クリームでシミは取れる?シミケアクリームの効果を解説!

クリームでシミは取れるの?

そばかす

「本当にクリームを塗ればシミは取れるの?」

シミが気になるからなんとか消したいけど、本当に効果があるのか不安、という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

・シミの原因と種類
・おすすめのシミケアクリーム
・シミを予防するコツ

といった内容を中心に解説します。

シミの種類と原因

シミ、と一口に言ってもいくつかの種類に分かれており、それぞれに原因があります。

老人性色素斑

日光性黒子と呼ばれることもあるシミです。

代表的なシミの種類で、肌との境界がはっきりとした褐色タイプのシミです。

このシミは、肌が紫外線を浴びることにより生成されるメラニンという物質が原因で発生します。

メラニンは本来、紫外線から肌を守る働きがありますが、過剰に生成されてしまうことでシミの原因となってしまいます。

肝斑

肝斑は同じ大きさのシミが左右対称に発生するタイプのシミで、目の下や口元、額などの広い範囲に発生し、肌がくすんだようになります。

全体的にぼやけたような状態で、肌との境界が曖昧なのも特徴の1つです。

肝斑も紫外線が原因のいつではありますが、1番の原因はホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスは生活習慣の乱れやストレスなどが原因で乱れ、さらに女性の場合は、生理や妊娠が原因となる場合もあります。

雀斑(そばかす)

そばかすもシミの1種で、鼻の周りや頬に小さなシミが広がってしまいます。

このそばかすは幼少期から発生していることも多く、両親からの遺伝が大きく関わってきます。

しかし遺伝が全ての原因というわけではなく、紫外線を浴びたことによるメラニンの過剰生成も原因の1つとなります。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは、肌に炎症が起きた後に茶色く残ってしまったシミのことを指します。

日焼けした際、肌が赤くなったのちに茶色くなるのもこの炎症後色素沈着です。

肌が炎症を起こしてしまう原因としては、日焼けやニキビの悪化、やけどや擦り傷などが挙げられます。

このようにない的な原因だけでなく、やけどや擦り傷などの外的な理由でも発生してしまうのが特徴です。

シミケアクリームの選び方

シミケアクリームならどれでも同じ、というわけではなく肌質やシミの症状によって、効果が出る場合とでない場合に分かれます。

ここで紹介する選び方を参考に、自分に合ったシミケアクリームを選びましょう。

配合されている美白成分

保湿クリーム

シミをケアする美白成分には、いくつかの種類があります。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、数ある美白成分の中でも非常に効果が強いことで有名な美白成分です。

他の美白成分の10~100倍の美白効果があるとされていて、ある程度症状が進んだシミに対しても効果が期待できます。

しかしハイドロキノンは効果が強い分、肌に与える負担も大きくなってしまうため、敏感肌の方などが使用した場合には、肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。

市販されている美白化粧品のハイドロキノン配合率は、1~4%とされていますので、初めてハイドロキノン配合のクリームを使用するという方は、1~2%配合のクリームがおすすめです。

アルブチン

アルブチンもハイドロキノンと同様に、美白効果のある成分です。

ハイドロキノンやアルブチンは、シミの原因となるメラニンの生成を抑制することでシミをケアします。

アルブチンは、ハイドロキノンと比べると美白効果自体は弱くなりますが、一般的なシミに対しては十分効果を発揮します。

さらにハイドロキノンのように、肌に負担をかけることなくシミケアができるので、敏感肌の方におすすめの美白成分です。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑制することに加え、肌のターンオーバー周期を調整することでメラニンを体外に排出し、シミをケアします。

またビタミンC誘導体は、シミケア以外にも多くの美容効果を持っていることで人気の美容成分となっています。

これについては下記で詳しく紹介します。

配合されている美容成分

美白成分と合わせて、どのような成分が配合されているのかも大切な判断基準です。

<おすすめの美容成分>

ビタミンC誘導体

上記でも紹介したように、ビタミンC誘導体には美白効果以外にも多くの美容効果があります。

ビタミンC誘導体が持つ美容効果は以下の通りです。

・肌の炎症を抑える
・肌にハリを与える
・皮脂の分泌量を調整する

このようにシミだけでなく、ニキビや毛穴の開き、シワに対しても効果を発揮する美容成分です。

そのため、シミ以外にも複数の肌トラブルに悩んでいる、という方におすすめの美容成分です。

グリチルリチル酸

グリチルリチル酸には肌の炎症を抑える効果があります。

肌の炎症は主にニキビが悪化することによって発生します。

シミと同様に多くの方が悩まされているニキビですが、このグリチルリチル酸はニキビによる肌の炎症を抑えながら、さらにニキビそのものの症状も緩和する働きがあります。

ビタミンC誘導体にもニキビをケアする働きはありますが、このグリチルリチル酸はニキビケアに特化した成分なので、ニキビに深くお悩みの方におすすめの美容成分です。

セラミド

セラミドは肌を乾燥から守る保湿成分です。

肌の乾燥は、ニキビや毛穴の開きなどの多くの肌トラブルの原因となります。

セラミドは数ある保湿成分の中でも、特に保湿力が高いことで人気の保湿成分となっています。

セラミドにはいくつかの種類がありますが、人の体内に存在する保湿成分と類似した構成を持つ、ヒト型セラミドが特におすすめです。

口コミ

シミケアクリームに限らず、化粧品を選ぶ際には実際に使用した人による口コミが、非常に参考になります。

成分表示や公式サイトを見ただけではわからない情報までしっかりと確認することができ、実際に効果があったのかどうかまで知ることができます。

もちろん、シミの症状の種類や重さによって効果が出る出ないに個人差はありますが、参考になる情報が多く載っていますので、化粧品を選ぶ際には必ず口コミをチェックしましょう。

またBiJOでは実際にその化粧品を使用した人による口コミ広場を運営していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのシミケアクリーム3選

それではおすすめのシミケアクリームを紹介します。

ビーグレン ホワイトクリーム1.9

容量:15g
価格:6,480円

<特徴>

  • 美白成分ハイドロキノンを1.9%配合。
  • 3つの美容成分が肌の状態を整えます。
  • くもりのない肌を作りあげます。

こちらのクリームには、強力な美白効果を持つハイドロキノンが配合されています。

本来なら肌に負担のかかるハイドロキノンですが、ビーグレン独自の技術でカプセルに包みシミの元まで直接届けることで、肌荒れを防ぎながら効率的にシミをケアします。

⇒公式サイトはこちら

ホワイトショットSXS

容量:20g
価格:12,960円

<特徴>

  • クリームが長時間肌に留まることでじっくりとシミをケア。
  • 肌のセルフケア力をサポートします。
  • グリチルリチル酸がしっかりとニキビもケア。

ホワイトショット独自配合の複数の美白成分が、シミの原因となるメラノサイトの働きを抑制し、確実にシミをケアします。

また、肌が本来持っている、肌を正常に保とうとするセルフケア力をサポートすることで、肌をトラブルに対抗できる状態に作り上げます。

⇒公式サイトはこちら

ロスミン リペアクリームホワイト

容量:30g
価格:4,104円

<特徴>

  • アルブチンが肌に負担をかけずに美白ケア。
  • トラネキサム酸が肌荒れを防いで肌のキメを整えます。
  • 無添加処方により敏感肌の方でも安心。

肌への負担が少ないアルブチン配合に加え、肌の刺激となる成分が含まれていない無添加処方により、肌荒れの心配なく美白ケアが行えます。

またこちらの美白化粧品には、美白医薬品がセットで付いてくるため、化粧品による外側からの美白ケアと医薬品による内側からの美白ケアの併用により、より効率的に美白ケアを行うことができます。

⇒公式サイトはこちら

シミを予防するコツ

当たり前に話ではありますが、シミをそもそもで予防することも必要になります。

<シミを予防するコツ>

・紫外線をケアする
・睡眠を十分にとる
・必要な栄養をとる
・ストレスを溜めない、発散する

ここまでにも紹介したように、紫外線はシミの1番の原因となるため、外出時の紫外線対策はシミを予防するためには必須です。

また紹介したコツの下3つは、肌のターンオーバーを整えるために必要なこととなります。

肌のターンオーバーが正常に行われることで、メラニンを体外に排出することができ、シミ予防へとつながります。

すべて普段の生活から取り組んでいく必要のあることとなっていますので、シミを作らせない生活を心がけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

クリームを使えば必ずシミが取れる、というわけではありませんが、自分の肌に合ったクリームを正しく使うことが、シミケアの第一歩となります。

またシミをケアするのと同時に、新しいシミ予防も怠らないようにしましょう。