年齢肌と乾燥肌は諦めなくて良い?年齢肌、乾燥肌に有効な化粧品7選!

最終更新日:2018年10月25日

「気になる年齢肌と乾燥肌をなんとかしたい」

しわやシミなどの年齢肌や乾燥に悩んでいる女性は多くおります。

そんな悩みを持っている方のために今回は、

の3点から詳しく解説していきます。

他にも年齢肌の予防方法などもご紹介していきます。

この記事をぜひ参考にしていただき自分に合った化粧品を見つけましょう。

年齢肌に合わせた化粧品を選ぶコツ

年齢肌に合った化粧品を見つけるためにまずは年齢肌のこと知る必要があります。

その他にも、原因や化粧品を選ぶコツなども紹介していきます。

年齢肌とは?

年齢肌とは、加齢にともなって変化していく肌のことです。

年齢が重ねるごとに増えていく主な悩みは、

  • 乾燥しやすい
  • しわができた
  • フェイスラインが下がった
  • シミが増えてきた
  • 肌のくすみが気になる

などがあります。

これらに多く当てはまる方は年齢肌の可能性が高いです。

年齢肌で気になる肌トラブルの原因

育毛 薄毛

それぞれの肌トラブルの原因を紹介していきます。

肌の乾燥

まず乾燥肌とは、角層の水分が約20%を下回った状態の肌が継続している状態の肌のことさします。

乾燥肌の主な原因は、

  • 加齢によるもの
  • 乱れた生活習慣
  • 間違ったスキンケア方法
  • 女性ホルモンの乱れや減少
  • 合っていない化粧品

などがあげられます。

間違ったスキンケア方法や生活習慣など、自分自身で乾燥肌に追いやっている方もいるため気をつけましょう。
[takahashiruriko]

私たちのお肌は年齢や体質、環境の変化により主に20歳前後をピークにお肌は老化が始まります。
30歳代以降は仕事や家庭等での様々なストレス、睡眠不足などが原因にもなります。
はっと気が付くと肌の乾燥、ハリがなくなるなど、新陳代謝のリズムが崩れますのでさらに悩みを感じるようです。
乾燥肌を防ぐためにも 洗いすぎや肌への摩擦を過剰に行うことを避け 生活習慣も整え身体の内側とお肌のケアの両面から見直しましょう。

しわ・たるみ

しわは種類によって原因が変わってきます。

【ちりめんしわ】

ちりめんしわとは、浅くて薄いしわのことをさします。
原因は、乾燥となります。
そのため保湿をすれば完全が期待できます。
保湿をしてもよくならないしわは、真皮のしわになっている可能性があります。

【真皮しわ】

真皮のしわとは、深く刻まれたしわのことをさします。
原因は、真皮にあるコラーゲンの減少などになります。
そのため保湿をしても改善は見込めず、コラーゲンを増やす作用のある成分を補うことが大切になってきます。

【表情しわ】

表情しわとは、笑ったり怒ったりと表情を作る際にできるしわのことをさします。
原因は、表情のくせなどになります。
そのため表情のくせに気をつけることが大切になってきます。

たるみは、真皮のしわと同様の真皮のコラーゲンの減少や表情筋の衰えなどが原因となります。

シミ・くすみ

シミも種類によって原因が異なります。

【老人性色素斑】

シミでもっとも多い種類で、頬骨の高いところにできやすいシミです。
原因は、紫外線の影響によるものが多いです。
初期状態の場合美白化粧品が効果的ですが、濃くなってしまったものはレーザー治療がおすすめです。

【そばかす】

鼻を中心に細かく散らばってできるシミです。
原因は、遺伝によるものが多いです。
レーザー治療がおすすめですが、再発することもあります。

【肝斑】

両方の頬骨あたりに左右対象にできるシミです。
原因は、女性ホルモンバランスの乱れが多いです。
美白化粧水やピーリングなどが効果的です。

次にくすみの原因を紹介します。

【古い角質】

ターンオーバなどの原因によって、古い角質が溜まってしまい角質が分厚くなっていることです。
角質細胞自体が、少し黒みを帯びているため厚くなってしまうとくすんでみえてしまうのです。

【乾燥】

肌が乾燥してしまいバリア機能が低下してしまうと、それを補おうと角質を分厚くさせます。
そのため、古い角質と同様にくすんでみえてしまうのです。

【血行不良】

睡眠不足など乱れた生活習慣やストレスなどによって、血流が滞ってしまい血色が悪くなりくすんでみえてしまうのです。

化粧品を選ぶコツ

化粧品の選ぶ際のポイント3点紹介していきます。

保湿成分

化粧品には、保湿成分が欠かせません。

乾燥は様々な肌トラブルの原因となってしまうため、しっかり保湿をして肌トラブルを防ぎましょう。

おすすめの保湿成分を紹介していきます。

【ヒト型セラミド】

人の皮膚に存在する成分で外部からの刺激から肌を守る働きがあります。
水分を強力にはさみ込み潤いを逃しません。
湿度が低い場所でも保湿力が高いさめ最強の保湿成分といわれています。

【ヒアルロン酸】

動物性保湿成分の一種で、水と混ざるとジェル状になります。
200〜600倍の水分を蓄える力があり、敏感肌の方にもおすすめの成分です。

【水素添加大豆レシチン】

大豆から抽出される成分です。
セラミドより保湿力は下がるが、セラミド同様水分をはさみ込み潤いをキープしてくれます。

目的に合ったもの

自分が何をケアしたいのかその目的に合った成分が配合されているものを選びましょう。

シミにおすすめの成分

  • プラセンタエキス
  • エラグ酸
  • アルブチン

しわにおすすめの成分

  • ビタミンC誘導体
  • ナイアシン
  • レチノール

乾燥が気になる方は上記で説明した、保湿成分が配合されているものを選びましょう。

継続的に使用できるもの

肌のターンオーバーと関係してくるため、化粧品は1ヶ月以上使用しましょう。

  • 無理のない価格
  • テクスチャー
  • 香り

なども考慮して毎日無理なく使用できる化粧品を使いケアしましょう。
[takahashiruriko]

最近メイクのりが悪い、かさかさでキメが粗いなど、季節や体調などの変化で乾燥肌でお悩みではありませんか。
乾燥肌を防ぐために日頃から洗顔、保湿を心がけることが大切です。
さらに保湿用の化粧水や化粧品を選ぶことにより お肌の保湿を継続し保湿力をサポートすることにつながります。
大切なイベントや毎日を楽しく過ごすためにも、日頃から保湿を促すコラーゲン、ヒアルロン酸NA、エラスチン、セラミド等が配合された化粧水やスキンケア化粧品を選ぶ、そしてお肌に合うものを使うことをおすすめします。

年齢肌と乾燥のケアにおすすめの化粧品7選

それぞれの悩みに合った化粧品を紹介していきます。

肌の乾燥におすすめの化粧品

乾燥肌におすすめの化粧品を3種類紹介します。

ビーグレン ディープモイスチャーセット

ビーグレン

容量:7日分
価格:1,800円+税

  • セラミド不足を解消
  • 独自の技術QuSome
  • 潤い強化成分で保湿をサポート

乾燥肌の原因となるセラミド不足を保湿型のビタミンC誘導体によってセラミドをサポートして潤いをもたらせてくれます。

独自の技術QuSomeによって浸透力と持続力をアップさせ長時間の保湿を実現されています。

さらに、アッケシソウエキスとアクアタイドの2種類の成分によって保湿を強化してくれます。

⇒公式サイトはこちら

米肌 潤い体感セット

米肌潤いセット

容量:14日間分
価格:1,389円+税

  • ライスパワーNo.11配合
  • 低刺激処方
  • 100%国産の米を使用

ライスパワーNo.11によって浸透力を保湿力が良い商品になっています。

香料や着色料などの添加物を使っていないため低刺激になっており、肌が弱い方にもおすすです。

原料にもこだわっているため、100%国産米を使用されており信頼できる高品質になっております。

⇒公式サイトはこちら

ライースリペア

インナーモイスチュアローション No.11

容量:10日間分
価格:1,750円+税

  • ライスパワーNo.11を全アイテムに配合
  • 浸透力が高いため肌の奥まで届く
  • 肌の奥からしっかりエイジングケア

皮膚水分保持機能の改善効果が厚生労働省に認可されている唯一の成分「ライスパワーNo.11」が全アイテムに配合されています。

そのため、肌の奥からケアをし健康的な肌へ導いてくれます。

国産米を100%使用し、研究から製造までしており品質を徹底的に管理されています。

⇒公式サイトはこちら

しわ・たるみにおすすめの化粧品

しわとたるみにおすすめの化粧品を2種類紹介していきます。

ビーグレン エイジングケアセット

ビーグレンエイジングケア

容量:7日分
価格:1,800円+税

  • 気になるフェイスラインを引き締めてくれる
  • クイックリフトで理想のラインをキープ
  • フェイスラインが最大−7.5度リフトアップ

目元から顎にかけてたるみに聞いてくれる豊富な成分で気になるフェイスラインをしっかりケアしてくれます。

さらに、その引き締まったフェイスラインをクイックリフトによって夜までキープしてくれます。

365日返金保証付きで、勧誘の電話なども一切ないので安心です。

⇒公式サイトはこちら

オルビスユー

オルビスユー

容量:7日間
価格:1,000円

  • 肌の3層を巡る水
  • 独自の高保湿成分を配合
  • 今だけ公式サイトにて今治抗菌タオル1枚プレゼント付き

角層・表皮・真皮の水の通り道をつくり、角質層の奥の真皮まで届くようになっています。

オルビス独自の高保湿成分の濃密ウォータージェリーを配合しており、たっぷり潤わせてくれます。

公式サイトにて、初めての方限定人気の今治タオルが付いてきます。

⇒公式サイトはこちら

シミにおすすめの化粧品

シミにおすすめの化粧品を2種類紹介します。

ノブL&W トライアルセット

ノブ

容量:7日間
価格:1,300円+税

  • 3種類の成分でお肌のハリアップ
  • 安全性試験を行なっているため安心できる品質
  • ビタミンC誘導体配合によって様々なケアが可能

低刺激のコエンザイムQ10と浸透性アミノ酸AHPとa-GGの3種類の成分によって肌のハリをよくし小じわをケアしてくれます。

持続性ビタミンC誘導体によって美白・毛穴・肌荒れなどもケアして予防してくれます。

低刺激処方でさらに安全性試験を行なっているため敏感肌の方におすすめの商品です。

⇒公式サイトはこちら

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

アスタリフト

容量:5日間
価格:1,000円+税

  • フィルム技術を応用した美白化粧品
  • ナノAMAによって美容成分を肌の奥までしっかり届ける
  • アスタキサンチンによって美肌にする

富士フィルムが写真分野の研究をいかし作られた美白化粧品になっています。

保湿やエイジングケアが期待できるアジア酸などの3種類の成分を複合したナノAMAによって有効成分とともに肌の奥まで届けて効果を発揮してくれます。

アスタリフトホワイトの特徴の赤の成分アスタキサンチンによって美肌に導いてくれます。

⇒公式サイトはこちら

年齢肌をケアするコツ

スキンケアをしている女性

年齢肌のケア方法は、

  • 肌の老化を防ぐために
  • 肌の乾燥に有効な習慣

の2点が大切になります。

その2点を詳しく解説していきます。

肌の老化を防ぐために

肌の老化を防ぐ方法を3種類から説明していきます。

食事

老化を防ぐために抗酸化作用のある食材を取りましょう。

なぜ抗酸化作用が良いかというと、老化の原因となる活性酸素に対抗してくれる成分だからです。

抗酸化作用のある栄養素はビタミンA・C・Eとポリフェノール、カロテノイドになります。

ビタミンA・C・Eなどが含まれる食材は、

  • ブロッコリー
  • 落花生
  • キャベツ

ポリフェノールが含まれる食材は、

  • ブルーベリー
  • 大豆
  • 緑茶

カロテノイドが含まれる食材は、

  • トマト
  • とうもろこし

これらを意識的に取るようにしましょう。

運動

老化を防ぐために運動をしましょう。

運動といってもジムや機械などお金のかかることは必要ありません。

意識的に歩くだけで十分な運動になるのです。

初めは、20分くらいのウォーキングを週に2回など少しずつ始めて無理なく継続していきましょう。

ウォーキングする際はスニーカーを履き荷物などは持たずに正しい姿勢で歩くことが大切です。

ウォーキングの正しい姿勢を説明していきます。

まず立ち方としては、肩の高さを左右揃えて横からみたときに頭から足まで一直線上になるように立ちましょう。

歩き方のポイントは、

  • かかとから着地する
  • いつもより少し歩幅を大きく
  • 腹式呼吸をしながら

の3点ポイントに注意して歩くことでより効果的になります。

ウォーキングに慣れてきた方は徐々にランニングに切り替えていくとさらに、効率よく運動ができるようになります。

生活習慣

生活習慣で肌に特に大事になってくるのが睡眠です。

寝ている間に体全体が修復されているため肌も修復され生まれ変わっているのです。

睡眠のポイントとしては、

  • 0時に睡眠ホルモンが急増するためそれに合わせて0時半までには寝る
  • 体の回復には最低6時間はかかるため6時間は睡眠時間をとる
  • 成長ホルモンの分泌が高まる睡眠後の3時間を大切にする

この3点に気をつけて質の良い睡眠を取りましょう。

さらに良い睡眠をとっていただくために、

  • 寝る1時間前にはスマートフォンなど使用しない
  • アロマオイルの香りでリラックス
  • ストレッチなど手軽にできる軽度な運動をする

この3つを行えば熟睡度が高まりより良い睡眠が取れます。

肌の乾燥に有効な習慣

乾燥がきになる方に日常的に行えるケア方法を紹介していきます。

  • 湿度が低い場所にいるときは、セラミドなど保湿成分が配合されている美容液をつけるようにする
  • 保湿パックをに日常的に取り入れる
  • ビタミンや鉄分をとり食事の面から潤いを補給する

などを習慣化すれば、乾燥肌を防ぐことが期待できます。
[takahashiruriko]

日頃のスキンケアはお肌を乾燥させないことや気候や体調に合わせた保湿ケア、またバランスの良い食事、心豊かな生活習慣が大切です。
そのうえで保湿成分は年齢に応じた美肌成分を配合した化粧品でのケアを行いましょう。
乾燥肌を放置することで加齢による様々な肌トラブルが起きることが多いため食生活や睡眠時間に気を配る、スキンケアでは保湿化粧品でお肌を守り紫外線を防ぐの2つの乾燥肌改善のポイントに注目してみましょう。
両面からのアプローチでお肌の生まれ変わりを助け新陳代謝の低下を防ぐ対策となり 若々しいお肌を保つ第一歩となります。

まとめ

年齢肌や乾燥肌をケアするには自分に合った化粧品を見つけることが大切です。

乾燥肌におすすめの化粧品3選

しわやたるみ、シミなどが気になる方は、以下よりチェックしてみてください。

自分に合った化粧品で正しくケアをして美肌を手に入れましょう。

BiJO[ビジョ] - 女性のための美容メディア

20代というとお肌の調子が気になりはじめる時期。フェイシャルエステに興味が湧いてくる人も多いでしょう。そんな20代のため…

BiJO[ビジョ] - 女性のための美容メディア

保湿化粧水の使い方が知りたい…。化粧水をつけ始めたけど、正しい使い方ってあるの?そんな保湿化粧水の使い方で戸惑う方は多い…