シミの肌を消すには?シミの原因からおすすめの消す方法をご紹介

顔のシミは女性の大きな悩み

肌を気にしている女性

シミができてしまうと、それだけで憂鬱になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

何とかして消したいと悩んでいる女性も少なくないでしょう。

顔にシミができてしまうと実年齢よりも老けて見られることもあり、早期に解決したいものです。

現在、様々な方法でシミを対策することができます。

メイクもその一つです。

コンシーラーやファンデーションを使いシミを隠しているという方もいますが、厚塗りになってしまい余計にシミが目立ってしまうなどのトラブルに悩んでいる方も少なくありません。

そこで、確実にシミを消す方法はあるのか、確認してみましょう。

シミは一年中対策することが大切

まずは、シミができてしまう原因を確認してみましょう。

シミには様々な種類がありますが、その中でも老人性色素斑は、メラニンが過剰に生成されることでできてしまいます。

メラニンは、紫外線から肌を守る役割があります。

しかし、紫外線をたっぷりと浴びてしまうとダメージから肌を守るために過剰にメラニンを作り続けてしまうのです。

非細胞に滞留してしまうと色素沈着を起こし、それがシミになります。

シミをこれ以上の悪化させないためには、一年中を通して紫外線対策を行うことが大切です。

大量に紫外線を浴びてしまうと今あるシミが濃くなってしまうかもしれません。

毎日、紫外線対策を行い、さらに美白効果を期待できるスキンケアアイテムを使用して肌のお手入れを行うことをおすすめします。

自宅でシミを消す方法はあるのか?

ホームケアで頑固なシミを消すことはできるのだろうかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

美白化粧品などを使用してシミ対策を行っている方もいますが、市販の化粧品でシミを消すことは困難だと言われています。

現在、数多くの美白化粧品が販売されています。

ビタミンCやアルブチン、トラネキサム酸などの美白成分が配合された美白化粧品を多く目にするようになりました。

しかし、これらの成分は、シミの生成を防ぐ効果を期待することはできても既にできているシミを消すことは難しいと言われています。

試してみたいハイドロキノン

今注目を集めているのがハイドロキノンが配合されたスキンケアアイテムです。

こちらは、高い美白作用があることでも知られています。

イチゴや麦芽などに含まれる天然の成分となっており、日本でも化粧品への使用が可能になりました。

驚くことにハイドロキノンの美白効果は、ビタミンCやアルブチン、トラネキサム酸などの成分と比較すると10倍から100倍もあるのです。

ハイドロキノンには、様々な嬉しい働きがあります。

たとえば、黒色メラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑えることが可能です。

さらにメラノサイトを減少させ、メラニンの色を薄くする効果も期待できます。

しかし、ハイドロキノンの効果を期待できるのは、皮膚の浅い部分にできたシミだけです。

肌の奥深くにできてしまったシミには、高い効果を期待することはできません。

もし、ハイドロキノンを使用してシミを消すなら、効果が期待できるシミの種類を確認してから使用してみましょう。

ハイドロキノンが効くと言われているシミは、老人性色素斑や炎症性色素沈着、そばかす、肝斑です。

使い続けることで改善効果を期待できますが、ハイドロキノンを使用する際には医師に相談のうえ試してみましょう。

正しい使用方法を守らないことで肌がかぶれてしまう可能性があります。

皮膚科や美容皮膚科、美容外科クリニックなどで処方してもらえるので、まずは医師に相談することから始めてみましょう。

現在、市販のハイドロキノンクリームも人気を集めていますが、使用する際には安全性の高いものを選ぶことが大切です。

肌の安全のためにハイドロキノンの配合濃度が1%から3%程度の刺激が少ないものを選びましょう。

特にハイドロキノンクリームを初めて使用する人や敏感肌の人は、安全性が高く刺激が少ない1%から3%程度のハイドロキノンクリームを使用すると肌に大きな負担をかけてしまうことがありません。

海外でも注目されている美白成分

 

シミを消せると話題になっている美白成分といえばトレチノインです。

この成分は、肌のターンオーバーを促進する作用があり、ハイドロキノンとともに配合するとシミを消す効果を期待できます。

トレチノインは、ビタミンAの誘導体となっており、アレルギーを引き起こす心配がありません。

トレチノインには様々なメリットがありますが、残念ながらまだ日本では認可されていません。

そのため、日本では化粧品に配合することはできないのです。

トレチノインを試してみたい方は、海外製品を個人輸入する方法しかありません。

また、使う際には様々な注意点があるので、医師に相談したうえで使用したほうがいいと言えるでしょう。

確実にシミを消す方法

濃いシミを確実に消すなら、医療機関でレーザー治療を受けてみることをおすすめします。

皮膚科や美容皮膚科のほか、美容外科クリニックでもレーザー治療を試すことができます。

シミに効くレーザー治療は、性別や年齢を問わず多くの方から人気です。

医療機関で行うレーザー治療は、顔全体に照射してもわずか10分ほどで完了します。

1cmほどのシミの大きさであれば、30秒程度でシミを取ることが可能です。

照射したあとは、皮膚は火傷した状態になりますが、その後かさぶたになり経過とともにキレイな肌色になってきます。

かさぶたは、1週間程度で取れます。

しかし、レーザー治療を行ったあとは、しっかりと肌の保護をすることが大切です。

紫外線対策を行い保湿を心がけることで、肌トラブルに悩まされることなくキレイな肌を取り戻すことができるでしょう。

レーザー治療を行う際は、施術実績が豊富にある医師にお願いすることをおすすめします。

また、施術前には、きちんとカウンセリングを行うようにしましょう。

レーザー治療に関する疑問や不安をしっかりと解消したうえで施術を行うと安心です。

医療機関で行うレーザー治療には多くのメリットがあります。

たとえば即効性を実感できる点です。

シミの状態にもよりますが、短期間で気になるシミを消すことができます。

また、ピンポイントでケアできるのも嬉しい点と言えるでしょう。

レーザーは、シミの気になる部分に焦点を当てて照射することが可能です。

そのため、他の皮膚を傷つけることなく、シミを改善することができます。

さらに深く濃いシミにも高い効果を発揮すると言われています。

シミの根元から破壊し治療することが可能なので、確実にシミを消したい方におすすめの方法です。

レーザー治療を受けたあとは、しっかりアフターケアを行いましょう。

薬を用いてケアするのも効果的な方法です

肌が白い女性(美白)

 

シミは、外用薬や内服薬でもケアすることができます。

美白成分が配合されている軟膏や内服薬を使用することで、効率よくシミを改善することができるでしょう。

クリニックで処方される外用薬や内服薬は、市販で購入できるものよりも高い濃度のため、その分、効果が上がります。

そのため、短期間でシミとサヨナラしたい方におすすめです。

また、処方薬の中には、薬事法の規制により医療機関でしか認められない成分が配合されていることもあります。

使用方法を守ることでシミを消すことも夢ではありません。

正しい方法でシミをケアし、自信の持てる美しい肌を取り戻しましょう。