。

コラージュフルフル泡石鹸 ピンク

コラージュフルフル 泡石鹸 ピンク

価格:2,300円(税込)
内容量:300ml

・商品解説

こちらは前項で紹介したコラージュフルフルの別タイプで、ピンク色のパッケージが目印になっています。

成分を見るとブルーのパッケージと異なる部分はなく、内容や効果については同じものです。

見た目の違いではありますが、ピンクが好きな人ならばこちらを選んでみると良いでしょう。

⇒販売サイトはこちら

◼︎お得に購入する方法
コラージュフルフル泡石鹸のピンクをドラッグストアや薬局などで探そうとしても、なかなか見つからないものです。

コラージュフルフルのブルーはドラッグストアなどでも購入することができますが、ピンクは基本的にネット通販で取り扱いをしていることが多いので、インターネットで購入するのがおすすめです。

Amazonの場合は販売価格が2,254円で、詰め替え用も配合されているのでまとめて購入しておくこともできて便利です。

300mLの大ボトルが定番ではありますが、急なお泊りなどにも対応できるように小さめの150mLのボトルも販売されているので、旅行などの予定がある場合はこちらも一緒に購入しておくと良いでしょう。

薬用ユースキンS ボディシャンプー

薬用ユースキンS ボディシャンプー

内容量:500g
価格:1,800円(税抜)

・商品解説

薬用ユースキンSのボディシャンプーは、敏感肌用に作られている低刺激の製品なので、腕や足などだけでなくデリケートゾーンにも使うことができます。

香料や着色料を使用しておらず、パッチテストも行われているので、地肌が敏感でボディソープ選びにも悩んでしまうという人にもおすすめです。

地肌をしっかりと洗浄できるのはもちろん、洗い上げた後のケアもできるのがこのボディソープの魅力でもあり、保湿成分としてしその葉エキスは配合されています。

しその葉エキスが素肌を潤すので、洗い上がりもつっぱらずにしっとりと仕上がります。

カサつきがちな素肌をしっかりと潤すので、冬場のお風呂上がりに肌が乾燥しやすいという人のケアにも役立ちます。

⇒販売サイトはこちら

◼︎お得に購入する方法
ユースキンSシリーズはドラッグストアでも購入することができますが、おすすめなのはネット通販での購入です。

Amazonでは2,595円で販売されていますが、ボディシャンプーだけでなくローションや石鹸やクリーム、日焼け止めなども販売されているので、シリーズで揃えて効率的なケアをすることもできます。

商品によってはセット販売されているものもあるので、1回使ってみて気に入ったらまとめ買いをしておくと便利です。

ボディシャンプーだけでなく、ユースキンSにはシリーズのすべての商品にしその葉エキスが配合されているので、一緒に使うことでより効果的に素肌の洗浄と保湿を行うことができるのが嬉しいポイントです。

BOTANIST ボタニカル ボディーソープ モイスト ローズ&ホワイトピーチ

BOTANIST ボタニカル ボディーソープ モイスト ローズ&ホワイトピーチ

内容量:490ml
価格:1,080円(税込)

・商品解説

シャンプーで人気のボタニカルシリーズですが、ボディーソープも販売されています。

シャンプーに配合されるラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naなど地肌への負担となる成分はカットして作られているので、肌が敏感な人でも不安なく使用できるのも大きなメリットです。

洗浄成分は100%天然由来成分を使っているので、刺激が少なく地肌にトラブルなどが起こる可能性も少なくなります。

全身に使えるのはもちろん、低刺激処方なので顔やデリケートゾーンなどにも使用することができますし、子供にも使えるので家族全員で共有することができるのも嬉しいポイントです。

しっかり素肌を洗浄することができるのはもちろん、吸着型ヒアルロン酸を配合しているので地肌の潤いをしっかりと保持することができます。

⇒販売サイトはこちら

◼︎お得に購入する方法
ボタニストのボタニカルボディーソープは、通販で購入するのがおすすめです。

今回はモイストタイプを紹介していますが、このボディーソープにはモイストタイプとライトタイプがあり、香りも複数種類あるので、自分の好みのアイテムを選ぶことができます。

価格はどちらのタイプも1,000円前後で購入することができるので、特に差があるというわけではなく、自由に選べるのです。

モイストタイプにはホワイトピーチやバラ花、アプリコット成分、ライトタイプにはキュウリやベルガモット、バーベナなどの美容エキスが配合されています。

価格に関しては大差ありませんが、ライトタイプの方がモイストタイプよりも若干リーズナブルです。

ボディーソープの正しい使い方【デリケートゾーンケア】

ボディソープ

ボディーソープを手に入れても適当に洗っているようでは効果が半減してしまいます。

しっかりと正しい使い方を理解しておきましょう。

  • よく泡立てて使う
  • 丁寧に優しく洗う
  • しっかりと洗い流す

ボディーソープを使う際には、地肌に負担をかけないようにこすりすぎに注意して洗うことが大切です。

また、地肌に直接つけると負担が大きくなってしまうので、ボディソープをつける場合は一旦手元で泡立ててから体につけるようにしましょう。

最後にしっかりとすすぐことも大切で、すすぎ残しがあると地肌のトラブルにつながる可能性があるので、注意してください。

プラスαのデリケートゾーンケア

ボディーソープでもケアは出来ますが、その他代表的な対策方法をご紹介します。

食生活の改善

普段の食生活を見直すことがデリケートゾーンケアに繋がります。

臭いを抑えるものを意識して食べましょう。代表例を以下にまとめてみました。

  • アルカリ性食品
    食品例:梅干し、わかめ、モズク、ほうれん草など
  • ビタミンC
    食品例:パセリ、ほうれん草、レモン、オレンジ、キウイ
  • ビタミンE
    食品例:アーモンド等のナッツ類、うなぎ等の魚介類、緑黄色野菜
  • ポリフェノール類
    食品例:お茶、大豆、ゴマ、にんじん、生姜

体臭を抑えるためには皮膚を弱酸性、体内を弱アルカリ性に保つのが理想とされているので、アルカリ性の食品を積極的に摂取することが大切です。

また、皮膚から出る気になるにおいを抑えるのに効果的な成分が「抗酸化成分」と言われるビタミンCとビタミンEなので、これらの成分を含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

抗酸化成分として知られているのは他にも「ポリフェノール」があるので、こちらも意識的に摂取すると良いでしょう。

内側から体臭を抑えることができれば、いつでも快適に過ごすことができるでしょう。

アンダーヘアの処理

アンダーヘアの量を減らすのはすぐにできる簡単な対策法です。

  • カット
  • 剃毛
  • VIO脱毛

アンダーヘアがあると、どうしても蒸れて雑菌が繁殖し、嫌な臭いが発生してしまうものです。

そのため、においを抑えるためにはアンダーへアを処理して清潔な状態に整えておくようにしましょう。

全て除去するのではなくても、整えるだけでもすっきりするので自分のやりやすいように処理りましょう。

アンダーのヘアは自分でシェービングなどを行ってもいいのですが、脱毛サロンで施術を受けると不安がありません。

まとめ

今回はデリケートゾーンのケアに役立つケア方法や、おすすめのケア商品をピックアップして紹介してきました。

デリケートゾーンは繊細な部分なので刺激の少ないボディソープを選ぶことが大切です。

お気に入りの商品を見つけて、ボディケアを楽しみましょう。

おすすめ関連記事

BiJO[ビジョ] - 女性のための美容メディア

小顔エステは本当に効果があるのでしょうか?今回は小顔エステでの施術内容や得られる小顔効果、通うべき頻度、効果の持続時間に…

BiJO[ビジョ] - 女性のための美容メディア

太ももやおしり周り、お腹周りなどある部分だけ痩せることができないのかと悩むことはありませんか。この記事では部分ごとの太っ…