ドラッグストアで買える毛穴クレンジング3選!毛穴ケアのコツも紹介!

ドラッグストアの毛穴クレンジングは効果あるの?

毛穴の汚れや詰まりは女性なら誰もが1度は悩む肌トラブルです。

眉間や小鼻の毛穴の黒ずみや、頬のぶつぶつが気になる方は、スキンケアの基本であるクレンジングから見直すことが必要です。

また、メイクがきちんと落とせていないのも毛穴汚れの原因の1つです。

毎日のメイクをしっかりと落とし、角栓や皮脂を落とすことが毛穴レスな美肌への近道です。

そこで今回は

  • 毛穴トラブルの原因
  • クレンジングの選び方
  • ドラッグストアで買えるおすすめクレンジング

を中心にご紹介します。

特に紹介するドラッグストアで購入できるクレンジングは高評価なので参考にしてください。

毛穴トラブルの原因

鏡を見ている女性

ドラッグストアでも購入できるクレンジングを紹介する前に毛穴トラブルの原因について紹介します。

毛穴トラブルの原因をきちんと理解した上で、肌と毛穴の悩みの種類によってクレンジングを選ぶことが毛穴レスな肌への第一歩です。

多くの女性を日々悩ませる毛穴トラブルの原因からみていきましょう。

毛穴の詰まり

毛穴パックをした時、パックに「ニョキ」っと取れるもの、それが角栓です。

通常、角栓の色は乳白色ですが、角栓が肥大化してしまうと、毛穴の詰まりが目立つ、メイクが上手に乗らなかったり、肌がくすんで見えるといった状態になります。

小鼻や鼻の横の頬に詰まりやすく、毛穴の中で分泌された皮脂や古い角質が混ざり合い詰まり、酸化し始めると黄色に変色し、毛穴そのものが目立つようになります。

角栓の酸化が進むと、黒毛穴となっていきます。

不十分なクレンジングや洗顔、ターンオーバーの低下によって角栓が詰まったまま肥大化すると、詰まり毛穴から開き毛穴へとなります。

<特徴>

  • 鼻の毛穴にブツブツとした毛穴が目立つ
  • あご、眉間、鼻の周りの肌がザラつく
  • 朝の洗顔はクレンジングしていない

毛穴の黒ずみ(いちご鼻)

毛穴の中にある角栓に皮脂汚れや古い角質、クレンジングで落とし切れなかったメイクが酸化すると、黒ずみ毛穴に変化します。

酸化すると黒くなったり茶色になり、特に小鼻周辺に多くみられると、いちご鼻になってしまいます。

この部分はメイクも乗りにくい部分でもあるため、とても目立ちます。

また、眉間にも多くなるのが特徴で、皮脂を多く分泌するTゾーンに集中することが特徴です。

角栓が酸化する原因としてクレンジングで落とし切れていないメイクが大きいため、黒くなる前に、正しいクレンジングを行うことが重要なポイントになります。

<特徴>

  • 鼻の毛穴が黒く見えていちごのようになっている
  • あごや眉間も黒ずみ毛穴が目立つ
  • 朝の洗顔でクレンジングをしていない

毛穴の開き

顔の皮脂は身体の中でも多い部分であることから、毛穴に皮脂は詰まりやすく、少しでもケアを怠ると、すぐに毛穴に角栓が詰まり、開き毛穴になってしまいます。

皮脂は常に分泌され肌を保護し、潤いを与える役目をする一方で、過剰に分泌されると、余分な皮脂は角栓に詰まるようになります。

つまり、毛穴が開く原因も黒ずむ原因も、毛穴に角栓が詰まった状態が進んだ結果です。

過剰な皮脂の分泌が続くとニキビができやすくなります。

しかし、ニキビ跡も毛穴が開いたままの原因となり、ニキビを早く治したい、予防したいがために洗顔をし過ぎたり、保湿を控えてしまうと必要以上に皮脂が分泌されるようになり、結果的に毛穴が開くようになってしまいます。

また、ニキビや皮脂が原因以外にも、年齢が進むに従い、顔の筋力が弱まると表皮を支えきれなくなり、肌がたるむようになります。

肌がたるむと毛穴が縦に広がり開き毛穴になってしまいます。

年齢による開き毛穴の場合には正しいクレンジングに加えてエイジングケアも必要になってきます。

<特徴>

  • 頬や鼻の頭(小鼻)にポツポツとした毛穴が目立つ
  • メイクをすると肌にムラができる
  • 保湿が不十分

ドラッグストアでのクレンジングの選び方

クレンジングを正しく選び、洗顔することで、毛穴を綺麗にする効果は高まります。

では、どのようなクレンジングを選ぶことが、毛穴ケアに効果的なのか、ドラッグストアで毛穴用にクレンジングを選ぶ時の参考にしてください。

クレンジングのタイプ別で選ぶ

毛穴ケアの効果が高く、肌に負担の少ないクレンジングからご紹介します。

バーム・クリームタイプ

クリームタイプと、洗顔バームの特徴は肌馴染みが良く、肌の負担が少ないことです。

クリームタイプは手に取ると滑らかなクリームがスーッ伸びます。

洗顔バームは手に取る前は、固く手に取り温まるとクリーム状に変化し、滑らかなテクスチャーになります。

メイクの馴染みが非常に良く、メイクや古い角質、余分な皮脂を浮かせ、しっかりと洗い流します。

無添加のものを選ぶと、より肌に負担が少なく毛穴ケアにも効果が期待できます。

毛穴ケアを考えた時に、最もおすすめなクレンジングタイプです。

オイルタイプ

オイルクレンジングは肌に最も馴染みが良く、オイルの力でメイクや皮脂をしっかり落とします。

高い洗浄力によってメイクをすぐに落とせるので手軽にクレンジングできますが、界面活性剤を多く含むものが多く、肌への負担は高くなります。

メイクの油をしっかりと落とすということは同時に皮脂も落とすということに繋がり、除去され過ぎてしまう場合もあり、乾燥肌やインナードライ肌を招いてしまう可能性があります。

濃いメイクを落とす時に、部分的に使うと良いでしょう。

リキッドタイプ

リキッドタイプの主成分は水で、サラリとしたテクスチャーが特徴的です。

オイルと同様に、しっかり素早くメイクを落とすため、界面活性剤を多く含むものが多く、皮脂を取り過ぎてしまう傾向があり、肌に負担の大きいクレンジングの1つでもあります。

ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジングは肌にもメイクにも馴染みが早く、するっとメイクを落とします。

メイクだけではなく、毛穴に詰まった角栓や古い角質をジェルが絡めとるので、使い心地はとても滑らかです。

肌への摩擦も少ないので、毛穴ケアにもおすすめです。

ミルクタイプ

ミルクタイプまたは乳液タイプのクレンジングでメイクを落としながら、ミルク成分が洗顔後の肌をしっとりと保ちます。

肌に優しく薄いメイクを落とす時に向いています。

ミルクタイプのクレンジングの種類の中にシートタイプのものがありますが、肌に刺激が強いため、使用は控えましょう。

シートタイプのものは、洗浄力のみを含むものが多く、シートで拭き取ることで肌に摩擦を生じ、小さな傷ができてしまいます。

肌に刺激が強いものは避ける

クレンジング本来の目的はメイク落とすだけではありません。

そして良いクレンジングはメイクをしっかりと落とし、肌に必要な皮脂を落とし過ぎず、古い角質を落とすものが理想的です。

メイクと皮脂をすっきりと落とすクレンジングの落とし穴は皮脂を取り過ぎることです。

肌に負担の大きなタイプは皮脂を取り過ぎる傾向があるので、できるだけ避け、肌に優しく負担の少ないものを選びましょう。

毛穴ケアのために選んだクレンジングによって、毛穴が開きやすくなったり、皮脂を取り過ぎて逆に皮脂分泌が活発になってしまうと、詰まり毛穴や毛穴の黒ずみの原因になります。

拭き取り型のシートタイプのものや、界面活性剤、防腐剤が多く含まれるものは避けましょう。

クレンジングは短時間で済ませることが肌に負担のかからないクレンジング方法です。

肌に優しいタイプでも短時間で済ませることが基本となるので、刺激が強すぎるクレンジングは肌トラブルの元になってしまいます。

メイクの濃さでクレンジングを選ぶ

メイクが普段濃い目の方は洗浄力の強いクレンジングを選ぶこともあるでしょう。

しかし、洗浄力の強いクレンジングは肌に刺激を与えてしまうものが多いので、濃い部分は専用のリムーバーを使って落としましょう。

専用リムーバーを使った後で、肌全体を肌に負担の少ないクレンジングで洗い流していきます。

メイクが濃い部分に合わせてクレンジングを選ぶのではなく、ポイントメイクはポイントクレンジング、肌全体は肌に優しいクレンジングと少し手間はかかりますが、このひと手間が毛穴を綺麗にするコツでもあります。

ドラッグストアのおすすめ毛穴クレンジング3選

毛穴ケアをより効果的かつ、ドラッグストアで買える毛穴クレンジングを厳選して3アイテムご紹介します。

ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム

ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム

容量:300g
価格:650円

<特徴>

  • メイクをしっかり落とすクリームタイプのクレンジングです。
  • 素早く洗い流し、肌はすっきりしなやかになします。
  • マッサージクリームとしても使用できます。

300gの大容量で650円のコスパの良さと毛穴ケアに良いという口コミで人気のクレンジングクリームです。

乳化するまで時間がかかるのが難点ですが、乳化すると、透明なオイルになり、指がするすると滑るほど滑らかになります。

鼻やアゴ、眉間の間に目立つ角栓に対するアプローチ力も強く、健やかな肌に整います。

⇒販売サイトはこちら

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング

容量:270g
価格:オープン価格

<特徴>

  • ふんわり滑らかなクリームが肌に負担をかけずに毛穴の汚れを溶かします。
  • 肌の潤いを保ちながらメイクや肌の汚れを落とします。
  • 高麗人参、シャクヤクエキスなど植物から抽出した成分が美しい肌に導きます。

乾いた肌にのせても、力を入れずにくるくると馴染ませていくと、すんなりとオイル化し、時間がかからないので肌の負担が少ないのが特徴です。

べたつきやぬるつきがないので、すすぎも楽に行えます。

クレンジング後の洗顔で軽く洗うとすっきり、しっとりとした肌になります。

⇒販売サイトはこちら

コーセー プレディア スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズ

コーセー プレディア スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズ

容量:300g
価格:4,500円

<特徴>

  • 天然ミネラル配合でメイクや毛穴の汚れ、酸化した皮脂をしっかり落とします。
  • 柔らかなクリームが汚れを穏やかに取り除きます。
  • 洗い上がりはしなやかな透明感のある毛穴の目立たない肌に。

マイルドな洗浄力で、時間をかけゆっくりゆっくり優しく毛穴の汚れを落とします。

洗顔後の肌もしっとりし、つっぱり感がありません。

鼻のキワの脂や毛穴の黒ずみを徐々に綺麗にし、肌を健やかに導くクレンジングです。

⇒販売サイトはこちら

クレンジングの効果とは?

クレンジングはメイクを落としながら、さまざまな毛穴トラブルになる原因である角栓を綺麗にします。

普通の洗顔では落とし切れない皮脂や古い角質を洗い流すので、メイクをしていない日や起床時にクレンジングすると毛穴ケアにより効果的に働きます。

眠っている間に肌についたホコリや汚れ、分泌された汗や皮脂をクレンジングで除去します。

朝一番に毛穴をお掃除することで、その後のスキンケアが浸透しやすくなり、メイク乗りも良い肌へと整えます。

<クレンジングを正しく行うことで得られる効果>

  • 毛穴に詰まった汚れや角栓を洗い流す
  • メイクを綺麗に落とす
  • 過剰に分泌された皮脂や古い角質を落とす
  • スキンケアの浸透が良くなる

毛穴ケアのコツ

洗顔する女性

毛穴により効果的なクレンジングを行うだけでは、完璧な毛穴ケアをした、とは言い切れません。

ドラッグストアで毛穴クレンジングを購入したら、ぜひ、正しいスキンケアを行ってみてくださいね。

正しい洗顔を行う

クレンジング後は洗顔することで、より毛穴に対して高い効果を与えます。

正しく行うことを意識して洗顔してください。

毛穴の角栓や汚れをさらに綺麗にする洗顔方法は以下の順で行います。

  1. 朝と晩2回洗顔は行いましょう。頻度は高すぎてしまっても肌に負担がかります。
  2. 洗顔料は規定量を守り、よく泡立てて泡で洗うことを意識します。
  3. 指の腹側を使って、くるくると肌に泡を乗せて洗います。
  4. すすぎは30~35℃のぬるま湯で、シャワーは使わず、泡を落とすようにします。
  5. 拭くときにも水分をゴシゴシと拭き取るのではなく、拭うようにしましょう。
  6. その後のケアは10分以内に行いましょう。

洗顔料は泡立てフォームを使うとよく泡立ちますが、規定量よりも少なくても泡立つので、量を少なめにしてしまいがちですが、規定量を守るようにしましょう。

お湯が熱すぎると肌は乾燥してしまうので、すすぎはぬるま湯が鉄則です。

クレンジング、洗顔は洗い始めからすすぎまでトータルで約1分を目安にし終わらせましょう。

洗顔料は汚れを落とす成分が含まれるので、時間が長いと肌に優しいものでも、負担となってしまいます。

できるだけ短時間で終えることがポイントです。

毛穴ケアを優先したスキンケア商品を選ぶ

毛穴ケアを優先とするならば、洗顔後はしっかりと保湿することが重要なポイントです。

洗顔後はすかさず、保湿成分を肌に与えてあげましょう。

洗顔したことで、毛穴が開き、次のケアが浸透しやすくなっています。

保湿成分として、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンは欠かせません。

また、ビタミンCのように毛穴に働きかけ、年齢肌に対する抗酸化作用の高いものもオススメです。

定期的なピーリングを行う

アレルギー肌や敏感肌ではない方は毛穴ケアの一環として定期的にピーリングを取り入れてみてもよいでしょう。

ピーリングは肌に残った古い角質や落とし切れない汚れを落とし、ザラつきのない肌にします。

固形石鹸やスクラブ洗顔タイプのピーリングは手軽に行いやすく、中でもフルーツ酸(AHA)が含まれるマイルドピーリングが毛穴ケアにオススメです。

肌にピーリング剤が残ったままになると、逆に角栓ができやすく毛穴を詰まらせてしまう原因になるので、注意しながら行ってください。

できれば週に1回程度行うと、より毛穴に効果的です。

肌の調子や使用感、使用量を守って定期的に行いましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣の乱れは肌にすぐに影響します。

一定ではない就寝時間や偏食やお菓子、ファーストフードの食べすぎ・・・では肌を健康的に保つことができません。

毛穴レスな肌を手に入れるためには整った生活習慣もとても大切です。

良質な睡眠を十分に摂る

毛穴レスな肌を手に入れるためには食事よりもまずは睡眠です。

就寝中に腸や肌の修復やターンオーバーが行われ、新しく美しい肌に生まれ変わるメンテナンスが行われています。

特に眠りはじめてから3時間~4時間の間に成長ホルモンが分泌され、肌の新陳代謝を行っています。

それがシンデレラタイムです。

眠りが浅い方はできるだけ熟睡できるように努めましょう。

睡眠不足になったり、良質な睡眠が得られないと、毛穴が目立つ肌になり、肌荒れ、シワやクマ、くすみの原因になってしまいます。

いくら忙しくても睡眠時間は7時間は確保しましょう。

肌に良い食事を摂る

肌そのものにスキンケアで栄養を与えてあげたら、身体にも良い栄養を与えて、内側から美肌を作っていきましょう。

睡眠の充実と共に、食生活にも気を配りたいですね。

  • 油分の多い食事は避ける
  • お菓子やケーキなど脂肪分が多いものも避ける
  • ビタミンが豊富な緑黄色野菜を積極的に食べる
    *ビタミンC,Eともに高い抗酸化作用のある栄養素です。メラニンの排泄、活性化を抑制し、美白と美肌を保ちます。

ストレスを溜めない

ストレスは肌にすぐに影響を与えます。

「ストレスでニキビができた」「ストレスで眠れなくてクマができた」など、ストレスは体に害しか与えません。

ストレスを感じないということは現代社会ではとても困難なので、ストレスが溜まる前に発散できる方法を見つけておきましょう。

特にスポーツはストレスの発散にも、肌に対してもオススメです。

全身の血行が良くなると、肌は健やかになります。

全身を使い、没頭することでストレスが発散されます。

ストレスレスな生活は肌にハリと潤いをもたらし、毛穴レスな肌にも近づく一歩となります。

まとめ

毛穴ケアはクレンジングから見直すことが大切です。

手軽に買えるドラッグストアでの毛穴クレンジングはプチプラでもあるので、参考にしてください。

メイク落としだけではなく皮脂や古い角質を落とし切るクレンジングを選び、上手に毛穴ケアをしてみてください。

クレンジングと共に、正しい洗顔方法を行い、生活習慣を見直すことで毛穴の改善や角栓詰まりの予防になります。