ビタミンC誘導体配合のおすすめ化粧水とは?使い方・選び方まで解説!

ビタミンC誘導体って効果あるの?

ビタミンC

毛穴の開きや顔のたるみ・ニキビなど、さまざまな肌トラブルをマルチにケアできる成分が、「ビタミンC誘導体」です。

化粧水なら、日々のケアに取り入れやすく、素肌にダイレクトなアプローチができます。

そこでこの記事では、以下の内容を詳しく紹介します。

気軽に試せるトライアルセッから、夕方までメイクしたて感をキープできるうるおい素肌を作りましょう。

※本記事での美白とは・・・メラニン色素の生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと※

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC

美容成分の代表である「ビタミンC」ですが、じつは肌への浸透が悪く、そのまま使ってもあまり効果を実感できないというデメリットがありました。

「ビタミンC誘導体」は、ビタミンCのパワーを守ったまま肌に浸透させ、肌のなかでビタミンCとして働けるように開発された成分です。

おもな作用は、以下のとおり。

  • 毛穴の黒ずみ・開きのケア
  • たるみ肌にハリを与える
  • 繰り返す大人ニキビの予防
  • シミ予防(美白効果)

マルチケアでありながらも、しっかりと肌トラブルの元にピンポイントでアプローチしてくれる優秀さを持っています。

ビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぶコツ!

化粧水

化粧水を選ぶときには、以下3つのポイントをおさえることが、ビタミンC誘導体でつや肌を目指すコツです。

一緒に配合されている成分

「ビタミン誘導体だけを配合した化粧水」ということは、ほぼありません。

各メーカーがそれぞれ、ビタミンC誘導体との相乗効果をアップし、よりダイレクトに肌トラブルをケアできるような成分を配合しています。

そこで、まずはビタミンC以外の成分に注目し、自分の肌悩みにあった化粧水を選ぶのがおすすめです。

  • 毛穴ケアには:セラミド・ビタミン類など
  • たるみケアには:ペプチド・ヒアルロン酸など
  • ニキビケアには:セラミド・コラーゲンなど
  • シミ予防には:アルブチン・トラネキサム酸など

ビタミンC誘導体は、やや保湿力に欠け、肌がかさつきやすい特性も持っています。

上記の成分やメーカーオリジナルの美容成分にも注目し、うるおいを実感できる化粧水を選びましょう。

水溶性・両性のビタミンC誘導体を選ぶ

ビタミンC誘導体には水溶性・両性・油溶性があります。

  • 水溶性:肌への浸透力〇
  • 両性:肌への浸透力◎
  • 油溶性:肌への浸透力△

基本が水で作られている化粧水は、水溶性・両性ビタミンC誘導体との相性がよく、安定性・浸透力が高まります。

テクスチャー・価格は続けやすいか

テクスチャー(使用感)が好みでない化粧水は、毎日使うのが嫌になります。

また、価格が高すぎると、継続して購入し続けることがお財布の負担に。

化粧水は気持ちよく継続して使うことがベストですので、テクスチャーや価格は重要なポイントです。

テクスチャーについては、口コミからも想像はつきますが、まずはトライアルセットで試してみることをおすすめします。

ビタミンC誘導体のおすすめ化粧水を紹介!

それでは、ビタミンC誘導体を配合した化粧水で、もっともおすすめできる3選を紹介していきます。

①ビーグレン QuSomeホワイトローション

ビーグレンホワイト
内容量:120ml
価格:5,000円

<特徴>

  • 医学誌掲載のサイエンスコスメ
  • ニキビ跡・シミをケア
  • 17時間保湿が続く

医学誌掲載の実績をもつ、薬学博士開発のサイエンスコスメブランドから紹介するのは、浸透力バツグンの両性タイプです。

2種類のビタミンC誘導体のほかペプチドを配合し、「ニキビ跡の赤み・炎症」「シミが作られない肌環境」を同時ケア・低刺激で使いやすい化粧水。

ふわさらな柔らか肌に仕上げるとろみ系テクスチャーで、独自のテクノロジーによって17時間も保湿が続き、夕方までさらさらなツヤ肌をキープします。

7日間のトライアルは、話題のクレイ洗顔料やピュアビタミンC美容液などがセットで1,800円で購入できます。

<口コミ>

幸せうさぎ/38歳/★★★★★

お肌には自信があったのに、ストレスからか疲れからかは分かりませんが、ある日突然顔全体と首に大人ニキビが数えきれないくらいできてしまいました。
夏の暑い日だから紫外線が影響しているのかとも思い、日傘をさして、こまめに油とりをしていましたが、それでも全然治らず、毎日お風呂で泣いていました。
そんな時ネットで見つけたピーグレン。藁にもすがる思いで、思い切って使ってみることに。同時に食生活も見直し、半年かかりましたが、やっと綺麗に治りました。
やはり、高濃度ビタミンがきいたのだと思います。これからも使い続けたいと思います。

出典:BiJo達の口コミ

⇒公式サイトはこちら

②アンプルール ラグジュアリーホワイトAOⅡ

アンプルール

内容量:120ml
価格:5,400円

<特徴>

  • 国産ドクターズコスメ
  • シミ・くすみをケア
  • 速攻型ビタミンC誘導体を配合

美白ケアブランドとして、数多くのベストコスメを受賞しているアンプルールの、両性タイプの化粧水です。

化粧水には肌トラブルにダイレクトに届く速攻型ビタミンC誘導体を、独自のナノ化カプセルに包み配合しています。

セラミドなど、たっぷりの美容保湿成分を含んだ濃厚なとろみテクスチャーが肌をもっちりと仕上げ、エステ級の素肌を実現。

7日間のトライアルは、最強の美白ケア成分「ハイドロキノン」を配合した美容液など、集中的にシミ対策をできる内容で1,890円です。

<口コミ>

みさき/31歳/★★★★☆

20代後半に2人目を妊娠中に大きいシミができて悩んでました。使っていくうちにシミも少し薄くなってきました。半年ほどで目立たなくなりました。肌のトーンも明るくなったような気がします。乾燥肌ですが次の日の朝はしっとりして乾燥も防げます。

出典:BiJo達の口コミ

⇒公式サイトはこちら

③VCリッチセラム

VCリッチセラム
内容量:30ml
価格:4,500円

<特徴>

  • 新型・持続型ビタミンC誘導体を配合
  • ニキビによる赤み・毛穴のたるみをケア
  • 定期購入初回価格2,550円

インスタグラムなどSNSでの人気も高く、美容のプロにも注目されているのがVCリッチセラムです。

両性ビタミンC誘導体(新型)・長時間持続するビタミンC誘導体の24種類を配合し、アクネ菌にアタックします。

肌の水分・油分との相性がよく、濃厚な美容液タイプの化粧水ながらもべたつきゼロ。

公式サイトからの定期購入では、初回割引・2回目以降50%OFFなどさまざまな特典つきでお得に購入できます。

<口コミ> ※現在口コミはございません。

⇒公式サイトはこちら

ビタミンC誘導体配合の化粧水をおすすめしたい方とは

肌

ビタミンC誘導体は、さまざまな肌トラブルをケアするマルチタイプの成分です。

  • 毛穴:皮脂量を調整し、開き毛穴をケア・コラーゲンを合成を促し、たるみ毛穴をケア
  • シミ:シミを作り出す酵素の働きを阻害する※ただし、予防としての効果のみ※
  • しわ:コラーゲンの合成をサポートし、内側からハリを与える
  • ニキビ:過剰な皮脂の分泌をおさえる

加齢とともに減少するコラーゲン合成のサポートや、ニキビケアにはほか成分よりも強く作用してくれます。

また、ビタミンC誘導体は厚生労働省に認められている「美白成分」のひとつです。

ビタミンC誘導体配合化粧水でのおすすめケア方法

肌質

水溶性・両性のビタミンC誘導体配合の化粧水を使う前に、油溶性の美容オイルなどを塗るのはNGです。

フルラインで使う場合には、メーカー推奨の順番に従うだけですが、自分で組み合わる場合には「水溶性→油溶性」の順番で使うことを意識しましょう。

また、ビタミンC誘導体配合の化粧水は、コットンを使ったローションパックもおすすめです。

ニキビやくすみが気になるときの肌トラブルケアとして、週に1~2回程度のスペシャルケアで行うと、刺激も低下させることができます。

その場合、たっぷりとしみこませたコットン化粧水を、5分程度放置しますが、10分15分と長く放置しすぎないようにしてください。

ビタミンC誘導体配合化粧水Q&A

使い方

ビタミンC誘導体は安全に使える美容成分のひとつですが、使用前に注意点や疑問点は解消しておきましょう。

副作用は?

ビタミンC誘導体を使ううえで、いちばん心配すべきは「乾燥」です。

保湿成分がたっぷりと配合され、成分バランスが肌にあったメーカーの化粧水であれば問題ありません。

そのため、どれかひとつの化粧水で乾燥を感じた場合でも、メーカーを変えるとフィットすることもあります。

いくつかのトライアルを試してみて、どのメーカーでも乾燥がひどいと感じた場合には、ビタミンC誘導体そのものが合わない可能性が高くなります。

デリケートゾーンは?

デリケートゾーン専用(もしくは使用OKの明記がある)の化粧品であれば、問題ありません。

しかし、ビタミンC誘導体を配合しているデリケートゾーン用のクリームや化粧品はあまりありません。

デリケートゾーンの黒ずみケアには、プラセンタ・トラネキサム酸などの美白成分がおすすめです。

保存方法は?

直射日光のあたらない場所で、キャップをしっかりと閉めた状態で保存しましょう。

開封後、メーカー推奨の使用期限を過ぎてしまうと、成分が酸化してしまいます。

肌に酸化成分を塗ると、べつなトラブルの引き金となりますので、1年放置した化粧水を使うなどは避けてください。

基本的に、開封後の使用期限は3~6ヶ月程度・未開封であっても3年以内を目安に使い切りましょう。

シミをしっかり消したいなら

エステ

ビタミン誘導体配合の化粧水では、濃く目立ったシミ・かんぱんなどを完全に消すことはできません。

セルフケアで使える成分として、もっとも強くアプローチしてくれるのは「ハイドロキノン」です。

また、どうしても完全に消したい場合には、美容クリニックや皮膚科に相談することをおすすめします。

医療レーザーによって、濃いシミを取り去ることが可能です。

ただし、レーザー機器の種類によっては取れないシミもあること・費用が高額になる可能性・ダウンタイムに時間がかかるなど、さまざまななデメリットをふまえた検討が必要です。

無料カウンセリングなどを活用し、時間をかけて相談してください。

まとめ

ビタミンC誘導体は、ニキビや毛穴の開きに悩む肌を集中的にケアしてくれる存在です。

成分の性質上、どうしても不足してしまう保湿力を補いつつ、上手に使いこなしていきましょう。