毛穴の黒ずみはクレンジングで消せる?おすすめクレンジング5選!

クレンジングで毛穴の黒ずみは消せるの?

化粧品をつける女性

毛穴の黒ずみにはクレンジングがいいと、密かに女性の間では注目されています。

しかし、クレンジングが毛穴の黒ずみに良いと知っていても、毛穴の黒ずみに良いクレンジングを知っているという方は意外と少ないようです。

メイクを落とすために使っていたクレンジングは毛穴の黒ずみを消せるのであれば、できるだけ効果的なものを選びたいですよね。

そこで今回は

  • 毛穴の黒ずみの原因
  • クレンジングの選び方
  • 毛穴の黒ずみにおすすめのクレンジング5選

などをご紹介します。

クレンジング選びに迷ったら参考にしてください。

毛穴の黒ずみとは

横顔の女性

メイクをしてもなかなか消えない毛穴の黒ずみ。

特に皮脂分泌の多いTゾーンに目立つ、眉間、小鼻の周辺にできやすい毛穴トラブルの1つです。

ボツボツと黒く、「産毛かな?」と思って、角栓パックを使ってみても、毛ではない・・・つまり、角栓が黒くなったものなのです。

鏡をじっと見て、眉間や小鼻に黒いボツボツができ始めたら、毛穴が黒ずみはじめている証拠です。

では、毛穴の黒ずみは一体何が原因なのでしょうか。

毛穴の黒ずみの原因

毛穴が黒ずむ原因は、毛穴に詰まった皮脂汚れや古い角質、そしてクレンジングで落とし切れなかったメイクが酸化によって黒くなり表面に現れるものです。

毛穴は基本的に毛の横に小さな皮脂腺があります。

しかし、その毛穴の構造は顔の毛穴ではなく、体の毛穴です。

顔の毛穴は体に比べて皮脂腺が大きく発達しています。

そのため、毛穴そのものは目立ちやすいものです。

さらに、皮脂と毛穴は同じ穴にあり、顔の皮脂腺は他の部位に比べ発達しているため、毛穴というよりも本来は皮脂腺と言える状態です。

それが黒ずんでしまうまでには、角栓の変化があります。

<通常の乳白色の角栓>⇒<皮脂や古い角質が詰まり始める(詰まり毛穴)>⇒<角栓が黄色に変色し始める>⇒<毛穴が開き始める(開き毛穴)>⇒<角栓が黒くなる>

という過程を経て毛穴が黒ずむので、毛穴に角栓が詰まり始めたら、注意の合図です。

そうなる前に、普段から毛穴ケアを意識したクレンジングを行いましょう。

<特徴>
・鼻の毛穴が黒く見えていちごのようになっている
・あごや眉間も黒ずみ毛穴が目立つ
・朝の洗顔でクレンジングをしていない

いちご鼻とは?

小鼻の周辺が黒いボツボツが見えたら、それは毛穴の黒ずみです。

いちごによく似ているため、いちご鼻と呼ばれたりいちご毛穴と呼ばれたりします。

いちご鼻になると、メイクの乗りは悪くなり、肌にムラができやすくなります。

気になって、角栓パックを毎日のように使ったり、無理やりピンセットで抜いたり、指で押し広げると、肌が傷つき、黒ずみがさらにひどくなってしまいます。

黒ずんでしまった角栓を柔らかくし、スルッと落とすクレンジングを選ぶようにしましょう。

クレンジングの効果

スキンケアをする女性

クレンジング=メイク落とし、と思っている方も多いでしょうし、確かに「メイクを綺麗に落とす」とTVCMで流れているので、当然ですよね。

が、クレンジングによって毛穴の黒ずみケアができると知っていましたか?

メイクは油分で作られているので、その油分を油分で落とすのがクレンジングです。

つまり、同時に皮膚の余分な皮脂を落とす役割をしているのです。

毛穴の黒ずみの原因となるメイクと皮脂汚れをクレンジングでしっかりと落とすことで、毛穴に詰まりにくくなります。

クレンジングを正しく行うことは毛穴を綺麗にするためのスキンケアであり、肌を守ることにもつながるのです。

クレンジングの中でも美容成分を配合しているものも数多く販売されているため、クレンジングによる毛穴ケア効果はどんどんと高まっています。

洗顔だけでは毛穴ケアには不十分。

メイクをしていなくてもクレンジングをするという手間を加えることで、毛穴レスな肌に整わせることも可能なのです。

クレンジングの選び方

クレンジングが毛穴の黒ずみに有効だということがわかったところで、より毛穴の黒ずみに効果が高くなるクレンジングの選び方をご紹介します。

クレンジングの種類と肌への刺激を注意して選ぶ

クレンジングは形状によって刺激の強さや落ち具合などの特徴があります。

毛穴ケアを効果的に行うためには、自分の肌の調子を考えクレンジングを選びましょう。

シートタイプ

油分でメイクを浮かせるというプロセスを省略して、界面活性剤の洗浄力だけでメイクや皮脂汚れを落とすタイプです。

そのため、肌にダメージがどうしても大きくなります。

またシートタイプの大きなデメリットは拭くときに肌に小さな傷がつきやすいことです。

肌に傷ができると乾燥肌やくすみの原因になってしまいます。

オイルタイプ

界面活性剤を多く含むものが多く、サラっと簡単に落ちるのが人気の理由です。

無添加、着色料不使用など、肌の低刺激なオイルクレンジングもありますが、通常のオイルクレンジングは特にメイクが濃い日だけに限定して使うようにしましょう。

リキッドタイプ

リキッドタイプのクレンジングの主成分は水です。

そのため、サラっとしたテクスチャーが特徴でメイクをさっぱりと洗い流し、皮脂や肌の汚れを落とします。

さっぱりしているため、使いやすいのですが、界面活性剤が多く含まれているものが多いため、肌には負担の大きいクレンジングです。

ジェルタイプ

乳化していない透明のジェルタイプの場合には界面活性剤が多く含まれるものが多いです。

メイクや皮脂を落とすために油はどうしても必要になりますが、界面活性剤が多すぎるものは避けたいものです。

クリームのような乳白タイプなら、肌に優しく刺激を与えません。

クリーム、バームタイプ

適度な油分を含み、肌に優しくメイクを落とす力も備えています。

メイクとの馴染みが良く、肌に残ってしまった余分な皮脂や角栓をすっきりと除去します。

肌への負担が少なく、無添加で作られているものも多いのが特徴で、毛穴ケアにより効果が高く最もおすすめなクレンジングのタイプです。

デイリーで行うクレンジングは油分も水分も多すぎず、バランスの良いクリームタイプをおすすめします。

特に固めのテクスチャーのものを選びましょう。

肌に負担が少なく汚れをしっかりと落とすものを選ぶ

クレンジングはメイクを落とすだけではなく必要な皮脂を保ちながら余分な皮脂、古い角質を洗い流すことが目的です。

そのため、肌に優しいクレンジングを選ばなければなりません。

シートタイプの拭き取り型はクレンジングの中でも肌に一番大きなダメージを与えてしまうので、おすすめしません。

シートタイプでクレンジングで毎日メイクを落としていると、肌のダメージは徐々に増え、肌が固くゴワゴワとした質感になってしまいます。

また、肌に刺激が強いタイプのクレンジングを使い続けると毛穴が開く原因や肌に炎症が起こり、毛穴が黒ずんでしまうことにもつながります。

クレンジングは肌に負担が少ないタイプのものを使っても、できるだけ短時間で済ませることがポイントとされているため、刺激が強いクレンジングを使う時にはなおのこと注意しなければなりません。

どんなにメイクや皮脂、古い角質をしっかりと落とすクレンジングでも肌トラブルの元になるものは避けるべきでしょう。

メイクによってクレンジングを選ぶ

アイメイクやマスカラなどポイントで濃いメイクは専用のリムーバーを使い、クレンジングするより先に落としておきましょう。

その後、肌に負担が少ないクレンジングで全体のメイクを落とします。

面倒だから・・・と洗浄力の強いクレンジングでアイメイクもファンデーションも顔全体すべてのメイクを落としていると、肌のダメージが大きくなります。

メイクの濃い部分に合わせてクレンジングを選ぶのではなく、ポイントメイク用のクレンジングと肌全体のクレンジングの使い分けを行いましょう。

手間はかかりますが、こうしたことを続けていくことが毛穴の黒ずみを綺麗にする近道になります。

毛穴の黒ずみケアにおすすめのクレンジング5選

それでは、毛穴の黒ずみケアにおすすめのクレンジングを5つご紹介します。

フルリ クリアゲルクレンズ

フルリ クリアゲルクレンズ

容量:150ml
価格:2,900円

<特徴>

  • 毛穴の洗浄を専門としたクレンジングゲル
  • 黒ずみの原因 メイク、皮脂、角質にしっかりと入り込み除去します。
  • 美容成分を限界まで配合し、健やかな肌に整えます。

毛穴洗浄の専門クレンジングゲルなので、黒ずみの元となる角栓にしっかりと吸着し、詰まり毛穴を予防します。

7つの美肌成分によってクレンジングと同時に肌をきめ細やかにケアします。

ベースとなる水は還元水を使用し、オイルや着色料、アルコールなど12の無添加を実現することで、肌に優しく負担の少ないクレンジングになっています。

毛穴の黒ずみの原因を作らず残さない、健やかで透明感のある肌に導きます。

⇒公式サイトはこちら

FANCL 無添加マイルドクレンジングオイル

FANCL 無添加マイルドクレンジングオイル

容量:60ml
価格:500円

<特徴>

  • 定番人気のファンケルのマイルドクレンジングオイル
  • 角栓にしっかりと吸着することで、毛穴の黒ずみの原因を除去
  • こすらずにメイクをするっと落とすため、肌の負担が軽減化

毛穴つるすべオイルが毛穴の黒ずみとなる汚れ、皮脂、メイクにしっかりと吸着し、スッキリと除去します。

毛穴の黒ずみの原因となる酸化した角栓や肌にいつまでも残ってしまう頑固な皮脂や古い角質も綺麗に落とします。

オイルクレンジングにありがちな、洗顔後のつっぱり感もなく、こすらずにメイクをするりと落とすので、肌への負担も軽減。

洗い上がりの肌に潤いをもたらせ、毛穴トラブルだけではなく、肌トラブルの予防に作用します。

⇒公式サイトはこちら

アンサージュ アーティオイルクレンジング

アンサージュ アーティオイルクレンジング

容量:150g
価格:2,800円

<特徴>

  • メイクと皮脂汚れをしっかりと落とします。
  • 自然由来のエキスが毛穴の汚れを一気に絡めとります。
  • 洗顔後も潤いが持続し、もちっとした肌をキープします。

メイクの落ちが非常によく、自然由来のエキスが毛穴に働きかけ黒ずみ毛穴の原因を作りません。

洗い上がりの肌もつっぱらず、しっとりとした潤いのある肌をキープします。

毛穴を整えるため、洗顔後に肌にザラつきが残らず、その後のケアも浸透しやすくなり、肌本来の力を取り戻すことができます。

⇒公式サイトはこちら

PHYTOLIFT ホットクレンジングジェル

PHYTOLIFT ホットクレンジングジェル

容量:200g
価格:1,980円

<特徴>

  • 温感クレンジングがしっかりと肌を開き洗浄成分が毛穴に入り込みます。
  • 美容成分を91%以上含み、毛穴を整えると同時に肌の肌理も整えます。
  • フィト発酵エキスが保湿と引き締め効果を実現し毛穴レスな肌に導きます。

+4℃の温感ジェルが毛穴の奥に入り込んでいるメイク、皮脂、角質に一気に絡みすっきりと洗浄します。

美容成分を91.2%配合することで肌の潤いを保ち、肌理の整った毛穴レスな肌に導きます。

植物性の保湿成分と毛穴引き締め成分が、洗顔後の肌も潤わせ、肌を引き締めることで毛穴の開きを予防します。

購入後10日間の返金保証制度は、購入後10日間であれば、返金保証することができるので、肌に合わなかった場合でも安心して使えます。

⇒公式サイトはこちら

DUO  ザ クレンジングバーム

DUO ザ クレンジングバーム

容量:90g
価格:3,888円

<特徴>

  • ネットで大人気の毛穴クレンジングバーム
  • 独自開発の毛穴クリアカプセルが毛穴に入り込み汚れや皮脂にしっかりと吸着し洗い落とします。
  • 31種類のエイジングケアが配合されているので、毛穴レスな美肌にアプローチします。

独自開発の毛穴クリアカプセルが、もっちりとした泡に含まれ、毛穴の黒ずみ、皮脂、メイクにしっかりと吸着し、一気に汚れを排出します。

肌のハリやつや、透明感を与える31種類の美肌成分によって、洗うたびに肌が健やかに蘇ります。

洗顔後ももちもちっとした肌が続き、その後のケアを浸透しやすくさせるので、美肌効果も得られます。

公式サイトはこちら

毛穴の黒ずみをケアする方法

クリーム

クレンジングの選び方やアイテムをご紹介しましたが、毛穴の黒ずみのケアをより効果的にするための正しいスキンケアやパックの方法をご紹介します。

生活習慣によって毛穴の黒ずみが軽減することもあるので、併せてご紹介しますね。

正しいスキンケア

毎日行うスキンケアだからこそ、正しいお手入れが肝心です。

正しい方法を知らずに間違ったケアを続けているとせっかくの毛穴ケアも水の泡・・・となってしまいます。
まずは、間違ったスキンケアを5つあげていきましょう。

<間違ったスキンケア方法>
・肌に合うスキンケアアイテムを選べていない
・ゴシゴシこすりすぎている
・使用量が少なすぎる
・時間をかけすぎている
・ゾーン別にメリハリのあるケアができていない

あてはまるものはありましたか?

正しいスキンケアを実践するだけで1週間で毛穴は変わってきます。

正しいクレンジング・洗顔

正しいクレンジングの方法と洗顔はほぼ同じです。

1.規定量を使い泡立てるものはしっかりと泡立てて使う
2.指でゴシゴシ洗うのではなく、指の腹で洗顔料を顔にのせてくるくると優しくマッサージするように使う
3.洗い流しは30~35℃のぬるま湯で落とし
4.タオルでゴシゴシと拭かない
5.クレンジング、洗顔 どちらも洗い始めてからすすぎ終えるまで約1分間を目安にする

保湿ケアをしっかり行う

肌に化粧水、美容液が浸透しやすい状態になっているのは洗顔後の10分以内です。

水分や潤い成分が飛んでしまう前にしっかりと化粧水で閉じ込めてあげましょう。

美容液は保湿成分が含まれるものを選びましょう。

保湿をしっかり行うことで、毛穴もふっくらと仕上がり、目立たない肌を実現することができます。

<代表的な保湿成分>
・セラミド・・・水分を挟み込みます
・ヒアルロン酸・・・水分を抱え込みます
・アミノ酸・・・水分をつかみます。

パックを使用する

毛穴の黒ずみが気になると、多くの方が使うのが毛穴用のパックです。

角栓パックは肌に刺激が強いので2週間に1度程度を目安に使うようにしましょう。

クレイマスクを利用するのも良いですね。

クレイマスクの場合には1週間に1度程度を目安にしましょう。

貼って剥がすタイプの毛穴パックは取れると思わず「ジー」っと見てしまい、やみつきになりますが、使いすぎると逆に毛穴が目立ってしまうこともあります。

角栓をパックで引き出すということは皮膚を刺激することで、繰り返していると毛穴が広がってしまいます。

生活習慣を整える

正しい毛穴ケアをしていても、生活習慣が乱れていれば、その効果は得られにくくなります。

体が健康でないと、肌はきれいになりません。

体の内側から肌体力を底上げし、日常生活を見直して健やかな体と肌を取り戻していきましょう。

良質な睡眠

美肌への近道は食べるよりもまずは寝ることが大切です。

食べることよりも寝るほうが肌を蘇らせる力を持っています。

眠りはじめの3~4時間のうちに成長ホルモンの分泌が盛んになり肌のターンオーバーなど体の修復が行われています。

トータルでも最低6時間くらいはかかるため、睡眠時間が6時間をきってしまうと肌荒れにつながってしまいます。

できれば遅くても午前0時には寝るようにしましょう。

ベッドに入る時間を決め、一定化させることで体内時計がしっかりと働き成長ホルモンもスムーズに分泌され肌が綺麗に整っていきます。

毛穴の黒ずみが気になるのであればなおのこと、毎日同じ時間に眠るようにすると肌の状態もよくなってきます。

まとめ

毛穴の黒ずみが目立つと気になって、ベースメイクが濃くなる傾向があります。

メイクを濃くすることよりもクレンジングで毛穴ケアをすることを優先しましょう。

それぞれタイプがあるので自分の肌質に合った毛穴ケアをしながら、黒ずみ毛穴の改善をしていきましょう。

正しいクレンジングを行うと共に、生活習慣やスキンケアの方法を見直して健やかな肌を目指しましょう。