おすすめの美白化粧品5選!美白に効果のある使い方・選び方も紹介

美白化粧品ランキングを紹介

シミケア

美白化粧品がたくさんある中で、どれを選んだらいいか迷うことはありませんか?

最近使ってる化粧品が合わなくなってきた。

美肌になりたい。

そういったお悩みを持たれるかたは多いでしょう。

そこで今回は、以下の2点を中心に解説してまいります。

  • 美肌を維持できる化粧品
  • 美白と美肌との関連性

年齢によって肌質が違う?

スキンケア

肌質は、年齢によって変化してきます。

20代、30代、40代、年代によって肌の主な悩みは変わってきます。

これから、年齢別にどのような肌への悩みがあるのか見てまいりましょう。

20代

20代は肌の油分が多く、ニキビに悩むかたが多いです。

25歳はお肌の曲がり角と言われるように、20代後半からは、くすみが気になりだしたり、目元の小じわが気になるかたもいらっしゃいます。

先程にも記述しましたように、20代の肌は油分が多いのが特徴的です。

肌の油分が酸化して肌の老化へと進んでしまうこともあります。

20代の肌へのケアの仕方は、保湿性のあるクリームよりも保湿性のある化粧水をたっぷり使用することが重要となります。

乾燥肌のかたは、テクスチャーが軽めの保湿クリームを使用することもおすすめします。

30代

30代は20代よりも肌トラブルが多くなってきます。

シミが一気に増えだしてきたり、シワも増えてきて乾燥も気になるかたも多くいらっしゃいます。

毛穴の開きが目立つようになってきたというお悩みも多くなってきます。

それらの大きな原因は、肌の皮脂や水分量の低下や代謝の低下によるターンオーバーの乱れです。

20代の頃に比べて乾燥しやすい肌となっておりますので、保湿ケアは20代の頃よりも念入りにおこないましょう。

保湿性が高く、馴染みやすいセラミドが配合されている基礎化粧品を使用するとより効果的となります。

保湿性の高い化粧水と保湿性の高いクリームを両用することをおすすめします。

また、ターンオーバーを正常化させるためにも、フェイシャルマッサージをおこないましょう。

伸びの良いクリームを使用する際に、フェイシャルマッサージをおこなうことをおすすめします。

伸びの良いクリームを使用することによって、皮膚への摩擦を避けることができます。

しかし、過度なフェイシャルマッサージはかえってダメージ蓄積の元となりますので、やりすぎないように注意しましょう。

40代

40代は20代から比べると、断然シミやシワが多くなってしまっていると気になるかたが多くいらっしゃいます。

また、シミが多く濃くなってきてしまっているという悩みを持たれているかたも多いです。

それだけではなく、肌のたるみが出てきてしまうことが悩みというかたも多いでしょう。

それらの原因は、肌の皮脂や水分量や代謝の低下、20代から蓄積されてきたさまざまなダメージが肌表面に出てきてしまっていることです。

特に、肌組織のひとつである真皮層に存在するコラーゲンは20代の頃に比べると半減していしまいます。

コラーゲンだけではなく、エラスチンやヒアルロン酸なども肌の弾力やハリを支える重要な成分です。

その成分が低下してしまうのは加齢によるものと活性酵素によるものが主な理由です。

これらの成分を補うためには、今までよりも保湿ケアを徹底的におこなうことが必要となります。

40代のスキンケアは、保湿性のある化粧水やクリームだけではなく、成分にもこだわりをいれましょう。

ヒアルロン酸やセラミドなどヒトに元々備わっている成分が含まれている基礎化粧品も積極的に選びましょう。

保湿性の高いものを選ぶことが大事です。

更に、化粧水と一緒にフェイシャルオイルを馴染ませて使用するのも良いでしょう。

フェイシャルオイルは肌馴染みが良いスクワランオイルをおすすめします。

スクワランオイルにある成分であるスクワランはヒトの肌にも含まれる成分です。

そのため、肌への親和性が高いので肌馴染みが良いのが特徴です。

また、スクワランオイルは酸化しにくい特徴がありますので、開封したあとも長期間の保存が可能です。

酸化しにくい特徴からも、肌に対してシミやくすみの原因を作りにくい成分なので非常におすすめです。

他にも、フェイシャルケアの仕方を少し変えてみましょう。

化粧水や乳液、クリームを2回使用することによって効果が大きく期待できます。

また、活性酵素を取り除くには、サプリメントを使用することが効果的です。

活性酵素を取り除く成分の代表的なものには、ビタミンCや亜鉛、セレンなどがあります。

年齢が上がるにつれて、フェイシャルケアのおこないかたや手間は増えていきます。

面倒であっても、美肌はすぐに手に入ることではありません。

持続させられるように、少しずつ始めてみたり、楽しんでケアをおこなうように工夫することも大事です。

美白化粧品の選び方は?

化粧水を使う女性

美白化粧品の選び方は以下の通りです。

  • 保湿性の高い化粧品を選ぶ
  • シミなど気になる箇所には集中スポット型美白クリームを使用する
  • 顔全体の美白を得たい場合は美白化粧水を選ぶ

何故ならば、年齢によって肌のお悩みが異なっても、根本的な原因は同じだからです。

原因とは以下の通りです。

  • 乾燥
  • 間違った化粧品を選んでいる
  • 外部刺激によるダメージ蓄積

美白肌になるためには、これらを防いだ化粧品を選ぶことが大事なのです。

乾燥を防ぐ保湿性の高い化粧品を選ぶことが透明感のある肌のことであり、くすみの原因となるメラニン色素の生成が抑制され、なめらかな肌のこととなります。

つまり、美白とは美肌ということになります。

透明感のある肌は若々しく見えるだけではなく、肌の健康状態のバロメーターともなります。

美肌に導くためにも、正しい美白化粧品を選ぶことは重要となってきます。

おすすめの美白化粧品5選

それでは、おすすめの美白化粧品をご紹介してまいります。

c-maxローション

C-MAX ローション

内容量:100mL
定期コース初回価格:4,000円

<特徴>

  • 高濃度のビタミンC誘導体配合
  • 美白に特化した化粧水
  • 肌荒れにも効果あり

こちらの商品は、6%と高濃度のビタミンC誘導体を配合されており、美白に高い効果が期待できる美白化粧品です。

他にも、肌のキメを整えるパンテノールや角質を柔らかくするレチノール誘導体、植物由来成分によって美肌を維持する効果を期待できます。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

VCリッチセラム

VCリッチセラム

内容量:30mL
定期コース初回価格:2,250円

<特徴>

  • 新型ビタミンC誘導体配合
  • アクネ菌に作用
  • 保湿性が高い

こちらの商品は、新型ビタミンC誘導体と呼ばれる水溶性と油溶性の性質を持つ新しいビタミンC誘導体を配合している美容液となります。

そのため肌への浸透が高く、含まれるオクタノールによってアクネ菌が原因のニキビにアプローチすることが可能です。

ニキビが気になったり、ごわつきが気になる肌に効果的な美白美容液です。

ビタミンC誘導体によって、ニキビやごわつきなどの肌のデコボコをなくすことによって美肌へと導きます。

また、ビタミンC誘導体はシミを防ぐ美白効果もあります。

⇒公式サイトはこちら

シェリア プレミアエッセンス

シェリア プレミア エッセンス

内容量:120mL
定期コース初回価格:3,980円

<特徴>

  • 医薬部外品
  • 48種の美容成分配合
  • コスパが良い

48種類の美容成分には、シミやシワ、毛穴の開きやごわつきなどをマルチにカバーできる美肌成分が含まれています。

こちらは抗シワ効能評価試験済みの商品であり、乾燥のよるシワを防げることが実証されております。

その他アレルギーテスト済みの商品でもあるため、敏感肌のかたも安心してお使い頂ける仕様となっております。

植物由来成分が多く含まれてるのも魅力のひとつです。

コスパも良く、ひとつで2カ月分となりますが、医薬部外品であるため効果が現れやすさも期待できるのもこちらの商品ならではでしょう。

⇒公式サイトはこちら

シミウス ホワイトニングリフトケアジェル

シミウス ホワイトニングリフトケアジェル

内容量:60g
お試しコース初回価格:3,795円

<特徴>

  • オールインワン仕様
  • 濃厚なテクスチャーでマッサージケアが簡単
  • 美白と保湿が同時に可能

こちらの商品は、オールインワン仕様となっており、時短でフェイシャルケアをすることができます。

シミを抑制する効果が期待できるだけではなく、保湿もしっかりできる仕様となっています。

特に、こちらの商品はマッサージケアと美白を重視したメビウス製薬独自の濃厚なジェルとなっております。

ジェルの硬さは、マッサージをおこなうのに適したテクスチャーとなっております。

こちらのジェルでマッサージケアをおこなった場合、ジェルには濃厚な美白成分が配合されているため、血行促進だけではなく効率良く美白ケアをおこなうことができます。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

ポーラ ホワイトショットSXS

ポーラ ホワイトショットSXS

内容量:20g
価格:12,000円

<特徴>

  • 集中スポット型
  • 美白に特化した美容クリーム
  • シミを薄くする

こちらの商品は、気になるシミに対して集中的に美容ケアをおこなうことができる美白美容クリームです。

シミを予防するだけではなく、できてしまったシミに対しても薄くさせることが期待できる美白美容クリームです。

発売されてから20年が経ちますが、根強い人気の商品です。

美白に独自にヒトが本来持つ健康的な肌に戻す力を促すことに着目したこちらの商品は、口コミも高いことが目立ちます。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

美白化粧品の使い方のポイント

クリームの効果

美白化粧品には様々なかたちで美白に対してアプローチをするものがあります。

美白化粧品を選ぶ前に、ご自身の肌がどのような状態で透明感がないと見えるのか把握しましょう。

また、顔全体なのか、部分的なものか、使用する目的に合わせて美白化粧品を選ぶようにしましょう。

値段は安いものから高いものまでありますが、ご自身に合うものを見つけることが大事です。

ごわつきが気になるかたの美肌対策

角質を柔らかくし、毛穴ケアもおこなえる美白化粧品を選びましょう。

以下の成分が含まれている商品を選ぶようにしましょう。

  • 高浸透型ビタミンC誘導体
  • セラミド
  • レチノール誘導体

くすみが気になるかたの美肌対策

保湿力を高めて、美白効果も期待できる美白化粧品を選びましょう。

以下の成分が含まれている商品を選ぶようにしましょう。

  • セラミド
  • 低分子・高分子ヒアルロン酸
  • コラーゲン

全体的なシミが気になるかたの美肌対策

美白効果の高い成分が主成分となっている化粧品を選びましょう。

以下の成分が含まれている商品を選ぶようにしましょう。

  • 高浸透型ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
  • アルブチン

部分的なシミが気になるかたの美肌対策

集中スポット型の美白美容クリームを選び、化粧水の後に使用しましょう。

以下の成分が含まれている商品を選ぶようにしましょう。

  • ハイドロキノン
  • プラセンタエキス
  • ビタミンC誘導体

美白のために必要なポイント

美白

美白肌を手に入れるためには、重要なポイントがいくつかあります。

それは以下の通りです。

  • 紫外線対策を一年を通しておこなうことでシミ予防
  • 乾燥を防いで毛穴の開きを防いで美肌に
  • 規則正しい生活を送る
  • 合わない化粧品は使用しない

紫外線対策を徹底すること

美白のためには、予防することから始まります。

紫外線は一年を通して肌にダメージを与え続けます。

紫外線の強さによって紫外線予防クリームの強度を変えて使用しましょう。

季節や屋内外関係なく、紫外線予防クリームを使用することにより、肌へのダメージも大きく軽減することができます。

乾燥を防ぐ

肌へのダメージが蓄積されるのを避けるために、常に潤いが保たれた肌にすることを心がけましょう。

肌のダメージを防ぐことは、乾燥を防ぐこととなります。

潤いが満ちた肌は、きめ細やかで毛穴の開きも防いでくれます。

乾燥を防ぐためには、保湿力のある化粧品を使用するだけではなく、洗顔方法からも見直しましょう。

クレンジングも保湿成分が配合されているものを選び、優しく洗うことも乾燥を防ぎます。

規則正し生活を送る

化粧品だけではなく、規則正しい生活を送ることも重要なことです。

規則正しい生活を送ることによって、肌のターンオーバーが正常化され、シミの生成に対する抑制する力も高めていくことができます。

合わない化粧品を使用しない

自分の肌に合わない化粧品は使用せずに使わない決断をするのも重要です。

もったいないからといって使い続けては、肌はよりひどい状態になってしまうこともあります。

そうならないためにも、自分に合った化粧品を購入し、使用しましょう。

まとめ

今回、美白化粧品についてご紹介してまいりました。美白という考えは、根本的には美肌であるということに繋がります。

美白という言葉ひとつにしても、様々な美白の方法があり、年齢によってのお悩みも異なります。

個人それぞれの悩みに適した美白化粧品を選ぶことによって、健康的な美白肌を手に入れることができます。

美白は、まずは予防すること、それが重要なのです。