美肌になるには?シミ・そばかすを消すおすすめの方法をご紹介!

美肌ケアの重要性とは

皆さんは、毎日のスキンケアを忘れずに続けていますか。

美しい肌をキープするためには、このような毎日の努力が必要不可欠です。

また、若い頃は気にしていなかったシミやそばかすで悩んでいる方も多くいます。

今回はそんな美肌ケアの重要ポイントや、シミのおすすめ対策法などの紹介です。

ぜひ参考にしてください。

まず、そもそも美肌ケアがなぜ必要なのか知っていますか。

その答えは簡単で、肌が荒れて良いことなど何もないからです。

美肌ケアを怠れば、肌が荒れて乾燥します。

シワやくすみが悪化し、見た目の年齢が老けてしまうのは言うまでもありません。

さらに、ニキビや粉瘤などの炎症を起こす可能性があります。

このような点から、美肌ケアは誰にとっても必要不可欠なのです。

シミの原因とは

そばかすで悩んでいる女性

ここから紹介するのは、シミの原因やその対策法です。

まずはじめに、シミができる理由を知っていますか。

シミとは、肌に褐色の斑点が現れる現象で、徐々に濃くなる方もいます。

原因となるのは紫外線です。

紫外線を浴びたことがキッカケで、メラニンが活性化します。

この際、肌の深部で黒い組織が沈澱してシミになるのです。

すぐに現れる場合もありますが、何年も蓄積したのちに現れてくるケースもあるので、安心してはいけません。

したがって、シミ対策として効果的な方法が紫外線対策です。

効果的な紫外線対策とは?

紫外線対策をしている女性

シミの原因が理解できたところで、ここからはおすすめの紫外線対策を紹介します。

日焼け止めクリームをする

まずは、日焼け止めクリームを使用する対策法です。

皆さんは日焼け止めクリームを使用していますか。

使用していな方は、シミができやすい状況なので、十分気をつけましょう。

また、どんな日焼け止めクリームを使っているのかも重要なポイントです。

市販の日焼け止めクリームには、複数の紫外線カット率が存在します。

絶対に日焼けしたくない方用のものから、子供でも使える軽めのものまで多種多様です。

また、メーカーによっても特性が異なり、見極めなければなりません。

ここで注目すべきは、SPFPAです。

あなたが使っているクリームのパッケージ表記を調べてみましょう。

SPF50SPF30という数値が、まさにこの注目すべき項目です。

この数値は、紫外線をどれくらい防いでくれるのかを表します。

ちなみにSPFPAの違いは、波長の違いです。

SPFUV-Bという波長、PAUV-Aという波長を防ぐ指数で、両者の数値が高ければ高いほど、紫外線をカットします。

つまり、シミを絶対に防ぎたいという方は、これらの数値が高い日焼け止めクリームを選びましょう。

また、よく勘違いされているのが、クリームを塗る頻度です。

たとえば、大量の汗をかいた場合や海水浴で泳いだ場合は、塗り直します。

一度塗れば、ずっと防いでくれると勘違いしてはいけません。

汗や海水で落ちてしまう場合は、その都度、チェックしましょう。

長袖や帽子を着用する

続いては、外出時のファッションです。

日焼け止めクリームを塗ったからといって、紫外線の影響が100%ないわけではありません。

できる限りの対策をしてください。

したがって、長袖や帽子の着用がおすすめです。

帽子を被るだけでも効果的ですし、熱射病対策としても効果を発揮します。

デザインは何でも構いませんが、できるだけツバの部分が大きい帽子を選びましょう。

直ツバの部分が大きい帽子は、顔を直射日光から守ることが可能です。

また、日傘もおすすめなので、ぜひ使いましょう。

外出を控える

そして3つ目は、とても基本的な対策法です。

ズバリ、紫外線が強い日の外出を控えましょう。

これは極論に聞こえますが、完全に外出しないということではありません。

たとえば、紫外線指数が高い日だけ長時間外出を控えることや、外出する時間を少しズラすだけでも効果的です。

昼間の散歩をしている方は、朝方にズラす、紫外線指数の高い日は、屋内でDIYするなど、できることはたくさんあります。

シミを作らないためには、このようなちょっとした心構えが大切です。

紫外線を浴びた日のアフターケア

保湿ケアをしている女性

どれだけ気をつけていても、紫外線をまったく浴びないのは非現実的です。

家族がいる方は、海水浴やキャンプなどのイベントを避けるわけにはいきません。

そんな場合は、アフターケアを入念に行い、ダメージを緩和しましょう。

まずは紫外線を浴びた日のスキンケアです。

炎症をケアする

紫外線をたくさん浴びた日は、皮膚が軽い炎症を起こします。

したがって、まずはこの炎症を治しましょう。

おすすめなのはアロエクリームです。

アロエ成分は、日焼けした直後の肌に良い影響を与えます。

日焼けした部分にたっぷり塗り込みましょう。

少なくても1週間程度は続けてください。

そして、シェービングも控えましょう。

炎症した皮膚に刺激を与えれば与えるほど、症状が悪化し、あとあとシミになる可能性が高いです。

したがって、シェービング以外でも、肌に刺激を与える行為はNGです。

このように日焼けをした日こそ、慎重かつ、入念にケアします。

栄養バランスのとれた食生活をする

紫外線を浴びた日のアフターケアは、栄養面でのアプローチも必要です。

できるだけ栄養バランスの良い食事を心がけ、それを続けましょう。

特にビタミンやミネラルは、肌の生成に大きな影響を与えます。

不足した場合、炎症が治るまでの期間が長くなり、シミにも悪影響です。

まずは、体の中からキレイにする意識づくりを心がけてください。

おすすめの美肌ケア

先ほどまで紹介したシミ対策と異なり、ここから紹介するのは、毎日継続して行うべき美肌ケアです。

皆さんは毎日、何回スキンケアをしていますか。

美肌ケア:スキンケアをする

女性の方で多いのが、入浴後のスキンケアです。

これは間違っていません。

しかし、できることなら毎朝、入浴後、就寝前の3回はスキンケアしましょう。

入浴時間が遅ければ2回でも問題ないです。

ただ、朝は肌が乾燥しやすく、保湿しなければなりません。

特に夏のシーズンは、オフィスのクーラーなどで肌が乾燥しやすい時期です。

また、どれくらい入念にケアしていますか。

時間短縮を優先し、大雑把にしかケアしてない方が多くいます。

しかし、大雑把にケアすると、保湿ケアが不十分です。

化粧水や乳液を使った保湿ケアは、じっくり時間をかけて行いましょう。

美肌ケア:良質な睡眠をとる

睡眠の質と肌の生成は、美肌づくりにとても大きく関係しています。

したがって、ここから紹介するのは、美肌づくりに効果的な睡眠方法です。

睡眠不足が体に悪影響なのは当たり前です。

これに加え、どのタイミングで寝ると効果的なのかも重要です。

皆さんはいつ寝るのが効果的だか知っていますか。

ヒントはゴールデンタイムです。

肌の生成は睡眠中、特に、午後10から深夜2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間帯が活発になります。

したがって、この時間帯に寝ることが重要です。

また、睡眠不足は言語道断ですし、昼夜逆転の生活習慣も悪影響を及ぼします。

質の高い睡眠を適切なタイミングで取ることが、美肌をキープするうえでとても大切なのです。

シミ対策と美肌ケアのまとめ

今回紹介したポイントは、美肌をキープするうえで、とても基本的なことばかりです。

基本的なことだからこそ、怠った時の影響も大きくなりますし、瞬間的ではなく、持続しなければなりません。

これまであまり気を配ってこなかった方は、今回をキッカケに意識を変えてください。

また、美肌ケアを心がけてきた方も、よりいっそう入念にケアしましょう。