シミ用の美白化粧品おすすめ5選!クリームからフルラインまで厳選

シミ用の化粧品をご紹介

シミ用化粧品
化粧品はただやみくもに、口コミや価格だけで選んでも、理想とする効果は得られません。

シミをケアしたいなら、「シミ用化粧品」を使うのがベストです。

そこでこの記事では、

  • シミ用化粧品の基礎知識
  • おすすめのシミ用化粧品5選
  • シミ用化粧品の正しい使い方

などを、詳しくご紹介。

シミケアに特化した化粧品で、ピンポイントに攻めるケアを始めましょう。

シミ用化粧品の基礎知識

基礎知識
そもそも「シミ用化粧品」とは?どのようなメカニズムでシミに効くのか、シミ用化粧品が効果的なシミの種類などをチェックします。

1)シミには種類がある

シミにはいくつかの種類があり、自分のシミの種類を知ることが、正しいシミケアの第一歩です。

日光性黒子(老人性色素沈着)
淡褐色~黒褐色で、20代後半頃から目立ってくるシミです。
紫外線ダメージによる、メラニンの過剰生成が原因です。

肝斑(かんぱん)
頬や口の周りに、左右対称にできるシミで、40代頃から目立ち始めます。
妊娠や肌への摩擦などの刺激がもとで、メラニンが過剰生成されることが原因です。

炎症性色素沈着
年齢に関係なくできるシミで、ニキビや虫刺されによる炎症が原因です。

そばかす
頬あたりに細かくできるシミで、遺伝的な原因、紫外線で悪化することがあります。

2)シミに効く成分とは

美白成分は、それぞれ効くシミとそうでないシミがあります。

  • 日光性黒子:ハイドロキノン・ビタミンC誘導体などが効果的
  • 肝斑:ビタミンC誘導体・カミツレエキス・トラネキサム酸などが効果的
  • 炎症性色素沈着:ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・ハイドロキノンなどが効果的
  • そばかす:トラネキサム酸・アルブチンなどが効果的

上記の種類のシミであれば、シミ用化粧品で肌全体のブライトアップや、ピンポイントでの集中ケアが可能です。

イボ状のシミ・ザラつきがあるシミ・ほくろなどは、化粧品ではあまり効果が得られません。

シミ用の化粧品の選び方

選び方
以下3つのポイントを参考に、シミ用化粧品を選んでみましょう。

1)美白成分から選ぶ

美白成分によって、効果のあるシミの種類が違うことはお伝えしたとおりですが、それぞれメリット・デメリットも違ってきます。

  • ハイドロキノン:できているシミを薄くする作用があるが、刺激が強い
  • ビタミンC誘導体:万能タイプの成分だが、保湿力に欠ける
  • プラセンタエキス:肌に重要な栄養を持っているが、菌が繁殖しやすい
  • アルブチン:シミを予防してくれるが、効果に時間がかかる

基本的には、肌に必要なメリットから選びます。

保湿力に欠けるなら保湿成分が配合されているもの・刺激が強いなら低刺激処方されているもの、などデメリットカバーの工夫がされている化粧品を選ぶとベターです。

2)肌に相性いいものから選ぶ

とくにシミ用化粧品は、刺激性のある美白成分を配合していることも多く、肌との相性がはっきりと分かれます。

トライアルセットは、そういった「肌との相性」をチェックするためのものです。

肌に刺激(ヒリヒリしたり、かぶれたりなど)が無いかどうか、さらには保湿がどれくらいキープされるかもチェックしてみましょう。

3)化粧品の価格で選ぶ

予算に上限がない場合には、シミ用化粧品は少し高めの価格(5,000~10,000円程度)を選ぶのがおすすめです。

美白成分は原料価格が高いこともあり、さらに低刺激処方・十分な保湿成分配合・浸透力アップ処方などの点から、適正価格もそれなりに高くなります。

しかし、美白ケアは最低3ヶ月継続するのが理想ですので、購入に負担のない価格かどうかも重要なポイントです。

プチプラ過ぎず、続けやすい価格のシミ用化粧品を見つけてくださいね。

シミ用のおすすめの化粧品5選

それでは、成分や価格・口コミなどからおすすめできるシミ用化粧品を5選、紹介します。

1)ビーグレン ホワイトケア トライアルセット

内容量:7日間分
価格:1,800円

<特徴>

  • 薬学博士開発ブランドのシミケア専用ライン
  • ハイドロキノン配合のクリーム
  • 低刺激処方

ハイドロキノン配合のシミ用化粧品として、もっとも高く評価できるブランドです。

美白クリームは最新のテクノロジーを取り入れた処方で、ハイドロキノンを肌バリアにはじかせることなく、シミの根元まで浸透させます。

高濃度ピュアビタミンCを配合した人気の美容液は、とろけるようなテクスチャーで肌表面をなめらかに、刺激に強い肌を育てます。

スピーディな実感力で、シミ・くすみ・乾燥肌におすすめのシミ用化粧品です。

⇒公式サイトはこちら

<口コミ>

おうが/24歳/⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

日焼けしてボロボロだった肌がビーグレンを使い始めてから潤いを取り戻しました。
肌の色もくすんだ色ではなく血色のよい色に戻っていった感じがします。なによりも洗顔後のカサカサやつっぱりがなくなって潤いに満ち溢れた感じです。個人差はあるかと思いますが、私はビーグレンに変えてから化粧ノリもよくハリと弾力が蘇ってきた気がします。

出典:BiJO達の口コミ

2)アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット

内容量:7日間分
価格:1,890円

<特徴>

  • ドクターズコスメのシミ用美白ライン
  • 部分ケア・全体ケアを同時にできる
  • 世界で初めて新安定型ハイドロキノンを配合

完全国産のドクターズコスメとして、シミ用美白ラインのなかでも口コミ評価の高いブランドです。

いちばんの特徴は「新安定型ハイドロキノン」を配合していること。

アンプル―ルだけが配合できる成分で、従来のハイドロキノンよりも新鮮な状態でシミに届くように処方されています。

部分的なシミ用美容液と、顔全体のくすみ用美容液のW使いで、つやのある女優肌に仕上げる高品質の化粧品です。

⇒公式サイトはこちら

<口コミ>

のん/27歳/⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

手のひらに出したかんじはとろっとしているのですが、肌に馴染ませるとすっと伸びてしっかり浸透してくれます。私が苦手な乳液のペタペタ感がないので、よかったです。また保湿も少量でしっかりしてくれます。私の肌にはあったので、BBクリームも買って、一緒に使ってます。肌馴染みがホントにいいので、おすすめです。

出典:BiJO達の口コミ

3)ディセンディア サエル トライアルセット

サエルトライアル
内容量:10日間分
価格:1,480円

<特徴>

  • 敏感肌・乾燥肌専用の美白コスメブランド
  • ストレスなどで不安定な肌をケア
  • アルブチン・セラミドなどを配合

数多くのベストコスメ賞を受賞しているサエルは、POLAが開発した敏感肌でも安心して美白ケアできるブランドです。

敏感肌のシミ用化粧品として、弱っているバリア機能をサポートする独自技術を採用し、肌表面がうるおいで包み込まれます。

シミに対しては、「シミが作られる場所」にダイレクトにアタックする強さでケア。

ストレスや体温の変化で不安定になりがちな肌を、さまざまな美容成分が多方面からしっかりとケアしてくれる、POLAの研究と技術がつまった化粧品です。

⇒公式サイトはこちら

<口コミ>

美白効果/31歳/⭐️⭐️⭐️☆☆

基礎化粧品は一つ一つが肌に浸透しながらきいていく感じで、肌への吸収がすごく良く、肌のくすみとシミが気になってホワイトケア商品を試したのですが、朝起きると肌全体がワントーン明るくなったように感じます。

出典:BiJO達の口コミ

4)ロスミン リペアクリーム ホワイト

ロスミンリペアクリーム

内容量:30g
価格:5,900円

<特徴>

  • 薬用美白化粧品
  • アルブチン・トラネキサム酸を配合
  • シミ・しわを同時にケア

シミ用美白化粧品として、口コミで圧倒的人気を誇る、薬用化粧品のクリームです。

アルブチン・トラネキサム酸と、Wの有効成分が、伸びの良い濃厚クリームに配合され、まろやかに肌に密着。

さらに、効能評価試験をクリアした5つの高保湿成分が、弱った肌をたっぷりとうるおします。

シミ用化粧品ながら、顔全体のリフトアップ・ブライトアップを叶え、変化を実感できる化粧品です。

⇒公式サイトはこちら

<口コミ>

りす/30歳/⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

今まであまり化粧品にはこだわりはなかったので気にもしていませんでしたがある日、知り合いからこのクリームの事を聞き、ススメられたので、試しに使ってみるか?位の気持ちで使い始めましたが、使い始めてから驚く位にいつもの自分の肌とは確実に違っていました。ツヤツヤ感からハリ。毎日寝る前に使用しています。もう手放せません。

出典:BiJo達の口コミ

5)ポーラ ホワイトショット SXS

POLAホワイトショット

内容量:20g
価格:12,000円

<特徴>

  • 部分的なシミ用美容液
  • オリジナル複合美白成分を配合
  • 肌表面をホワイト膜おおう独自処方

美容雑誌の美白特集では必ずピックアップされるのが、ホワイトショットです。

シミを作り出す「メラノサイト」が移動することに着目し、オリジナル複合美白成分を確実に根元に届け、肌内部のメラニン量を適切にキープ。

密着するテクスチャーには、肌みずからが白くなろうとする機能をケアするレア成分も配合されています。

さらに、ホワイト膜で肌表面をつややかに覆うPOLAの技術がつまった本格的なシミ用化粧品です。

⇒公式サイトはこちら

<口コミ>

ミント/28歳/⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

うまれつきそばかすがあり、高校時代に水泳をしていたため、濃くなってしまいました。本当にそばかすが消えないかと思っていたところにホワイトショットに出会い、使用し続けると本当に薄くなりました!諦めかけていたので本当に嬉しいです!
まだまだそばかすはあるので、薄くするために継続して使いたいと思います。

出典:BiJO達の口コミ

シミ用化粧品の正しい使い方は?

使い方
シミ用化粧品は、正しく使うことで、よりスピーディな効果実感を得られます。

フルラインで使う場合には、メーカー推奨の順番に従うのが、いちばん相乗効果を得られる方法です。

美容液やクリームなどのシミ用化粧品を使う場合には、必ずクレンジング・洗顔で汚れを落とし、さらに化粧水などで肌を十分に保湿してください。

汚れが残った状態では、毛穴が詰まってしまい、化粧品の成分も酸化しやすくなります。

また、シミ用の美白化粧品は、多少刺激を持っていることがほとんどです。

保湿不足は乾燥だけではなく、ヒリヒリや湿疹といった化粧品負けを起こす原因になるのです。

このように、素肌の土台をいかに整えられるか、がシミ用化粧品の効果を左右します。

シミのない肌を目指すための対策

シミ用化粧品ポイント
「シミのない素肌」は、シミ用化粧品を使っただけでは実現しません。

日々の積み重ねが表面化したシミを上手にケアしていきましょう。

1)生活習慣の見直し

まず第一に対策をとるべきは、生活習慣です。

悪い生活習慣はターンオーバー、つまりシミ排出のサイクルを乱します。

以下、変えるべき生活習慣をピックアップしましたが、このなかでもとくに喫煙は活性酸素を増やし、メラニン色素の生成を後押ししてしまいます。

  • 喫煙(減らすだけでも変わると言われています)
  • 睡眠不足(夜中~朝にかけては肌の修復タイムです)
  • スナック菓子など(質の悪い油分が、肌に悪影響を及ぼします)

すべてを完璧にしようとすると、かえってストレスを溜め込んでしまいます。

まずは毎日12時には就寝するなど、できることから変えていきましょう。

2)UVケア

一年を通してのUVケアは、シミを無くすためには必須の習慣です。

ノーメイクの日でも日焼け止めや日よけの傘を使うようにし、紫外線を浴びないように努めましょう。

また、紫外線量が強い夏前、そして秋~春にかけて美白ケアを入念に行うと、シミのできにくい肌環境を整えることができます。

3)サプリメントを飲む

シミ用化粧品だけでは物足りない、または効果を実感できないという人には「シミ用美白サプリメント」がおすすめです。

美白サプリメントは肌を内側からケアし、とくにターンオーバーサイクルの乱れにアプローチしてくれます。

また、ホルモンバランスの乱れによる肌トラブルが目立っている場合には、ホルモン系サプリを飲むのもおすすめです。

ただ、シミ用化粧品同様、美白サプリメントも即効性はありません。

数ヶ月以上続けて、ようやく効果が表面化するもの、という認識でチャレンジしてみましょう。

4)医療レーザーでシミを消す

あまりにも濃いシミやアザなどは、シミ用化粧品を使っても意味がないこともあります。

その場合には、肌に負担をかけ続けるシミ用化粧品よりも、短期で治療したほうがベターです。

皮膚科や美容クリニックでは、飲み薬・塗り薬のほか、より即効性の高い医療レーザーも行っています。

ただし、費用が高額になったり、ダウンタイムに時間がかかったりとデメリットもあることをお忘れなく。

まずは最寄りのクリニックでの無料カウンセリングなどを活用してみましょう。

まとめ

シミ用化粧品を使っても、シミが完全に無くなることはほぼありません。
しかし、肌本来が持つシミを押し出すチカラをサポートし、くすみを無くすケアはできます。

ブライトアップした素肌なら、毎日のメイクもたのしくなりますよ。