シミを消す方法が知りたい人必見!おすすめ美白美容液3選も紹介

できてしまったシミを美容液で消すことはできるの?

肌がきれいな女性

「どうしてもこのシミを消したい!」という一心で、あれもこれもとスキンケア迷子になっていませんか?

結論からいうと、「できてしまったシミを完全に消す」ことはできません。

しかし自分の肌にあった美白美容液を1本、いつものスキンケアに足すだけで、メイク映えする素肌が作れます。

そこでこの記事では、以下の内容を詳しく解説。

まずはシミを消すのではなく、コンシーラーが不要な素肌をめざしていきましょう。

※本記事での美白とは…メラニンの生成をおさえ、シミ・そばかすを防ぐこと※

シミに効果的な美容液の選び方

スキンケアする女性

まずはシミを薄く・くすみを消すために効果的な美白美容液の選び方をチェックしましょう。

1)シミの種類にあった美白成分

美白美容液に配合されている、おもな美白成分は、以下のとおりです。

  • ハイドロキノン:唯一、できてしまったシミを薄くする作用を持つ成分
  • アルブチン:ハイドロキノンに似せて開発された美白成分で、ハイドロキノンより低刺激
  • ビタミンC誘導体:シミを予防・ターンオーバーをケア・ニキビケアなど万能タイプの成分

最終的に「シミを消す」を目的とするなら、いちばん効果的な成分は「ハイドロキノン」です。

ただし、刺激が強く、ヒリヒリ・炎症などの副作用リスクもあります。

2)保湿力・浸透力をチェックする

基本的に、美容液の保湿力は高く作られていますが、各メーカーによってどのようなケアに効果的な保湿成分を配合しているかは違います。

  • ヒアルロン酸:肌表面のうるおいをキープする
  • コラーゲン:肌表面のうるおいをキープする
  • セラミド:肌内部の保水力を高める

エイジングケアとしても優秀な点が美容液のメリットですので、より自分の肌悩みにあった保湿成分を選んでください。

また、浸透しやすい工夫がされているかもチェックポイント。

肌の持つバリア機能によって、いい成分もはじかれてしまう可能性があります。

3)トライアルセットで試す

どれだけいい成分・いい商品であっても、肌との相性が合わなければ使い続けるのは難しくなります。

まずはトライアルセットで、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 肌がヒリヒリなどしないか
  • 使用感・翌朝の保湿感はどうか
  • 手持ちのスキンケアなどとの相性

トライアルセットは「効果があるか」をチェックするためのものではありません。

上記のように、今後使っていくうえで重要なポイントをチェックするために活用しましょう。

シミをケアするおすすめ美容液3選

シミをケアするために必要な成分がつまったおすすめ美容液を紹介します。

①アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

アンプルール

内容量:7日間分
価格:1,890円

<特徴>

  • 皮膚科医との共同開発ブランド
  • 新安定型ハイドロキノンを配合
  • ハードジェル状テクスチャー

国産ドクターズコスメ アンプル―ルの美白シリーズ、最高濃度ハイドロキノンを配合した「一点集中美容液」です。

アンプルール独自の「新安定型ハイドロキノン」をマイクロカプセルに包み込み、肌の奥深くにあるメラニンが生成される場所まで新鮮な状態で届く処方です。

こっくりジェル状のテクスチャーがシミ部分に密着し、漢方成分などと一緒に浸透、シミの連鎖発生をブロックします。

「とにかくシミを消すためのケアがしたい」という方におすすめの最強美白フルラインを、1,890円でお試しください。

<口コミ>

ゆき/31歳/★★★★☆

妊娠中に出来た顔のシミが気になり使ってみました。ハイドロキノン配合で匂いも気になりませんでした。2週間ほど使いましたが少し薄くなったようなきがします。肌のトーンも明るくなりました。乾燥肌ですが次の日の朝はお肌がしっとりしてます。

出典:BiJo達の口コミ

⇒公式サイトはこちら

②ビーグレン Cセラム

ビーグレン

内容量:15ml
価格:5,076円

<特徴>

  • 薬学博士開発のサイエンスコスメ
  • ピュアビタミンCを配合
  • 温感しっとりテクスチャー

米国の薬学博士開発のサイエンスコスメ ビーグレンのホワイトケアシリーズから、顔全体のくすみをブライトアップさせる美容液を紹介します。

あらゆる肌トラブルに万能成分である「ピュアビタミンC」を高濃度配合し、温感のあるしっとりテクスチャーが特徴のレア美容液です。

シミを消すことは難しい美容液ですが、皮脂バランス・うるおいを整えながら、肌の奥からみずみずしいツヤを引き出します。

シワ・たるみ・ニキビなどトラブルの多い肌に、公式サイトからフルラインを1,800円でお試しできます。

<口コミ>

makky/44歳/★★★★☆

ビーグレンの基礎化粧品は一つ一つが肌に浸透しながらきいていく感じで、肌への吸収がすごく良くとても潤います。
肌のくすみとシミが気になってホワイトケア商品を試したのですが、朝起きると肌全体がワントーン明るくなったように感じます。シミ自体が薄くなっているかどうかはまだ実感がないのですがくすみは全体に感じなくなってきています。

出典:BiJo達の口コミ

⇒公式サイトはこちら

③アスタリフトホワイト エッセンスインフィルト

アスタリフトホワイト美容液

 

内容量:30ml
価格:7,560円

<特徴>

  • フジフィルムが開発した美白ケアライン
  • ビタミンC誘導体を配合
  • みずみずしいテクスチャー

フジフィルムが写真の研究技術をスキンケアに応用し、30代以上の女性から圧倒的な人気を誇る美容液です。

世界最小クラスにナノ化された独自の保湿成分+ビタミンC誘導体が、艶やかなうるおい肌にみちびき、疲れ顔を華やかに仕上げます。

さらりと伸びるテクスチャーはみずみずしく、朝に使ってもメイクを邪魔しない馴染みの良さ。

ごわつく乾燥肌の土台から作る「先行美容液」がセットのトライアルが、1,000円で購入できるお得な内容です。

<口コミ>

たか子/31歳/★★★★☆

仕事柄 外仕事なのですごく顔だけ日に焼けてしまうのが気になっていました。
友達の勧められて アスタリフトのトライアルセットを使ってみました。
前使っていた化粧水は つっぱった感があり馴染めなかったのですが、美白化粧水 (アスタリフト ブライト ホワイトローション)を使ってみたのですが、スーッと染み込んでいくのがわかり つけた後もつっぱらず 良い使用感でした。

出典:BiJo達の口コミ

⇒公式サイトはこちら

効果的にシミに対処する美容液の使い方

肌を気にする女性

美容液をよりシミケアに効かせるためには、適切な順番を守り、NG行為をしないこと。

<スキンケアの順番>

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. クリーム

油分が少ない洗顔後の肌には、「水溶性のスキンケア」から使い始めると浸透しやすくなります。

<美容液のNG行為>

  • 大量につける
  • 叩いてつける
  • 混ぜてつける
  • 古いものをつける
  • 肌荒れ中につける

一度に吸収できる量が決まっている肌に、大量につけても意味がありません。

叩いてつける・肌荒れ中につけるは、肌にとって刺激となるのでNGです。

ま美容液に配合されている成分のなかでもとくにビタミンCやハイドロキノンは酸化しやすいため、古くなったものもNGです。

美容液はほかのスキンケア用品と混ぜると分離してしまうことがあるため、手間をはぶきたい方は最初からオールインワンの商品を選ぶのがベターです。

より効果的にシミを消す方法

スキンケアをしている女性

セルフケアでシミを消すことは難しいですが、レーザー治療を活用すればシミを消すことができます。

また、サプリメントなどで内側から栄養を与えると、シミを消すためのターンオーバーサイクルが整います。

レーザー治療

美容クリニックなどで行っているシミ消しのためのレーザー治療は、メラニン色素の細胞を破壊することで、シミを消します。

<シミ消しレーザー料金(一部)>

  • YAGレーザー:約30,000円程度/1cm四方
  • Qスイッチルビーレーザー:約15,000円程度/1cm四方
  • レーザートーニング:約40,000円程度/1cm四方

※シミ消しは美容目的となり保険は適用外のため、クリニックによって大きな差があります※

<シミ消しレーザー治療後の流れ(一例)>

  • 治療した部分にテープなどをはる(当日~翌日)
  • 治療した部分からかさぶたが落ちる(4~10日前後)
  • 治療した部分がターンオーバーによってもとの色に戻る(約1ヶ月程度)

クリニックによってはシミを消すための専用レーザーを導入しているところもありますが、すべてのシミを確実に消すものというわけではありません。

シミを消すためにレーザー治療を考えているなら、まずは最寄りクリニックのHPをチェックしたり無料カウンセリングを活用したりなどの、事前調査を行いましょう。

シミに効く、予防する食材・サプリメント

シミは消すことよりも「予防すること」がメインのケアです。

まずは食生活・栄養面など身体の内側からターンオーバーサイクルを整えて、肌本来のシミ排出力を高めましょう。

<シミ対策におすすめの栄養素>

  • ビタミンC:アセロラ・キウイフルーツ・ゴーヤなど
  • セラミド:大豆・ブロッコリー・牛乳など
  • リコピン:トマト・スイカ・にんじんなど

これらの栄養素をバランスよく、さまざまな食材から摂取していれば問題ありません。

忙しい方や、栄養不足を感じている方はサプリメントを活用して栄養を補うのもおすすめです。

UVケアでシミを徹底的に予防

女性 紫外線

UVケアは美白作りに欠かせません。

  • 適切なSPF値の日焼けとめを毎日使う
  • 紫外線ケアができるパウダーファンデを活用する
  • 日焼け後は24時間以内に美白&保湿ケアを行う

この3つを徹底させるだけでも、肌は紫外線ダメージを溜め込みにくくなり、シミができにくい環境を整えられます。

シミを増やさない・シミを濃くしないことが、重要な美白ケアということを忘れないで過ごしましょう。

まとめ

できてしまったシミを確実に消すスキンケア用品は、ありません。

しかし、美白美容液を使って、生活習慣を整えることで肌本来のシミを押し出すチカラは高まっていきますよ。

お気にいりの美容液をひとつ見つけて、スキンケアをどんどん楽しんでください。