毛穴の汚れはクレンジングで落ちる?おすすめの毛穴クレンジング5選!

クレンジングで毛穴は綺麗になるの?

毛穴のない綺麗な素肌になりたい、毛穴の汚れを落とすクレンジングが欲しい。

女性なら誰もが憧れる陶器のような肌にするためには毛穴を綺麗にすることが最優先ですよね。

「毛穴パックや、クレイマスクのピーリング、オイルマッサージや食生活の改善・・・色々ケアしてみたのに、一向に毛穴が綺麗にならない」

という方は、クレンジングケアを見直してみてください。

メイクを落とすクレンジングには毛穴を綺麗にする効果があります。

そこで今回は、

  • 毛穴の汚れの原因
  • 毛穴の汚れを綺麗にするクレンジングの選び方
  • 毛穴ケアにおすすめのクレンジング5選

をご紹介します。

毛穴の悩みがある人はぜひ、参考にしてくださいね。

毛穴の汚れとは?

鏡を見ている女性

毛穴の汚れには数種類あり、汚れとなる原因も様々あります。

常日頃から、毛穴パックやピーリング、あらゆる毛穴に良いということをしているのに、毛穴が目立つということ、よくありますよね。

その時、毛穴の汚れの原因を知ることが本来の毛穴ケアの第一歩です。

自分の毛穴の汚れのタイプをしっかり見極めましょう。

毛穴の汚れの原因は?

毛穴の汚れの原因は、主に5つあります。

・落とし切れていないメイク
・余分な皮脂やメイクの汚れによる角栓の詰まり
・毛穴の広がりやたるみ
・乾燥
・メラニンによる黒ずみ

それぞれ特徴をみていきましょう。

落とし切れていないメイク

クレンジングで落とし切れなかったメイクは表皮に残っていなくても、毛穴の中に残っていることがあります。

メイクが毛穴の中に残ったままになると酸化し、黒ずみ毛穴となってしまいます。

小鼻周辺が黒ずむといちご鼻になってしまうので、クレンジングでしっかりと毎日メイクを落とすことが重要です。

余分な皮脂やメイクの汚れによる角栓の詰まり

角栓は赤ちゃんの肌にはありませんよね。

ところが、年齢を重ねるごとに、角栓のはっきりした毛穴に変わっていきます。

これはターンオーバーの低下によるものが原因です。

年齢を重ねるごとにターンオーバーのサイクルが遅くなると、古い角質がいつまでも肌に残る状態になります。

それが毛穴の中で固まると角栓となるのです。

毛穴を詰まらせる角栓は初期の頃は乳白色でポツポツとした状態です。

そこにメイクの汚れや皮脂が入り込み、放置されると酸化して毛穴の黒ずみになっていきます。

角質の詰まりは正しいクレンジングを行うことで解消されるので、白い角栓を見つけたら、早めにクレンジングを見直しましょう。

毛穴の広がりやたるみ

年齢と共に肌のハリや弾力性が失われていきます。

すると肌を支えきれなくなり、肌がたるむだけではなく毛穴もたるみ、広がりが目立つようになります。

毛穴のたるみや広がりはクレンジングに加えて、肌にハリや弾力を与えるケアを同時に行いましょう。

肌のターンオーバーを促すケアをしながら、クレンジングでたるんだ毛穴に角栓が詰まらないように予防ケアすることも大切です。

乾燥

乾燥によって肌の水分量が減少すると栄養素がうまく行き渡らず、弾力やハリが失われ、毛穴が開いて汚れが目立つようになります。

その開いた毛穴にメイク汚れや皮脂が詰まると、開きっぱなしとなってしまうため、クレンジングをしっかりと行い、保湿ケアを怠らないようにすることが必要になります。

乾燥による毛穴の汚れは古い角質が剥がれ落ち、毛穴に詰まるので、常に清潔を維持することも大切です。

メラニンによる黒ずみ

紫外線は数十年後の肌に影響を与える、と言いますが、メラニンによる黒毛穴も実はあります。

毛穴自体がメラニンによって黒く染まってしまうと毛穴が黒ずんで見えますが、肌にざらつきがないことが特徴です。

紫外線を受けて増えたメラニン色素が毛穴に色素沈着し、黒く汚れて見えます。

クレンジングでメラニン毛穴を綺麗にすることはできませんが、毛穴が汚れているわけではないため、間違えて毛穴パックを頻繁に行うなどしてしまうと、刺激を与えてしまい本当の黒ずみ毛穴になってしまう可能性があります。

それ以上、黒くならないようにきちんとクレンジングを行い、その後美白ケアを行う必要があります。

毛穴に汚れがたまると?

毛穴に汚れがたまる状況を放置しておくと、黒ずみ毛穴や開き毛穴となってしまいます。

角栓が毛穴の汚れの原因の場合には、古い角質や皮脂、メイクの残りなどによって角栓が肥大化していきます。

すると黒ずみ毛穴がどんどん大きな黒いブツブツとなるので、角栓が目立ってきた?と感じたらすぐに毛穴ケアを開始しましょう。

毛穴の汚れによって、毛穴トラブルが進まないように、クレンジングで正しく毛穴ケアを行っていきましょう。

クレンジングの効果とは?

おすすめ5

毛穴の汚れに対してクレンジングの効果はとても高く、クレンジングを上手に選んで正しく毛穴ケアすることで、透明感のある肌をキープできると言っても過言ではありません。

メイクは油性であり、肌の皮脂も脂なので、油で油(脂)を落とすのがクレンジングの役割です。

つまり、メイクを落としながら、毛穴の汚れとなる角栓と余分な皮脂を落とすのです。

毛穴を綺麗にしたい、汚れを落としたい方は特に毛穴に着目しているクレンジングを選ぶようにするとよいでしょう。

皮脂汚れ、角栓を除去し、健やかな肌の第一歩をするのがクレンジングです。

洗顔だけでは毛穴の汚れに対して不十分なので1日2回、朝と晩の洗顔は必ずクレンジングするようにしてください。

メイクをしていなくても、朝と夜、2回クレンジングするだけで、毛穴にたまった汚れを綺麗に解消できます。

クレンジングの選び方

シミ化粧品の仕組み

クレンジングでメイクの汚れや皮脂、角栓を洗い流します。

どんなクレンジングが自分の毛穴のタイプに良いのかわからない方のために、毛穴の汚れ方別のクレンジングの選び方をご紹介します。

毛穴の汚れのタイプで選ぶ

毛穴のタイプによってもクレンジングの選び方は異なります。

角質の詰まり・黒ずみには

白いポツポツとした角栓の詰まりが原因の場合には、角栓を洗い流し毛穴を綺麗にすることが最重要ポイントです。

新しい皮脂と古い角質が混ざり合っている状態で詰まっているので、余分な角質を除去するクレンジングを選びましょう。

毛穴の黒ずみも同じように、毛穴に詰まった角栓が酸化し黒ずんだ状態なので、古い角質を除去し毛穴の皮脂をきれいにするクレンジングがよいでしょう。

角栓の詰まりと黒ずみ毛穴の場合には、同じタイプのクレンジングで毛穴の汚れを綺麗にすることができます。

<オススメは>
オイルクレンジング・ホットクレンジング

毛穴のたるみや開きには

毛穴のたるみは肌のたるみよりも早く起こります。

毛穴がたるんできた?と感じたら、肌の衰えの始まりです。

毛穴のたるみは30代以降、目立ち始めますが、20代の方でも目立つこともあります。

そのままにしていると、どんどん毛穴が広がり、より毛穴に汚れがたまりやすくなってしまいます。

肌に負担の少ないクレンジングでできるだけ美容成分が含まれているものを選びましょう。

クレンジングだけでは毛穴の開きを抑えるのは難しいですが、汚れによって広がらないようにクレンジングで予防しながら、保湿ケアをじっくりと行ってください。

保湿ケアをしっかりと行うことで、肌がふっくらとしてきたら、毛穴も目立ちにくくなります。

乾燥

肌の乾燥によって開いてしまった毛穴は皮脂や角質が原因ではないため「毛穴が汚れている」と思い込み、乾燥肌に適さないクレンジングを行うとより悪化してしまう恐れがあります。

スキンケアやクレンジングを間違うことで乾燥し開いてしまった毛穴は黒っぽく見えることもあり、角質によって毛穴が汚れている、皮脂が詰まって黒くなっていると勘違いし、さらに間違ったケアを続けてしまうこともあります。

肌の保湿を十分に行い、水分が肌に行き渡る状態をキープすることで、毛穴そのものが目立たなくなります。

肌に刺激と負担の少ないクレンジングを選ぶことが大切です。

クレンジングの種類で選ぶ

クレンジングは大きく分けると5つのタイプがあります。

タイプによって形状や成分、刺激の強さや皮脂の落ち具合も異なりますが、メイクをしっかりと落とすことが最優先です。

そして、毛穴の汚れを考えた時により効果が高いのは負担が少なく適度な皮脂を肌に残すものや、洗顔しながら潤いを与えてくれるものとなります。

毛穴にたまった汚れを落とす効果的なクレンジングは、強さだけではなく自分の肌の質や調子を考えて選ぶことがポイントです。

シートタイプ

シートにクレンジング剤や界面活性剤を含ませたタイプで拭くだけでメイク落とし完了タイプのクレンジングです。

油分でメイクや皮脂を浮かせるプロセスを省略し、シートで顔を拭くことになるので肌ダメージが大きくなります。

乾燥肌の方や敏感肌の方は毛穴にも大きな影響を与えてしまうため、使用はできるだけ避けたいクレンジング方法です。

オイルタイプ

ズバリ油を使ったクレンジングです。

油によってメイクを落とすので、スルっと簡単にメイクが落ちるのも特長です。

毛穴の汚れに対しても効果は高いものの、市販品の多くは界面活性剤を多く含むものが多く、肌荒れした、滲みるという声も聞かれます。

できればメイクが濃い日だけに限定して使うのが良いでしょう。

無添加、着色料不使用など肌の負担が少ないタイプは角栓と黒ずみの除去に向いています。

肌の調子と合うか不安な場合にはパッチテストを行ってから使ってみましょう。

リキッドタイプ

サラリとしたテクスチャーが特徴で、主成分は水です。

界面活性剤を含むので、負担はかかるものの、すぐにメイクが溶けるため、洗浄力は強く、その後の保湿ケアをしっかりと行いたいクレンジング。

毛穴の汚れ、メイクはもちろん角栓を除去します。

ジェルタイプ

こってりとしたジェルが毛穴の汚れに絡め取り、素早く落とします。

透明タイプのジェルよりも乳白色のタイプのほうが肌ダメージが低く、乾燥や毛穴の開きやたるみが気になる人は乳白色タイプがおすすめです。

クリーム、バームタイプ

クリームタイプやバームタイプは適度な油分を含み、肌馴染みも良く、毛穴の汚れや角栓にしっかりと吸着し除去します。

油分と水分のバランスが良く、無添加で作られているものも多いので、毛穴のトラブルに対してどんなタイプでも対応できる最もおすすめなクレンジングです。

肌に優しいクレンジングを選ぶ

毛穴の汚れはメイクの汚れ、角栓、皮脂によるものが多く、「皮脂を落とさなくては毛穴は綺麗にならない」イメージがありますが、肌には必要な皮脂量があります。

必要量を保ちながら、毛穴の汚れを落とすのが理想的なクレンジングです。

ところが、いくら理想的と言えども、使ってみたら肌がヒリヒリした、メイクは落ちるけど乾燥する、ごわつくというクレンジングは肌に負担がかかっている証拠です。

クレンジングは肌に優しいタイプのものでも肌に負担はかかります。

肌トラブルは進行すれば必ず毛穴トラブルにつながります。

できる限り、肌に優しいタイプのクレンジングを選ぶことが、毛穴を綺麗にするコツであり、肌トラブルを招かない秘訣でもあるのです。

毛穴ケアにおすすめのクレンジング5選

では、毛穴ケアにオススメのクレンジングアイテムを5つご紹介します。

フルリ クリアゲルクレンジングレンズ

フルリ クリアゲルクレンズ

容量:150ml
価格:2,900円

<特徴>

  • 毛穴の汚れにしっかりと吸着し除去する毛穴専門クレンジングジェルです。
  • メイク汚れ、角栓を綺麗に落とし、健やかな肌に整えてくれます。
  • 12の無添加を実現、肌への負担も少なくしています。

毛穴の汚れの原因になるメイク、角栓、皮脂にしっかりと吸着し、すっきりと洗い流します。

ふんだんに配合された美容成分が肌に浸透し、クレンジングしながら美しい肌に導きます。

ベースとなる水は還元水を使用し、12の無添加を実現することで肌の負担を低減しています。

毛穴の汚れを綺麗にしながら、健やかな肌に導きます。

⇒公式サイトはこちら

FANCL 無添加マイルドクレンジングオイル

FANCL 無添加マイルドクレンジングオイル

容量:60ml
価格:500円

<特徴>

  • 毛穴汚れの原因となる角栓にしっかりとクレンジングが吸着し、毛穴汚れを除去します。
  • 肌の負担が少ないタイプのオイルクレンジング。
  • 洗顔後の肌もしっとりと潤いを保ち乾燥を防ぎます。

オイルでするっとメイクを落とし、毛穴に汚れを残しません。

頑固な肌のざらつきをすっきりと洗い流し、こすらずにメイクを落とせるので、クレンジングが短時間になり肌への負担を少なくしています。

洗い上がりの肌をしっとりと潤いを保ち乾燥毛穴を防ぎます。

⇒公式サイトはこちら

アンサージュ アーティオイルクレンジング

アンサージュ アーティオイルクレンジング

容量:150g
価格:2,800円

<特徴>

  • メイク落ちが良く、毛穴に汚れを残しません。
  • 自然由来のエキスが肌に潤いを与えます。
  • 軽いテクスチャーで肌馴染みが良く毛穴ケアにも効果的です。

軽いテクスチャーによってメイクに馴染み、毛穴の汚れを残しません。

洗い上がりの肌はつっぱることなく、もちっとした潤いのある肌をキープします。

毛穴を整え、洗顔後のケアも浸透しやすく、肌本来の力を取り戻します。

⇒公式サイトはこちら

PHYTOLIFT ホットクレンジングジェル

PHYTOLIFT ホットクレンジングジェル

容量:200g
価格:1,980円

<特徴>

  • +4℃の温感ジェルが毛穴の汚れにしっかりと吸着&洗浄します。
  • 美容成分を91%以上配合し、クレンジングと同時に美肌に導きます。
  • W洗顔も不要で肌に負担をかけません。

毛穴の汚れに+4℃の温感ジェルクレンジングがしっかりと吸着し、すっきりと洗浄します。

ジェルの滑らかなテクスチャーは肌に摩擦を起こさず、洗顔後の肌を整わせます。

保湿成分と毛穴引き締め成分が洗顔後も肌に潤いをキープし、汚れがたまる原因となる毛穴の開きにもアプローチします。

購入後10日間の返金保証制度は、購入後10日間であれば、返金保証することができるので、肌に合わなかった場合でも安心して使えます。

⇒公式サイトはこちら

DUO  ザ クレンジングバーム

DUO ザ クレンジングバーム

容量:90g
価格:3,888円

<特徴>

  • 肌で柔らかくバームによって肌を保護しながら毛穴の汚れを取ります。
  • 独自開発の毛穴クリアカプセルが毛穴に入り込み汚れや皮脂に吸着し洗い落とします。
  • 31種類のエイジングケアが配合で、毛穴レスな美肌にアプローチします。

独自開発の毛穴クリアカプセルが、毛穴の黒ずみ、皮脂、メイクにしっかりと吸着し、一気に汚れを排出します。

肌のハリやつや、透明感を与える31種類の美肌成分によって、洗うたびに肌が健やかに蘇ります。

洗顔後も潤い成分が働き、その後のケアを浸透しやすくさせるので、美肌効果も得られます。

公式サイトはこちら

毛穴に汚れを溜めないためには?

クレンジングで毛穴の汚れを取り除いたら、汚れを溜めないためのケアを行いましょう。

毛穴の汚れがたまる原因は肌トラブルによるものだけではなく、生活習慣を見直すことも必要です。

生活習慣を改善することで、肌の状態も大きく変わります。

1週間も続ければ、肌に効果が出てきますよ。

美しい毛穴を保つためのセルフ毛穴ケアについてご紹介します。

正しいスキンケア

毎日行うスキンケアは毛穴に汚れをためないケアともいえます。

毛穴ケアのためには正しい肌のお手入れが大きなポイント。

正しいスキンケアの方法をマスターしましょう。

正しいクレンジング・洗顔

正しいクレンジングの方法と洗顔はほぼ同じです。

1.規定量を使い泡立てるものはしっかりと泡立てて使う
2.指でゴシゴシ洗うのではなく、指の腹で洗顔料を顔にのせてくるくると優しくマッサージするように使う
3.洗い流しは30~35℃のぬるま湯で落とし
4.タオルでゴシゴシと拭かない
5.クレンジング、洗顔、どちらも洗い始めてからすすぎ終えるまで約1分間を目安にする

<注意点>
・泡立てネットは規定量より少なくてもとても泡立ちやすいため、規定量以下で済ませてしまう方が多いのですが、洗顔は必ず規定量使うようにしましょう。
・すすぎの時にもゴシゴシ擦らず、泡やクリームをぬるま湯で落とすようにしましょう。

保湿ケアをしっかり行う

肌に化粧水、美容液が浸透しやすい状態になっているのは洗顔後の10分以内です。

水分や潤い成分が飛んでしまう前にしっかりと化粧水で閉じ込めてあげましょう。

また、毛穴が汚れによって詰まったり開く原因は肌の乾燥によって、必要以上に分泌された皮脂が汚れや角質と混ざり合い角栓になって黒ずみ毛穴や、開き毛穴、たるみ毛穴になります。

角質層の潤いが不足すると毛穴の周りの肌が弱まり、肌の自浄作用も低下してしまいます。

美容液は保湿成分が含まれるものを選びましょう。

保湿をしっかり行うことで、毛穴もふっくらと仕上がり、目立たない肌を実現することができます。

<代表的な保湿成分>

  • セラミド・・・水分を挟み込みます
  • ヒアルロン酸・・・水分を抱え込みます
  • アミノ酸・・・水分をつかみます。

生活習慣を整える

毛穴を綺麗にする生活は美しい生活習慣である、ともいえます。

生活習慣の乱れは即、肌トラブルとなり毛穴の黒ずみ、角栓の詰まり、開きを呼び込んでしまいます。

体の内側から肌体力を底上げして、日常生活を見直し、健やかな体と肌を手に入れましょう。

良質な睡眠

肌のためには食事よりも優先したいのが睡眠です。

眠っている間に、身体では様々な修復が行われ、肌は日中受けた紫外線や外的刺激ダメージを修復し、肌細胞の再生を繰り返し行っています。

それがターンオーバーです。

ターンオーバーが正常に行われるためには成長ホルモンの分泌が必要になります。

その成長ホルモンは、眠り始めてから3,4時間経過し熟睡している時に分泌されるので、美肌を作るためには外せない時間帯です。

最低でも6時間ほどかけてターンオーバーは行われているため睡眠時間が6時間以下という日が続くと肌の調子が崩れ始めます。

起床時間とターンオーバーの時間を考えると、遅くても午前0時には眠りにつきたいものです。

毛穴に汚れを無くし綺麗な毛穴をキープするためならなおのこと、できるだけ毎日同じ時間の起床・睡眠を意識しましょう。

それだけでも肌の状態はぐっと良くなるはずです。

まとめ

毛穴が汚れる原因には様々な原因があります。

クレンジングを厳選することはもちろんのこと、普段の生活習慣を見直すだけで肌は大きく改善します。

できることからスタートして、毛穴レスな肌を目指しましょう。