【皮膚科医が教える】顔のシミを治す方法は?最新美白ケア化粧品3選

【この記事にアドバイスした医師】

[fuchigami]

※アドバイスした医師はこの記事の広告には携わっておらず、掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。
※本記事内での美白とはメラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐことをいいます。
※本記事内でのしみ、そばかすとは日焼けによるしみ、そばかすをさします。

顔のシミを治す方法なんてあるの?

シミで悩んでいる女性

「顔のシミが目立ってメイクでも隠せない…。」と、コンプレックスが強くなっていませんか?

セルフケアで顔のシミを予防したいなら、シミの種類と原因にあった美白ケア化粧品を選ぶことが重要です。

そこで今回は、以下の3つについて詳しく紹介していきます。

・顔にできているシミの種類と原因
・顔のシミ予防におすすめの美白ケア化粧品
・顔のシミをレーザー治療or薬で治す方法

顔のシミを気にせず、ナチュラルメイクも楽しめる透明肌を手に入れましょう。

顔に出来ているシミの種類と原因

顔にできているシミは大きく分けて3種類。

正しいアプローチで美白ケアをするためにも、シミができている原因を確認しましょう。

加齢によるシミ

笑顔の女性

40歳前後で顔のなかでも特に頬、こめかみ辺りにできやすいシミ。

長年の日焼けによるダメージの蓄積が原因で、「老人性色素班」とも呼ばれます。

美白有効成分をシミの元であるメラニン色素にアプローチさせ、薄くしていくケアがおすすめです。

ニキビによるシミ

肌で悩んでいる女性

10代など若い世代でも、ニキビができていた部分に赤色か茶色で残ってしまうシミ。

赤色のシミはニキビによる炎症がもとで毛細血管が壊れていることが原因です。

茶色のシミの原因は、ニキビ炎症から肌を守ろうと作られたメラニン色素。

ターンオーバーの乱れによって上手に排出されず、そのまま肌に沈着してしまっている状態です。

顔のシミを治すだけではなく、ニキビケアも同時にしていくことで繰り返しを予防します。

傷跡によるシミ

シミで悩んでいる女性

日常的なコットンの使用や、クレンジング時の刺激でも肌は炎症を起こします。

日焼けによるシミよりは治しやすいため、まずは刺激を徹底して減らしましょう。

この場合、美白ケア化粧品よりも化粧水などで肌の保湿力を上げることが優先です。

濃い・大きい傷跡のシミの場合にはピーリングが効果的ですが、自己流はNG。

美容クリニックや皮膚科にて、適切な処置をしてもらいましょう。

[fuchigami]

顔にできるシミは、20歳まではそばかす、それ以降は肝斑や後天性真皮メラノ-シスなどが増えてきます。

高年者では、老人性色素斑が大部分を占めます。シミには、以上のような種類が存在しますが、共通していることは皮膚におけるメラニン色素の増加です。

日常的に行えるシミ対策は、サンスクリーンの使用や角質の水分保持のために保湿を心がけることです。

ただし市販の外用剤は、保湿剤であっても少なからず、肌へダメージを与える可能性がありますので刺激を感じたり、赤みが出る場合は使用を中止してください。

顔のシミ予防におすすめの美白ケア化粧品

成分バランス、口コミともに高評価できる美白ケア化粧品を紹介します。

丁寧なセルフケアで、顔のシミをケアしていきましょう。

アンプルール ラグジュアリーホワイトキット

容量:1週間分
価格:1,890円

・国際的評価機関モンドセレクションにて最高金賞を受賞しているコスメブランド
・ハイドロキノンを配合し、夜通しアプローチし続ける集中美容液
・漢方や薬草成分も配合

ウォブクリニック中目黒の総院長である高瀬聡子さんが商品開発ディレクターとして研究開発を行なった化粧品で、トライアルとして販売もされており、手軽に使用できるシミケア化粧品となっています。

雑誌などにも掲載されているアンプルールには美白成分であるアルブチンが配合されており、肌の悩みをもつ多くの女性に支持されています。

⇒公式サイトはこちら

顔のシミをレーザー治療or薬で治す方法

患者を診断している女性

イボ状のシミや、かんぱん、そばかすなどをセルフケアで治すのは難しいですよね。

加齢によるシミでも、なかなかセルフケアで改善されないこともあります。

そこで確実に顔のシミを治すひとつの方法として知られているのが「レーザー治療」です。

レーザー治療は通常5種類あり、顔のシミの状態で使いわけます。

治療費も3,000円~数万円とはばひろく、治療にかかる期間も変わります。

そのため、まずは通える距離の皮膚科・美容クリニックでカウンセリングを受けましょう。

まとめ

顔のシミ予防するために、適切な化粧品を選びましょう。

必ず保湿も忘れずに行い、すこやかな肌を手に入れましょう。

BiJO[ビジョ] - 女性のための美容メディア

ハイドロキノンの販売店はどこ?シミやそばかすで悩んでいる方でハイドロキノン配合の美白化粧品を探している方は多いのではない…