シミとシワを同時にケア!おすすめのスキンケアクリーム5選

クリームでシミ、しわは消える?

「シミもシワも両方気になる…同時にお手入れできる方法はあるの?」
このように悩む人も多いと思います。
エイジングサインのなかでも特に多いシミ・シワのトラブルですが、その両方に働くスキンケアクリームはあるのでしょうか。
今回、シミやシワを両方ケアしたい人向けに、

  • クリームでシミ、しわは消える?
  • しわの種類別、クリームを選ぶポイント
  • シミ、しわに効くおすすめクリーム

などについて詳しくご紹介します。

シミやしわはケアできる?

スキンケアをしている女性

シミやシワにも段階や種類があり、スキンケアクリームで改善できるものとそうでないものに分かれます。

しかし、いずれのシミ・シワにも共通しているのが「初期段階であれば改善する可能性がある」という点です。

例えばシミの場合、遺伝的要素のある肝斑やそばかすをなくすのは困難ですが、紫外線などによる老人性色素斑(茶褐色の大小さまざまなシミ)ならクリームに含まれる美白成分で薄くできる可能性があります。

また、シワのなかでも乾燥による小じわであれば保湿成分を配合したクリームで改善できる可能性があります。

初期段階のシミとシワを両方目立たなくしたいなら、美白成分と保湿成分がバランスよく配合されているクリームを使用しましょう。

しわの種類別、クリームを選ぶポイント

しわには、種類によってアプローチできる美容成分が異なります。

ここでは、シワの種類別におすすめしたいクリームの選び方を解説します。

浅いしわ

ちりめんのように浅く広がっているしわは、乾燥によるものがほとんどです。

放置してしまうと深いしわに変わり、やがて解消が困難になることも。

浅いしわには、保湿成分を豊富に含んだスキンケアクリームを選びましょう。

また、クリームのなかには「乾燥小じわの効能評価試験」をクリアしたものもあります。

これは、化粧品機能評価法ガイドラインに基づき効能評価試験が行われ、シワのグレードが上位に改善した場合のみ「乾燥小じわの効能評価試験済み」(商品によって表記が異なる場合あり)とパッケージに記載することができるのです。

浅いしわの改善を目指すなら、ひとつの目安にしてみてください。

深いしわ

目尻や額などにできやすい深いしわは「真皮性しわ」ともいわれています。

加齢や紫外線がもたらすコラーゲンやエラスチンのダメージにより肌全体にハリが失われ、深いしわにつながります。

この場合は、コラーゲンの生成を助けるビタミンC誘導体や、肌のターンオーバーを助けるペプチドを配合したクリームを選び、乾燥とハリ不足を同時に改善させましょう。

また、スキンケアでは期待効果に限界があるので、深いしわを完全になくしたい場合は皮膚科によるボトックス注射やヒアルロン酸注射を検討してください。

表情じわ

目元や眉間、額にできやすい表情ジワは、同じ表情を繰り返すことで表情筋が衰え、しわにつながります。

この場合は、アルジェリンや蛇の毒などを配合したクリームを選び、マッサージで筋肉をほぐしながらお手入れしましょう。

表情によってできやすい目尻・眉間・額を重点的にお手入れすることで、筋肉の強張りを緩め、表情ジワの改善につながります。

しかし、こちらもスキンケアでは期待効果に限界があるので、表情ジワを完全になくしたい場合は皮膚科によるボトックス注射を検討してみてください。

シミ、しわに効くクリームおすすめの5選!

ここからは、しわとシワ両方にアプローチするおすすめのスキンケアクリームをピックアップしてご紹介します。

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット


価格:1,000円

<特徴>

  • 美白とエイジングケアに働くスキンケア化粧品のトライアルセット
  • アルブチン配合の美白クリームがシミやくすみにアプローチ
  • 肌荒れ有効成分やうるおい成分の配合で肌のコンディションを整える

美白有効成分アルブチンをはじめ、アスタキサンチンや3種のコラーゲンなど多彩な美容成分を配合したスキンケア化粧品です。

シミをはじめ、シワやたるみなどのエイジングサインにアプローチします。

セット内容のクリームは軽やかなテクスチャーなので、油膜感が苦手な人にもおすすめです。

⇒公式サイトはこちら

ビーグレン ホワイトケアトライアルセット

ビーグレンホワイトケア
価格:1,890円

<特徴>

  • 夜用美白クリームがセットになっているトライアルセット
  • シミの予防だけではなくできてしまったシミのお手入れにも
  • 浸透性にこだわった処方

美白成分アルブチンを配合した美白クリームが同梱されているトライアルセットです。

ピュアビタミンC配合の美容液もついており、できてしまったシミのお手入れにもおすすめです。

また、浸透性にこだわった処方で角層のすみずみに成分が行き渡り、シミの発生を効率よくブロックします。

⇒公式サイトはこちら

ノブL&W トライアルセット

ノブ L&W トライアルセット
価格:1,300円

<特徴>

  • 敏感肌のために開発された美白&エイジングケア化粧品
  • シミの原因に働く持続型ビタミンC誘導体配合
  • 3種のハリ肌成分で目元の乾燥小じわや弾力不足にアプローチ

敏感肌のために開発されたスキンケア化粧品のトライアルセットです。

美白クリームには、メラニンの生成抑制・還元・排出に働くビタミンC誘導体を配合しており、シリーズを通して目元のシワやたるみにアプローチする保湿成分をぜいたくに使用しています。

シミはもちろん、エイジング対策にもぴったりな化粧品です。

⇒公式サイトはこちら

米肌 澄肌美白お試しセット


価格:1,389円

<特徴>

  • 2つの有効成分がシミの原因に働く美白化粧品のトライアルセット
  • 乾燥小じわやくすみの改善に良い保湿成分をぜいたくに使用
  • さっぱりしたジェルクリームでベタつきを軽減

ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体のWの有効成分を配合した美白化粧品です。

メラニンにアプローチすると同時に、メラノサイトを刺激する活性酸素を除去することでシミの発生原因を多角的にブロックします。

さらに、天然由来成分を中心とした保湿成分を贅沢に配合することで乾燥によるシワやくすみの改善にも役立ちます。

⇒公式サイトはこちら

ディセンシア サエル トライアルセット

サエルトライアル
価格:1,480円

<特徴>

  • 敏感肌向けに開発された美白化粧品のトライアルキット
  • アルブチン配合の美白クリームがメラニンの合成を阻害
  • 肌荒れ防止成分により乾燥ダメージから肌を守る

敏感肌向けに開発された美白化粧品で、セット内容には美白有効成分アルブチンを配合した美白クリームが含まれています。

また、外的刺激や心理的なストレスによる肌荒れを防ぐことで、肌のコンディションを整えます。

美白と敏感肌のお手入れを同時に行いたい人におすすめです。

⇒公式サイトはこちら

シミ、しわをケアするクリームの使い方

スキンケアクリームの使い方は、メーカーが指定・推奨する方法や使用量を守ることが基本です。

しかし、シミやシワを重点的にお手入れしたいなら、スキンケアクリームを全顔使用したあと、気になる部分にクリームを重ね付けしましょう。

このとき、クリームを塗りすぎると毛穴詰まりを起こすので注意が必要です。

また、たるみによるシワを防ぐためには、クリームを「内側から外側」「下から上」に向かって塗ることがポイントになります。

頭のなかで顔全体のリフトアップをイメージし、シワをやさしく伸ばすように塗布していきましょう。

表情ジワのお手入れには、シワのできやすいパーツの筋肉を刺激するようにマッサージするのもおすすめです。

さらなる美肌を目指して

シミやシワは年齢によってできてしまうものだから仕方ない、なんて諦めていませんか。

状態によってはセルフケアによる改善が困難な場合もありますが、かといってシミやシワを放置してしまうのはさらなる悪化を招いてしまいます。

シミやシワの予防・改善を目指すなら、毎日のスキンケアを見直す必要があります。

ここでは、シミやシワを改善するプラスアルファのお手入れについて解説します。

シミを改善するこつ

シミの原因はさまざまですが、なかでも多いのが紫外線ダメージによるメラニンの生成です。
シミの予防はもちろん、初期段階のシミを改善するためにはメラニンの排出を促さなくてはなりません。

私たちの肌は、一定の周期で行われるターンオーバーによってメラニンを排出しています。

しかし、加齢やストレス、紫外線の影響によりターンオーバーがスムーズにいかなくなると、メラニンが残留して色素沈着を起こし、シミにつながります。

シミの予防や改善のコツは、肌のターンオーバーを整えることがポイントです。

肌のターンオーバーの改善には、ピーリングやスクラブで肌表面の古い角質を取り除くこと、また保湿を重点的に行ったお手入れが求められます。

肌表面がかさついたりごわついている、見た目の透明感が失われている場合は、ターンオーバーが滞っているサインです。

角質ケアや重点的な保湿ケアでターンオーバーを促し、シミの元であるメラニンを排出させましょう。

しわを改善するコツ

段階や種類によってお手入れ方法が若干異なりますが、シワを改善するコツは肌の水分量をキープすること、そして表情筋を鍛えることです。

肌が乾燥していると角質が厚くなるため、肌表面のしなやかさが失われて浅いシワができます。

また、表情筋が縮まると目尻や眉間に表情ジワが残りやすくなります。

スキンケアにおいては、化粧水で肌に水分をしっかり補ったあと、油分の多いクリームでうるおいに蓋をしてあげることが大切です。

そして、スマホやパソコンの操作で表情を動かす機会が減っている人は、合間合間に表情を大きく動かしながら表情筋を刺激したり、フェイスマッサージを取り入れましょう。

まとめ

シミやシワの目立つ肌は老けてみられがちですが、段階によって改善できる場合もあります。
美白成分と保湿成分をバランスよく配合したクリームを選び、毎日のお手入れに取り入れましょう。

また、クリームのほかにも美容液をプラスすることでシミ・シワの改善に必要な成分を効率よく補うことができます。

ただ塗るだけではなく、塗り方を工夫したりマッサージを取り入れながらシミ・シワの改善に努めましょう。