シミに効くおすすめの美白化粧品3選!選び方・使い方をご紹介!

シミに効く美白化粧品が知りたい……。

帽子を被っている女性

気になるシミをなんとかしたい。

でも、美白化粧水なんていっぱいあるしどれがいいかわからない。

そんな悩みを抱えている方は多いと思います。

そこで、

・シミに効く美白化粧水の選び方
・シミに効くおすすめの美白化粧品3選

の2点から詳しく説明していきます。

ぜひ参考にしてください。

シミに効く美白化粧品の選び方

化粧品をつけてもらっている女性

美白化粧水というと種類が多く、「自分にあってるいるのはどれ?」「効果があるのはどれ?」と悩む方が多くいると思います。

美白化粧水の選び方の基本として、

・美白成分から選ぼう
・高い保湿力も大事
・自分の肌に合うかチェックする

の3点から説明していきます。

美白成分から選ぼう

美白成分には、

・シミを薄くする
・シミを防ぐ

の2種類の効果があります。

まずは自分の目的にあった成分を選びましょう。

【シミを薄くしてくれるといわれている成分】

・プラセンタエキス

【シミを防ぐといわれている成分】

・アルブチン
・コウジ酸
・トラネキサム酸

【どちらの効果もあるといわれている成分】

・ビタミンC誘導体
・カモミラET
・エラグ酸

などの成分があります。

シミをどうしたいのかによって成分を選びましょう。

高い保湿成分も大切

保湿成分は、お肌にとって1番といって良いほど大事になってきます。

なぜならば、肌トラブルには様々ありますが、どの肌トラブルの原因にも乾燥が関係してくるからです。

特に保湿力のあるといわれている成分は、

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン

などの成分があります。

その中でも特におすすめの保湿成分は、セラミドです。

セラミドには速攻性があり継続して使うことで肌の水分量を増やし、乾きにくい肌にしてくれるといわれています。

自分の肌に合うかチェックする

化粧水を選ぶ際には、自分のお肌と化粧水の相性も確認することが大事です。

なぜかというと、自分の肌に合ってないものを使用すると「効果を感じない」「肌トラブルを起こしてしまった」など、かえってお肌の状態を悪化させてしまうことがあるからです。

そのためにはまず、自分の肌質をチェックしましょう。

【肌質のチェック方法】

洗顔をして水分を拭き取り何もつけずに5分〜10分放置した後の肌の状態から肌質を確認しましょう。

・乾燥肌や混合肌:保湿力が良い化粧水がおすすめ

・脂性肌:さっぱりタイプの化粧水や、オイル不使用などの化粧水がおすすめ

・敏感肌:自然由来成分の化粧水や、低刺激の化粧水がおすすめ

さらに、パッチテストをすることでより自分にあった化粧水が見つけられるでしょう。

シミに効くおすすめの美白化粧品3選

美容液

シミに悩んでいる方におすすめな美白化粧品をご紹介していきます。

ビーグレン ホワイトケア トライアルキット

ビーグレンホワイトケア

内容量:7日間分
価格:1,800円

<特徴>
・美白漂白材といわれているハイドロキシン配合
・浸透技術で効果を持続
・高い保湿力でもっちり

話題になっているクレイ洗顔は毛穴汚れをすっきり落とし、うるおいを持続してエイジングケアまでしてくれるビーグレンホワイトケアは、口コミでもかなりの高評価です。

ビーグレン独自の「QuSome」によって肌トラブルを改善し、肌へ長時間ととどまってくれることで効果を持続させてくれます。

今までどの美白化粧品を試しても効果を得られなかった方にぜひ試していただきたい、おすすめの化粧品です。

<口コミ>

ヤエコ/ 28歳 / 評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

開き毛穴に良いと聞いてずっと気になっていました。化粧水と美容液を使っているのですが開き毛穴がたった一週間で小さくなりました!鏡で自分の鼻を見るのが嫌だったのが、今では化粧するのが嬉しくなるくらいです。

出典:BiJO達の口コミ

⇒公式サイトはこちら

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

アスタリフトホワイトAmazon

内容量:5日間分
価格:1,000円

<特徴>
・独自の成分ナノAMA+配合
・豊富なうるおい成分で圧倒的な保湿力
・トライアルには先行美容液付き

富士フィルムが開発した、高い技術力が認められている化粧品です。

水分をかかえこみ肌バリアを整える「ヒト型ナノセラミド」と水分をとどめる「ヒト型ナノアシルセラミド」の成分によって、水分を肌に保持しうるおいをとどめてくれます。

肌のハリをアップさせるアスタキサンチンによって、美白化粧品ではなかなかない中身も赤い化粧品になっています。

1,000円で試せるトライアルは、先行美容液までついているのでかなりお得です。

<口コミ>

みー / 30歳 / 評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

アスタリフトを使っている友達に勧められて、お試しで頼んでみました。私は乾燥肌で、冬はもちろん、夏場もケアを怠ると、すぐにカサカサになってしまいます。アスタリフトのホワイトトライアルキットを使ってみて、1日で効果が実感できたので、驚きました。つけたてはもちろん、次の日にもお肌がとってももちもちで、化粧のノリがとても良かったです。常に潤いが保たれて、肌が若返った感じがします。ぜひ使い続けていきたいです。

出典:BiJO達の口コミ

⇒公式サイトはこちら

【KOSE米肌】澄肌美白お試しセット

米肌 澄肌美白お試しセット

内容量:14日間分
価格:1,389円

<特徴>
・美白や保湿などをしてくれる10種の美容成分配合
・米肌独自の特殊技術でみずみずしい肌へ
・2種類の美白有効成分

KOSEが日本人の肌に合うように開発した米肌は、独自技術によって高い浸透力があり澄みわたるような素肌に仕上げてくれます。

自然由来の保湿成分を豊富に含んでおり、お肌をたっぷりとうるおわせ透明感のある肌へ導いてくれるでしょう。

また、自然由来成分のため敏感肌の方にも優しく使用できます。

2種類の美白有効成分がしっかりとシミをケアして、さらに肌荒れ防止をしてくれるためあらゆる肌トラブルをブロックしてくれます。

トライアルは、14日間分と長く使用できるためお得です。

<口コミ>

ちーママ / 39歳 / 評価:⭐️⭐️⭐️⭐️

敏感肌の為、最初はお試しセットで試してみました。お米で出来ている事もあって、敏感肌の私でもあまり抵抗がなく使えました。使い心地凄く肌なじみが良く、しっかりと保湿してくれます。なんと言っても、セットに入ってるジェルクリームが私には合っていて、朝起きて顔を触るとぷるぷる感が凄く、肌が生き生きしているのが実感できます。その感触が忘れられず、そのまま継続して今現在も使わせて頂いています。

出典:BiJO達の口コミ

⇒公式サイトはこちら

化粧水の正しいつけ方

化粧水をつける女性

化粧水の付け方には、手で塗る方法とコットンを使用する方法の2種類があります。

おすすめとしては、手で化粧水を馴染ませる方法です。

なぜかというと、コットンの繊維が肌への負担になったり、コットンだと化粧水の量を多く使用してしまいがちなため、手がおすすめになります。

ただし、手のひらには凹凸があるため塗りムラには気をつけましょう。

<正しいつけ方>

・洗顔後は乾燥しやすいためできるだけ早く化粧水をつける
・化粧水の大半は蒸発してしまうため適量を使用する
・顔の皮膚は薄く刺激を受けやすいため手でパチパチ叩いたり、こするのはNG

①手のひらに適量の化粧水を出す(使用量は化粧水によって違うので取扱説明書を確認してください)

②手のひらに広げ化粧水を手の体温で温める

③顔全体に温めた化粧水を馴染ませる

④乾燥しやすい目尻や塗り忘れがちな小鼻などに重ね付けする

⑤最後に手のひらで優しくお肌を抑える

化粧水をつけた後、手のひらで肌に触った時に吸い付くような感じがあればしっかりと化粧水が馴染んだということになります。

化粧水が馴染んだことが確認できた後は、乳液やクリームを塗り化粧水が蒸発しないように蓋をしましょう。

化粧水が馴染む前に乳液などをつけてしまうと蓋ができないため保湿ができず乾燥してしまうのでしっかりと化粧水が馴染んでいるか確認してから使用しましょう。

シミを予防する方法とは?

パックをする女性

シミを予防する方法として

・UVケア
・美白サプリメント

の2点を詳しく解説します。

UVケアは欠かせない

シミに大敵なのが紫外線です。

シミになる原因はメラニン色素の沈着ですが、その色素沈着してしまう1番の原因として紫外線があげられます。

さらに、紫外線にはシミになる原因だけではなくシミを悪化させてしまうこともあります。

そのため、日焼け止めや日傘などを使用し紫外線対策をすると良いでしょう。

<日焼け止めの塗るステップ>

①適量を出し、額・両頬・鼻・顎の5箇所にのせる
②ムラのないように均一に塗る
③シミができやすい頬や鼻に重ね塗りする

日焼け止めはケチらずに使用しましょう。

さらに、2時間おきに塗り直すことでより効果的に紫外線対策ができます。

美白サプリメントも併用する

今まで紹介してきたのは外側からのケアですが、表面だけでは効果が得られずらくなります。

内側と外側からのWケアでシミのない美肌を手に入れましょう。

サプリメントを選ぶ際には、先ほど紹介した美白有効成分を確認し飲み続けられるものを選び、1ヶ月〜2ヶ月を目安に使用することがおすすめです。

なお、サプリメントはあくまでも「足りないぶんを補う」という意識をもち過剰摂取に気をつけましょう。

シミを消すなら医療レーザーで

医療レーザーとは、シミの原因のメラニンに反応するレーザーで照射してメラニンを破壊する治療方法です。

医療レーザーの治療に向いているシミは、

・老人性色素斑:紫外線の蓄積などによりできる代表的なシミ
・そばかす:主に遺伝からなるもの
・脂漏性角化症:イボのようにできたもの

などのシミの種類が向いているといわれています。

医療レーザーに向いてないといわれているシミもあります。

それが肝斑です。

肝斑とは30代〜40代の方ができやすく、頬骨あたりにぼんやりと左右対称にできるシミのことです。

肝斑の多くは、レーザーではなく外用薬や内服薬での治療になります。

自分のシミの種類を自己判断するは難しいと思うので、医師の方に実際に診てもらい判断するがおすすめです。

さらに医療レーザーには治療後の、ダウンタイムという期間があります。

ダウンタイム中のお肌は敏感なため、紫外線対策や保湿をしてしっかりとアフターケアを行いましょう。

まとめ

目をつぶっている女性

今回の記事ではシミについて様々な視点から解説していきました。

シミを改善するためにはまず、自分の肌質やシミの種類を理解しましょう。

自分の肌の状態を理解した上で自分の肌にあった化粧水や治療方法をみつけて美肌を手に入れてください。