シミに効果のある美白化粧品3選!選び方と美白のコツをご紹介します!

シミに効果のある化粧品って?

化粧品をつける女性

知らぬ間にどんどん増えていくシミ。

メイクしても綺麗に隠せない……。

など悩んでいませせんか?

そんな方のために、

  • 美白化粧品とは?
  • 失敗しない美白化粧品の選ぶコツ
  • シミに効果のあるおすすめの美白化粧品3選

などを詳しく解説します。

美白化粧品とは?

化粧品

まず美白化粧水とは何かを、

  • 美白化粧品とは
  • 美白化粧品の効果とは

この2点から解説します。

美白化粧品とは

美白化粧品とは「メラニンの生成を抑制してシミなどを防ぐ」このような効能のある化粧品です。

【美白有効成分】

プラセンタエキス・ビタミンC誘導体・トラネキサム酸

などがあります。

有効成分として登録されていませんが「ハイドロキシン」は美白への効果が強い成分となっています。

美白化粧品の効果とは

美白化粧品の効果を説明します。

①シミを薄くする効果

還元作用のある成分でメラニンを還元しシミを薄くする
肌のターンオーバーを促進させる成分でシミを薄くする

②シミを防ぐ効果

メラニンの生成を促すチロシナーゼの活動を抑制し予防する

③日焼けした肌をケアする効果

メラニンを還元させ抗炎症効果で日焼けによる肌荒れを落ち着かせる

などの効果があります。

決して「元の肌以上白くする」や「シミを消す」という効果はないので注意しましょう。

失敗しない美白化粧品の選ぶコツ

化粧品をつける女性

美白化粧の選び方を、

  • 美白成分から選ぶこと
  • 保湿成分から選ぶこと
  • 自分の肌に合うか確認する

この3点から説明していきます。

美白成分から選ぶこと

美白成分は種類が多く迷ってしまう方もいると思います。

美白成分は種類によって効果が違うため目的に合った成分を選びましょう。

<シミを薄くしてくれる成分>

  • L−アスコルビン酸:還元作用があるためメラニンを還元してシミを薄くする
  • ハイドロキノン:有効成分ではないが強い美白効果がある

<シミを予防してくれる成分>

  • アルブチン:メラニンの生成を促すチロシナーゼの活動を抑制し予防する
  • コウジ酸:アルブチンと同様の働きでシミを予防

保湿成分から選ぶこと

美白成分が配合されていても、保湿成分が配合されていなければ意味がありません。

美白成分だけでは逆に肌を悪くしてしまいます。

なぜかというと、どの肌荒れにも原因として乾燥が関係してくるからです。

おすすめ保湿成分>

・グリセリン:保湿成分が強いため化粧品の主成分としてよく使われており、皮膚への刺激が低い

・コラーゲン:皮膚の土台を作っている成分で皮膚表面での保湿成分

・セラミド:細胞間脂質の約40%を占めており水分のキープ力が高いため最強の保湿成分といわれている

自分の肌に合うか確認する

自分の肌質を確認して、肌に合った化粧品で正しくケアしましょう。

肌質のチェック方法は、洗顔をして何もつけず10分放置した肌を確認してください。

ツッパリ感やヒリつきはないか、小じわは目立っていないか、Tゾーンや頬から脂が出ていないかをチェックしましょう。

ツッパリ感やヒリつき、小じわが目立ち脂は出ていない肌は乾燥肌になります。

ツッパリ感やヒリつき、小じわは目立たないが脂が出てきている肌は脂性肌になります。

部分によってツッパリ感やヒリつきを感じやや小じわが目立ち部分的に脂が出ている肌は混合肌になります。

乾燥肌の方は、セラミド配合の美容液と乳液またはクリームを使用することがおすすめです。

脂性肌の方は、オイルフリーでセラミド配合の美容液を使用することがおすすめです。

混合肌の方は、油分が少なくセラミドが配合されている美容液がおすすめです。

シミに効果のあるおすすめの美白化粧品3選

おすすめの美白化粧品を紹介していきます。

ドクターソワ APP-C フラセラム

<価格>

6,048円

<特徴>

  • 洗顔後にこれ1本のお手軽シミケア
  • 浸透力抜群のビタミンC誘導体配合
  • フラーレンで老化防止

水溶性と油溶性の両方の性質がある「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」は通常のビタミンC誘導体の100倍以上の浸透力があります。

そのため肌の奥までしっかりと届けケアしてくれます。

1本で美白ケアができるので手軽で時短にもなります。

ますよ / 33歳 / 評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

乾燥肌でシミに悩んでいます。
産後シミが更に濃くなり、フラセラムを購入しました。使用して直ぐに肌のくすみが改善されました。濃いシミは少し薄くなった気がします。
美容液はさらっとしていて肌馴染みが良く、美容液をつけた後の化粧水は肌の奥に浸透する感覚です。
朝起きて、頬を触るともっちりしており、使用するとしないでは化粧ノリがかなり違います。化粧をして時間が経っても乾燥しにくく、今まで使用した美容液で一番お気に入りです。

出典:BiJO口コミ特集

⇒公式サイトはこちら

ポーラ ホワイトショット

<価格>

12,960円

<特徴>

  • 独自の処方で角層のすみずみまで美白ケア
  • シミの原因メラノサイトを根本的にブロック
  • 部分的なシミケアにおすすめ

独自の処方のテクノロジーによって美白成分がメラノサイトまで効率よく浸透してくれる美白美容液です。

ルシノールとビタミンC誘導体の2つの美白成分でシミをしっかりケアしてくれます。

ポーラ ホワイトショットは少し硬めのクリームタイプのため気になるシミ部分に密着し美容成分を浸透させます。

ミント / 28歳 / 評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

うまれつきそばかすがあり、高校時代に水泳をしていたため、濃くなってしまいました。本当にそばかすが消えないかと思っていたところにホワイトショットに出会い、使用し続けると本当に薄くなりました!
諦めかけていたので本当に嬉しいです!
まだまだそばかすはあるので、薄くするために継続して使いたいと思います。

出典:BiJO口コミ特集

⇒公式サイトはこちら

ロスミン リペアクリームホワイト

 

ロスミンロイヤルクリーム

価格>

6,372円

<特徴>

  • アルブチンとトラネキサム酸の2種類の美白有効成分配合
  • 小じわやたるみもケア
  • 肌にも優しい無添加処方

敏感肌の方にも優しい無香料・無着色・パラベンフリーなどで優しくケアしてくれます。

シミだけではなく小じわやたるみもロスミン リペアクリームホワイト1本でケアしてくれます。

保湿成分が豊富に配合されているため、乾燥による小じわも目立たなくしてくれます。

<口コミ>

あやか/ 37歳 / 評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

30代を過ぎてから、顔にいくつものシミができ始めました。ホワイトニングケアをしたくてロスミンローヤルを購入し、毎日ケアに使っていますが1ヶ月ちょっとで、かなりシミの色が薄くなり目立たなくなったようです。今まではシミの上にコンシーラーをしっかり塗らないとファンデの上からシミがうっすら浮き出てしまっていたので恥ずかしい思いをしてきましたが、ロスミンローヤルのおかげで、もうコンシーラーも必要なくなりました。

出典:BiJO達の口コミ

公式サイトはこちら

シミに効果のない美白化粧品の特徴

化粧品も持っている女性

購入前には必ず表示を確認して購入しましょう。

美白っぽい化粧品を選んでいませんか?

自分が使っている化粧品は本当に美白化粧品なんでしょうか?

パッケージが白っぽい化粧品や、「ホワイト◯◯◯」など商品名が美白っぽい化粧品では本当に美白に効果があるのかはわかりません。

そのため美白っぽいとかで選ぶのではなく、美白有効成分が配合されているのか確認しましょう。

化粧品の正しい使い方とは?

笑っている女性

正しくケアしてより化粧品の効果を得ましょう。

【正しいスキンケア方法】

①クレンジング:適量をだして額・両頬・鼻・顎におき顔全体に広げ円を描くようにメイクを落として洗い流す

②洗顔:よく泡立たせた洗顔料を手と肌が触れないように円を描くように約30秒洗いしっかりとすすぐ

③化粧水:適量をだし顔全体に広げ優しくハンドプレスする

④美容液:適量をだし顔全体につけしわやシミが気になる部分があれば重ね付けする

⑤乳液またはクリーム:適量をだして額・両頬・鼻・顎におき顔全体に馴染ませる

ポイントとして、

・美容液はセラミドやビタミンC誘導体など美容成分が配合されている物を選ぶ

・⑤の乳液またはクリームは乾燥が気になる時のみ使う

乳液やクリームの油分で蓋をするとよくいわれていますが、肌にとって良い油分とは自らだす皮脂です。

健康的な肌には皮脂膜があるため角質層の潤いを保っています。

余計な油分(乳液またはクリーム)を塗ってしまうと皮脂の分泌を止めてしまうため逆に乾燥してしまうのです。

そのため乾燥している場合は乳液またはクリームを塗るのは良いですが、そうでない場合は使用しないほうが良いでしょう。

美白ケアのコツ

クリームを塗っている女性

美白ケアの方法を、

  • シミを消すなら医療レーザー
  • UVケアも怠らずに
  • 体の中から紫外線ケアもおすすめ

この3点を解説します。

シミを消すなら医療レーザー

シミを消したいという方にはレーザーがおすすめです。

レーザーとはメラニンの色に吸収される波長を持つ光で、レーザーを当てるとメラニンを多く含む皮膚だけに火傷を起こしてシミ取るという治療方法です。

医療レーザーが有効的なシミは、

  • 脂漏性角化症
  • 雀卵斑(ソバカス)
  • 花弁性色素斑

の3種類のシミです。

UVケアも怠らずに

シミに紫外線は大敵のため、しっかりとUVケアをしましょう。

雨の日や曇りの日でも紫外線は出ているため毎日紫外線対策を行いましょう。

<日々のUVケアおすすめの方法>

①洗顔をしセラミドなど保湿成分が配合されている保湿美容液をつける

②10分ほど時間をおき美容液が肌に馴染むのを待つ

③そのままファンデーションをつける

粉浮きが気になる方もいると思いますが、時間が経つと皮脂がでてくるため自然と馴染んできます。

体の中から紫外線ケアもおすすめ

美白サプリメントもおすすめです。

【美白サプリメントの選び方】

①美白に効果のある成分は含まれているか

おすすめの成分は、ビタミンC・エラグ酸・ビタミンEなどです。

②続けられる価格であるか

サプリメントは3ヶ月以上継続することが推奨されています。
そのため継続して購入できる価格のサプリメントにしましょう。

③国内産のサプリメントか

日本人の体質に合わせて開発されたサプリメントが良いでしょう。

まとめ

こっちを見ている女性

シミについて詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょう。

シミに悩んでいる方にぜひ参考にしていただきたいです。

正しくスキンケアをして美肌を手に入れましょう。