毛穴汚れは洗顔で綺麗になる?正しい洗顔方法と厳選5アイテムご紹介

洗顔は毛穴もケアできる?

洗顔によって肌は変わることをご存知でしょうか。

毛穴がポツポツと目立つようになってきたり、鼻の周りや眉間、アゴに黒いボツボツができてきたら、洗顔を見直してみましょう。

クレンジングというと、メイクを落とす洗顔料だから毛穴を綺麗にする働きはないのでは?と思う方は、ぜひ読み進めてみてください。

メイクは油でできていて、毛穴を汚してしまう原因や毛穴に詰まる角栓の原因も脂なんです。

つまり、毛穴の汚れや角栓が目立ってきたら、洗顔でケアすることが可能ということです。

そこで今回は

  • 毛穴に効く洗顔料の選び方
  • 毛穴ケに効くオススメの洗顔料
  • 毛穴を綺麗に保つコツ

についてお届けします。

毛穴の洗顔をどうしよう・・・と悩んだ時に参考になさってくださいね。

そもそも毛穴が目立つ原因とは?

肌質

毛穴が目立ってくると、メイクの時に鏡を見るたびに気になり、ついつい毛穴が目立つ部分のメイクを重ね塗りしてしまったり・・・ということはありませんか?

きめ細やかで毛穴レスな肌の女性を見ると、あこがれてしまいますよね。

その毛穴が目立つ原因は、実は1つではありません。

毛穴が目立つ原因は大きく分けると3つのタイプになります。

自分の毛穴がどのタイプにあてはまるか、でお手入れの方法も異なってきます。

3つの毛穴のタイプとそれぞれのケアの方法をご紹介するので、毛穴が目立って悩んでいる方はチェックしてみてくださいね。

毛穴の詰まり(詰まり毛穴)

詰まり毛穴は何が毛穴に詰まっているのかが問題です。

赤ちゃんの肌は毛穴は全く目立ちませんが、年齢を重ねるごとに毛穴が目立つようになります。

赤ちゃんの肌には角栓がほぼないので、毛穴そのものが目立たないのです。

角栓は、落とし切れなかったメイクや毛穴内の皮脂腺から分泌される皮脂、古い角質が混ざり合いできるもので、固まると角栓となるのです。

特にTゾーンや眉間、アゴの毛穴に多く、メイク乗りも悪くなってしまいます。

古い角質は、ターンオーバーで垢となり落されるのが本来の姿ですが、ホルモンバランスが乱れたり、年齢と共にターンオーバーのサイクルが遅くなり、古い角質が肌に残るようになるのです。

毛穴の角栓が乳白色、黄色の場合には、まだはっきりと角栓が酸化していない状態ですが、この状態を放置すると黒ずみ毛穴になってしまいます。

毛穴が詰まりがちな方は以下のような肌質や習慣ではないか、チェックしてみてください。

<肌質・習慣チェック>
・乾燥肌または混合肌でゴワつきがある。
・睡眠不足になりがち
・お風呂で汗をかいて毛穴の汚れを出している
・洗顔と保湿をおろそかにしがち
・クレンジングオイルでマッサージしながら毛穴の詰まりを落としている

毛穴の黒ずみ(黒ずみ毛穴)

小鼻の周辺や眉間、アゴにボツボツと小さな黒いごまつぶのような状態の毛穴が黒ずみ毛穴です。

鼻の表面にある毛穴に角栓が詰まり、過剰な皮脂の分泌や古い角質が酸化して黒くなります。

毛穴の黒ずみが気になり、毎日のように角栓を剥がすパックを使ったり、毛穴の部分を指で圧しだしたりすると、さらに毛穴の黒ずみが悪化します。

また、洗顔が不十分だと細菌が増え、表皮の常在菌のバランスが崩れてしまいます。

すると、皮脂が過剰に分泌されてしまうため、毛穴の黒ずみの原因となる場合もあります。

毛穴が黒ずんでいる方は以下のような肌質や習慣ではないか、チェックしてみてください。

<肌質・習慣チェック>
・肌質はどちらかというと脂性でTゾーンと眉間がテカることが多い
・メイクを落とさずに寝てしまうことがある
・ホルモンバランスが乱れることが多い
・脂分の多い食事や刺激物が好き
・睡眠不足な時が多く肌に元気がない
・ストレスが多い

毛穴の開き(開き毛穴)

毛穴が開くことで、角栓が詰まったり、毛穴そのものが目立ってしまいます。

毛穴が開く原因の多くは皮脂の分泌量が多すぎて、皮脂バランスを保てずに、毛穴が開いてしまうのです。

毛穴が開き、詰まった角栓がなくても皮脂量が多過ぎてしまうと毛穴は開いたままになり目立つようになります。

特に20代は皮脂の分泌量が多く、開き毛穴に悩むことが多いです。

春や夏は気温が高く、皮脂分泌が増える時期でもあり、この時期は鼻の周りやTゾーンの毛穴が開き目立ちます。

また、脂性肌の人にも開き毛穴は多く、テカりやすい人、化粧崩れしやすい人、朝起きた時に肌がべたついている、という人は注意しましょう。

毛穴が開いている方は以下のような肌質や習慣ではないか、チェックしてみてください。

<肌質・習慣チェック>
・脂性肌(オイリー肌)である
・ニキビができやすい
・ゴマージュやスクラブでこすりながら洗顔をしている
・揚げ物、レトルト食品、ファーストフードが好き
・ターンオーバーのサイクルが乱れている

30代後半になると、開き毛穴の原因は皮脂ではなく、肌のたるみから起こる開き毛穴へと変化していきます。

この場合は、肌の弾力の元であるコラーゲンとエラスチンが年齢によって機能低下し、肌を支えきれなくなることで伸びて毛穴が広がります。

毛穴に効く洗顔商品の選び方は?

クリームの選び方

毛穴に効く洗顔商品は、メイクをしっかり落とすものです。

メイクは油分であり、メイクを落とす時に使う成分も油分です。

そして肌の皮脂も脂なので、皮脂をしっかり落とすもの=メイクもしっかりと落とすものとなります。

クレンジングはメイクを浮かせる油分とメイクと水を馴染ませすっきりと落とす界面活性剤が含まれます。

脂(油)を洗顔時の水で乳化しメイクや皮脂を落とせる状態にします。

クレンジングはオイルタイプやミルクタイプ、クリームタイプなど様々なタイプによって洗浄力も異なります。

洗浄力の高さで肌に必要な皮脂や水分を奪う場合もあるので、メイクや肌の調子に合わせて使い分けることも毛穴ケアには必要です。

クレンジングの種類と肌への刺激

刺激の強いクレンジングから順にみていきましょう。

シートタイプ

油分でメイクを浮かせるというプロセスを省き、シートの洗浄成分だけをしみ込ませているものが多く、非常に肌ダメージは大きくなります。

またシートで肌をこすることでさらに刺激はアップ。

毛穴ケアを考えた時にはおすすめできません。

オイルタイプ

界面活性剤を多く含むので、すぐにメイクが浮きサラッと簡単に落ちるのが人気の秘密のようです。

その分、肌ダメージも大きく使用するのはポイントメイクやメイクが濃い日限定にしたいものです。

クレンジングによっては無添加で肌の負担を少なくしているものもあるので、チェックしながら使ってみてください。

ジェルタイプ

主成分を水とした界面活性剤を多く含むのがジェルタイプのクレンジングです。

クリームのような乳白色タイプであれば、肌の負担は透明タイプよりも少なくなります。

クリームタイプ

適度な油分を含み、肌にも優しく、メイクを落とす力もしっかりと兼ね備えています。

毛穴ケアや肌への負担を考えた時に、一番おすすめのクレンジングタイプです。

ミルクタイプ

肌に優しいものの、水分が多く、メイクを落とすには少し力不足なものもあります。

薄いメイクの方や、メイクをしていない日向けのクレンジングです。

毛穴にも効くおすすめの洗顔料5選

毛穴により効果のある洗顔料を5つご紹介します。

フルリ クリアゲルクレンジングレンズ

フルリ クリアゲルクレンズ

容量:150ml
価格:2,900円

<特徴>

  • 毛穴の汚れ専門のクレンジングジェルです。
  • メイク汚れ、角栓をすっきりと落とし、健やかな肌にアプローチします。
  • 12の無添加を実現し、肌ダメージを少なく抑えています。

毛穴汚れの原因となるメイクや詰まりの原因となる角栓をしっかりキャッチし洗い流します。

美容成分が肌に洗顔中も浸透し、クレンジングしながらキメの整った肌に導きます。

ベースの還元水と12の無添加によって肌ダメージを低減し、シンプルなクレンジングです。

濃いアイメイクもよく落ちます。

⇒公式サイトはこちら

FANCL 無添加マイルドクレンジングオイル

FANCL 無添加マイルドクレンジングオイル

容量:60ml
価格:500円

<特徴>

  • 高いクレンジング力と潤い保持力を両立したクレンジングオイルです。
  • 角栓を溶かす力の高いオイルが毛穴に詰まった角栓を溶かします。
  • 洗うたびに潤いを実感できるオイルクレンジングです。

角栓を綺麗に落とす毛穴ケア機能は頑固な角栓やたるみ毛穴、乾燥肌の毛穴に潜む角栓も溶かしだし、ザラつきやゴワつきのない肌に整えます。

オイルがメイクと素早く馴染むことで洗顔時の負担を少なくし、肌を乾燥させません。

乾燥による小じわにもアプローチ、エイジングケアにも向いたオールマイティなクレンジングです。

⇒公式サイトはこちら

アンサージュ アーティオイルクレンジング

アンサージュ アーティオイルクレンジング

容量:150g
価格:2,800円

<特徴>

  • メイクをしっかりと落とし、毛穴汚れも残しません。
  • サラリとした自然由来のエキスが肌にゆっくり染み込み潤いを与えます。
  • 毛穴を整え、洗顔後のケアも浸透しやすい肌に導きます。

アンサージュは「現在の毛穴悩み」と「未来の毛穴エイジング」へ同時にアプローチするスキンケアでシンボルにもなっているアーティチョークの葉から抽出したエキス「シナロピクリンで肌にハリや潤いを与え肌理を整えます。

見た目年齢にアプローチし、毛穴レスな肌を目指し高い美容効果のあるクレンジングになっています。

2,3プッシュ分を顔の肌全体に馴染ませ、Tゾーン、Uゾーンを指先でマッサージするだけで角栓詰まりやザラつきに吸着、つるつるの肌に整えます。

⇒公式サイトはこちら

PHYTOLIFT ホットクレンジングジェル

PHYTOLIFT ホットクレンジングジェル

容量:200g
価格:1,980円

<特徴>

  • +4℃の温感ジェルが毛穴を開き黒ずみや角栓をしっかり絡めとります。
  • 100%植物由来の洗浄成分で自然は美容液クレンジングになっています。
  • クレンジング後のスキンケアの浸透もグン!とアップするアイテムです。

+4℃の温感ジェルが毛穴をじんわりと開き、角栓や汚れに吸着し、洗浄します。

毛穴の奥まで絡み摂るので、肌はしっとりとつるんとした肌になり、スキンケアの浸透も抜群です。

W洗顔が不要なので、肌への負担も最低限に抑えられています。

購入後10日間の返金保証制度は、購入後10日間であれば、返金保証することができるので、肌に合わなかった場合でも安心して使えます。

⇒公式サイトはこちら

DUO  ザ クレンジングバーム

DUO ザ クレンジングバーム

容量:90g
価格:3,888円

<特徴>

  • 肌で柔らかくなるバームによって肌を保護しながら毛穴の汚れを取ります。
  • 独自開発の毛穴クリアカプセルが毛穴に入り込み汚れや皮脂に吸着し洗い落とします。
  • 31種類のエイジングケアを配合し毛穴レスな美肌にアプローチします。

5つの毛穴の悩みをマルチにケアする毛穴レス成分「毛穴クリアカプセル」と7つの無添加を実現した毛穴に特化した洗顔バームです。

クレンジング・洗顔・毛穴ケア・角質ケア・セラミドケア・エイジングケア・マッサージを兼ね備えたクレンジングです。

ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、天然エキスなど高保湿エッセンス配合で溶け出すと一気にとろっととろけるテクスチャーに変わります。

公式サイトはこちら

毛穴に効果的なおすすめの洗顔方法

毛穴におすすめな洗顔料を使ったら、より効果的な毛穴にアプローチする洗顔方法をご紹介します。

毛穴レスな肌に導く洗顔料の方法で、つるんとした卵肌になりましょう。

洗顔の正しいステップ

洗顔方法は、クレンジングも同じやり方で行います。

ポイントはできるだけ短時間で1分間で洗い始めからすすぎを終えるようにすること。

洗顔料は肌に負担を与えるので、時間は短めにしましょう。

1.規定量を使いしっかりと泡立てて使います。
2.泡を使って指の腹側でくるくると優しくマッサージするように洗います。
3.最初はTゾーン、次にUゾーン、そして顔全体に、最後に目元と口元を洗います。
4.すすぎは30~35℃のお湯でシャワーを直接顔にあてるのではなく、お湯で泡を流すように行います。
5.タオルでゴシゴシと拭くのではなく、優しく水分を拭うようにします。

洗顔後のケア

洗顔後の肌は肌が柔らかくなりケアが浸透しやすくなっている状態なので、できるだけ肌に栄養を与えてあげましょう。

化粧水だけで済ませている方は、美容液や乳液も必ずプラスしてください。

化粧水はほとんど水でできているので、化粧水だけで済ませてしまうと、逆に肌に乾燥を招いてしまいます。

洗顔によってその後のケアを浸透しやすくしたら、化粧水で次のケアを受け入れやすい状態に肌を整えます。

化粧水を使ったら、そのあとは乳液やクリームで油分を補うか、美容液で保湿を行い潤いを与えてあげましょう。

きれいな毛穴を保つ方法とは?

きれいな毛穴に整わせるスキンケアと同時に内側からの肌ケアをしてみましょう。

食生活の改善や睡眠など、毛穴だけではなく美肌に導くための生活習慣は、きれいな毛穴を保つ方法の大事なルールです。

毛穴の予防に効く食べ物

毛穴の悩みをはじめ、肌に疲れや年齢が出やすい方は冷え性であることが多く、顔や手足の先の温度が低く冷たくなっています。

その原因は血行不良によるもの。

血液は新鮮な栄養と酸素を血液にのせて体の隅々まで送り届け、心臓に戻ってくるときには老廃物を抱えて戻ってきます。

老廃物はその後排泄されていきます。

つまり、血行が悪いと、肌に新鮮な栄養を送ることができず、さらに溜まっている老廃物を回収できないということです。

この状態がターンオーバーの低下を呼び込み、古い角質が肌に残ることを意味しています。

また、脂っこい食物や糖分は皮脂分泌を過剰に促してしまい角栓詰まりの原因になります。

このような古い角質や過剰な皮脂分泌は毛穴を開かせてしまったり大人ニキビの原因になります。

そこで、運動や質の良い睡眠で血行不良を改善しながら、肌の皮脂分泌を防いでくれるのがビタミンB1です。

毛穴ケアのためにも、ビタミンB1を意識して摂りましょう。

<ビタミンB1の働き>
糖質(炭水化物)を代謝する栄養素で食事によるビタミンB1の摂取が少ないと糖質の代謝がうまくできないため、皮脂の過剰分泌に繋がります。

<ビタミンB1を多く含む食材>
豚肉、サケ、エビ、うなぎ、ハム、玄米、小麦粉、大豆、きな粉、ブロッコリー、枝豆、かぼちゃ、とうもろこし など。

睡眠の質も大切

美肌への近道は食べることよりも寝ることが大切です。

栄養は確かに肌を美肌に導く大切なものですが、睡眠はそれ以上に大切。

肌を蘇らせる力は睡眠のほうが高く、睡眠不足が肌にとって大敵なのは、ご存知な方が多いでしょう。

眠っている間に成長ホルモンによってターンオーバーが促され、肌の新陳代謝が行われます。

そのターンオーバーの開始は眠り始めてから3,4時間以内に行われます。

すべてが終わるまで6時間かかると言われているため、最低でも6時間は眠ることが肌にとっての必要な睡眠時間です。

なかなか寝付けない、熟睡できないという方は以下のことを意識してみてください。

<睡眠のポイント>

  • 眠る前にスマホやパソコンを見ない
  • 睡眠に1時間前までに入浴は済ますこと
  • 食事は睡眠の3時間以上前に済ますこと
  • 就寝前のストレッチは激しいものではなく、ヨガなど軽いものにする
  • カフェインを摂るのは午後3時まで

眠れなくてもベッドに入る時間と起きる時間を一定化させることで体内時計がしっかりと働くようになります。

成長ホルモンの分泌をスムーズにするためにも睡眠は一定の時間を守りましょう。

週末に寝だめしてるから大丈夫!ということはありません。

毛穴の黒ずみが気になるのであればなおのこと、毎日同じ時間に眠るようにすると肌の状態もよくなってきます。

まとめ

毛穴に良い洗顔と毛穴を綺麗に保つコツをぜひマスターしてください。

1か月もすると肌がイキイキとしてくるはずです。

過剰な皮脂分泌、開き毛穴は洗顔と生活習慣を見直すだけでも、改善され肌のハリや潤いをもたらすようになります。

毛穴レスな肌を手に入れてくださいね。