鼻の毛穴ケアにはクレンジング?おすすめのクレンジング3選も紹介!

クレンジングで鼻の毛穴はケアはできる?

まるでいちごのような黒いぶつぶつができてしまった鼻の毛穴は、鏡で見るたびにがっかりしてしまいますよね。

きちんとケアしていないと、いつのまにか毛穴に黒ずみができ、なかなか取ることができなくなります。

そこで、鼻の毛穴をケアするにはクレンジングがおすすめです。

しかし、本当にクレンジングで毛穴ケアができるのか、またどのようにケアすればいいのか気になります。

この記事では、クレンジングでの鼻の毛穴ケアについて

  • 鼻の毛穴トラブルの種類と原因
  • クレンジングの選び方とおすすめのクレンジングのご紹介
  • クレンジングの使い方

以上を中心に解説していきます。

いちご鼻の毛穴トラブルにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

鼻の毛穴トラブルの種類と原因

こっちを見ている女性

鼻の毛穴トラブルには、

  • いちご鼻
  • 毛穴の開き
  • 毛穴の詰まり

の3種類のトラブルに分けられます。

ここでは、この3種類の毛穴トラブルの原因について解説します。

いちご鼻

いちご鼻とは、名前の通り鼻の毛穴が黒ずみ、小鼻周りが少しボコボコして、まるでいちごのような状態になってしまうことです。

このいちご鼻の原因は、毛穴の中に角栓が詰まり、その角栓が酸化することによって黒ずみ、黒ずみが目立つことでいちごのような鼻に見えてしまいます。

このいちご鼻の改善方法は、正しいスキンケアを行い、保湿をしっかりと行うことです。

肌の乾燥を防ぐことで、毛穴の奥に入り込む角質や汚れを排出しやすくなります。

また、定期的に毛穴パックを利用し、毛穴の角栓を除去するようにしましょう。

毛穴ケアのあとは毛穴の開きを抑えるため、毛穴の引き締め効果のある化粧水などを使用するようにしてください。

毛穴の開き

毛穴の開きの原因は、皮脂の過剰分泌、肌のたるみ、にきび痕が挙げられます。

まず、皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が拡大され、毛穴が開いてしまいます。

そして加齢や肌のホルモンバランスが崩れることで顔がたるみ、肌がたるむことで毛穴が拡大され楕円形のように広がってしまいます。

さらに、顔ににきびができてしまった際に指で潰してしまうと、そこが傷となり毛穴が開いた状態のままになってしまいます。

また、にきびができると敢えて保湿を控えてしまうかもしれませんが、肌のうるおいが減ることで皮脂の過剰分泌が起き、毛穴の開きの原因となります。

このように、毛穴の開きにはさまざまな原因があります。

毛穴の開きを改善するには、正しいスキンケアを行い、皮脂の過剰分泌を抑え肌の保湿をきちんと行うことです。

肌への刺激も毛穴の開きを促す原因となりますので、洗顔時などは肌に刺激や負担がかからないようにスキンケアするようにしましょう。

毛穴の詰まり

毛穴の詰まりの原因は、皮脂の過剰分泌により毛穴に皮脂が詰まったり、古い角質が毛穴から排出されずに固まってしまい角栓になった状態のことです。

また、メイクの洗い残しもメイク汚れとして毛穴の中に入り込み、毛穴の詰まりとなってしまいます。

そしてこの毛穴に詰まった角栓が酸化することで、黒ずみとなってしまいます。

毛穴の詰まりの改善方法は、正しいスキンケアを行い、皮脂の過剰分泌を抑え、肌の老廃物を排出できる肌づくりを心掛けましょう。

クレンジングの選び方

毛穴の黒ずみは、正しいスキンケアで改善・予防することができます。

そこで、毛穴の黒ずみをケアするクレンジングのおすすめの選び方を3つご紹介します。

クレンジングのタイプ別に選ぶ

クレンジングはさまざまなタイプが販売されており、タイプによって洗浄力や肌へ与える影響が異なります。

自分の肌質に合わせたクレンジングタイプを選ぶようにしましょう。

オイルタイプ

オイルタイプはメイクを落とす力も強い分、肌への摩擦が強くなります。

しかし、毛穴の中の角質や汚れを溶かして除去することができるので、毛穴ケアでオイルタイプを選ぶ際は、植物性分配合の肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

ミルクタイプ

乳液タイプとも呼ばれるミルクタイプは、メイクを落とす力もあり、肌への負担も少ないタイプです。

洗い上がりの肌を保湿させ、肌を乾燥から守ります。

毛穴ケアは肌を乾燥させないことも大切ですので、クレンジング後の肌の乾燥を抑えられるミルクタイプは毛穴ケアにもおすすめです。

ジェルタイプ

ゼリー状のクレンジング剤が毛穴の奥にまでしっかりと届き、角栓を除去し毛穴詰まりを改善させます。

ジェルタイプもメイクを落とす力は強く、また油分が少ないのでさっぱりとした洗い上がりとなります。

肌への刺激も少ないので、毛穴ケアに向いています。

バームタイプ

手に取ると固く感じますが、肌に馴染ますことでやわらかいテクスチャーに変わり、メイクにも馴染んで落としやすくなります。

また毛穴の中の角質や汚れも絡め取り、しっかりと洗い流すことができます。

バームタイプのクレンジングは肌への摩擦が少ないので、マッサージや毛穴ケアに適しています。

肌に負担を与えるタイプは選ばない

クレンジングのタイプの中に、シートタイプというものがあります。

このシートタイプはサッと拭くだけでメイクを落とすことができるので大変便利ですよね。

しかし、肌を強く擦ることになり、肌への刺激はかなり強くなってしまいます。

また界面活性剤という洗浄成分が多く含まれていることから、肌への負担も大きくなります。

このシートタイプのクレンジングを日常的に使用していると、肌を傷つけ炎症を起こしたり肌トラブルの原因ともなります。

シートタイプのクレンジングは、旅行のときなどの奥の手として使用するようにしましょう。

メイクの濃さに合わせて選ぶ

普段からナチュラルメイクの方は洗浄力の低いクレンジングを選ぶようにし、少しでも肌の負担を減らすようにしましょう。

また、ベースメイクは薄いけれど、目や唇などのポイントメイクは濃い目という方は、ポイントメイクはポイントメイク用のリムーバーを使用し、ベースメイクは洗浄力の低いものを使うようにしてください。

顔全体のメイクを落とす際に、ポイントメイクのための洗浄力の強いクレンジングを使用すると、肌への負担が大きくなります。

肌へ負担が増えてしまうと、毛穴が開きやすくなったり、くすみやたるみの原因ともなります。

クレンジングはメイクの濃さに合わせて選ぶようにしましょう。

鼻の毛穴ケアにおすすめのクレンジング3選

それでは、メイクを落とすだけでなく鼻の毛穴ケアにも効果的なおすすめのクレンジングを3選ご紹介します。

ファンケル マイルドオイルクレンジング

ファンケル マイルドクレンジングオイル
容量:120g
価格:1,836円
<特徴>

  • 肌をこすることなくメイクをするんと落としてくれます。
  • 頑固な角栓や毛穴の奥に入り込んだ角栓もしっかりと除去してくれます。
  • 肌にうるおいを保ったまま洗い上げ、肌の乾燥を防ぎます。

濃いメイクでもするんと落としてしまう、洗浄力の高いオイルクレンジングです。

洗浄力の高いクレンジングですが、洗い上がりは肌にうるおいを保ちつつ、肌の乾燥を防いでくれます。

また、頑固な角栓や毛穴の奥に入り込んだ隠れた角栓もオイルの力で溶かし、すっきりと洗い流してくれます。

気になっていたのでお試しとして購入しました。
今までのなかで1番落ちました。
マスカラも落ちている感じがして、綺麗に落ちます。
小鼻周りも すっきりしますし何よりも濡れた手でも大丈夫ということです。
オイルクレンジングとは思えないほどです。

出典:口コミ一覧はこちら

公式サイトはこちら

DUO ザ クレンジングバーム

D.U.O クレンジングバーム
容量:90g
価格:3,  888円
<特徴>

  • これ一つでクレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントの5役を担っています。
  • 毛穴ケアカプセルが毛穴の奥の汚れもすっきりと除去します。
  • 31種類のエイジングケア成分を配合しています。

バーム状のクレンジングが肌に馴染むことで、独自開発された毛穴ケアカプセルが毛穴の深部にまで入り込み、毛穴の汚れや角質を絡め取り洗い流します。

また24種の植物性エキスやナノコラーゲンなど、31種類のエイジングケア成分を配合することで、メイクを落とすだけでなくハリのある美しい肌へと導きます。

そしてバーム状のクレンジングは肌への摩擦も少ないので、毛穴ケアやマッサージクリームとしても最適です。

使い心地はとてもよく、毛穴も目立たなくなりました。
何より鼻周りの肌触りがツルツルになったことが嬉しいです。
ただ、もともとニキビができやすい体質なのできちんと洗い流さないとニキビができます。
1日使わないと肌触りが変わってくるので手放せないですが、値段が少し高いかなと感じます。

出典:口コミ一覧はこちら

公式サイトはこちら

フィトリフト ホットクレンジングジェル


容量:200g
価格:3,800円
<特徴>

  • 温感クレンジングが毛穴の奥の汚れをしっかり取り除きます。
  • 美容液成分を91.2%配合しています。
  • 植物成分の保湿成分と毛穴引き締め成分を配合しています。

+4℃の温感ジェルが毛穴の奥にまで入り込み、メイク汚れや角質をしっかりと絡め取るので、すっきりと洗い流すことができます。

またローヤルゼリー酸などの美容成分を贅沢にも91.2%配合、メイクを落としつつ美肌へと導きます。

さらに植物性分の保湿成分と毛穴引き締め成分も配合されているので、洗い上がりの肌はうるおいを保ちつつ、毛穴開きを抑える効果があります。

年々肌の衰えを感じ始め、はりや潤いがほしくこちらを試してみました。手のひらに出してみるとじわっとあたたかく顔にのせると顔全体がふわっとあたたかくなるのがわかりました。しばらくは顔の上でくるくると優しくなじませて洗い流してみると、つるんとしてしっとり感もあり続けて行くうちにだんだん毛穴が気にならなくなって肌がきれいになったように感じました。

出典:口コミ一覧はこちら

公式サイトはこちら

クレンジングの使い方

毛穴の黒ずみに効果的なクレンジングをご紹介しましたが、クレンジングの使い方が間違っていては効果は期待できません。

そこで、毛穴ケアに効果的なクレンジングの正しい使い方をご紹介します。

使用量を守る

クレンジングは製品によって適正な使用量が異なります。

もったいないからと適量よりも少ないクレンジングを使うと、肌に摩擦を与えてしまいますし、多過ぎても肌に負担を与えてしまいます。

クレンジングを使用する前には、その製品の適正な使用量を確認しておきましょう。

ポイントメイクを先に落とす

目や唇などのポイントメイクが濃いめの方は、先にポイントメイクを落としてから顔全体のメイクを落とすようにしましょう。

濃いメイクのポイントメイク落としに合わせた洗浄力の高いクレンジングで顔全体を洗うと、肌に負担をかけてしまいます。

ですので、まずはポイントメイクを落とし、その後顔全体を刺激の少ないクレンジング料でメイクを落とすことで、肌への負担を抑えることができます。

皮脂の分泌が多い部分からクレンジングを使う

鼻頭や小鼻周りのTゾーンと呼ばれている部分は、顔の中でも皮脂の分泌が多い部分です。

そこで、クレンジングの際にはこのTゾーンから洗いはじめ、最後に口元や目元などの肌の薄い部分を洗うようにします。

クレンジングで肌を洗う際には、力を入れて擦るのではなく、指の腹で優しくもむようにしてメイクを落とすようにしましょう。

すすぎはぬるま湯で

クレンジングをすすぐ際には、30~35度のぬるま湯で流しましょう。

水で洗い流すと、クレンジングは固まってしまう恐れがあり、流しきれなかったクレンジングが毛穴に詰まり、黒ずみの原因となります。

また、温度が高いお湯で洗い流すと肌が乾燥してしまいます。

そこで、クレンジングもすっきりと落としやすいぬるま湯で洗い流すことで、肌トラブルも回避することができます。

おすすめのプラスαのケア方法

小鼻のブツブツとした黒ずみをケアするためには、クレンジングが効果的とお伝えしてきました。

しかし、クレンジングだけでは毛穴ケアは十分ではありません。

普段からさらにプラスαで行っていただきたい毛穴ケアの方法をご紹介します。

スキンケア

毛穴ケアには、クレンジングだけでなく洗顔などのスキンケアも正しい方法で行わなければ、肌を刺激して毛穴のトラブルを引き起こしてしまいます。

そこで、スキンケアの正しい方法をご紹介します。

洗顔方法

毛穴の黒ずみが気になると、日に何度も洗顔をしたくなってしまいますが、洗顔のし過ぎは肌への負担となります。

ですので、洗顔は、朝晩の一日2回行えば十分です。

肌に負担をかけない洗顔方法は、まず洗顔料をよく泡立ててください。

洗顔料をよく泡立てないまま顔を洗ってしまうと、肌を傷つけでしまい、毛穴の開きや肌トラブルの原因となります。

洗顔の際には、よく泡立てた洗顔料で優しく顔を包むように洗うようにしましょう。

そして洗顔料をすすぐ際にはぬるま湯で流し、タオルで水分を拭き取ります。

このとき、タオルで顔を上下に擦るように拭くのではなく、水分をタオルで吸収するようにポンポンと軽く抑え込むように拭きます。

タオルで肌を擦ってしまうと、肌の老化を促してしまい、肌のたるみやくすみの原因になるので注意しましょう。

毛穴ケアに効果的な化粧品選び

毛穴の黒ずみは皮脂や角質が詰まってしまったものですので、この皮脂の分泌を抑制する効果のあるビタミンC誘導体が配合された化粧品が毛穴ケアにおすすめです。

また、毛穴は乾燥することで皮脂の過剰分泌が起きてしまい、さらに毛穴の開きを招いてしまいます。

そこで、肌にうるおいを与えるセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿美容成分が配合された化粧品が効果的です。

これらビタミンC誘導体やセラミドエキスなどの美容成分は、毛穴ケアに効果的なだけでなく、美白効果やエイジングケアにも効果が期待できますので、黒ずみのない美しい肌へと導いてくれます。

定期的にピーリングケアを行う

肌に炎症やアレルギーのない方は、黒ずみを改善・予防することができる毛穴のピーリングケアを定期的に行うことをおすすめします。

ピーリング剤のタイプはいくつかあり、石鹸タイプのものやスクラブ入りのジェルタイプなどがあります。

ピーリングケアを行う際には、肌を擦り過ぎず、また使用量を守るようにしましょう。

そしてピーリングケアは目安として週に2~3回行うようにしてください。

毎日行うと肌を傷つけることになり、肌の炎症などを引き起こす可能性があります。

また、ピーリングケアをはじめて肌が赤くなったり違和感を感じた場合には、使用を中止してください。

生活習慣

きれいな肌は一日ではつくれません。

普段の生活習慣を整えることで、黒ずみのない美しい肌を目指すことができます。

そこで、毛穴の黒ずみもなく美しい肌を維持している人たちが行っている生活習慣をご紹介します。

十分な睡眠を取る

私たちが眠っている間に、体内では成長ホルモンが分泌され、肌は新しく美しい肌へとつくり変えられます。

しかし、睡眠時間が十分でない場合、肌のターンオーバーが乱れ、排出物が残された肌はにきびやくすみ、毛穴の黒ずみなどさまざまな肌トラブルを招いてしまいます。

夜のゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時までの間に良質な睡眠を取ることで、成長ホルモンの分泌が活発となり、美肌へと導いてくれます。

睡眠不足はお肌の大敵ですので、普段から睡眠時間をしっかりと確保するようにしましょう。

肌にいい食事を取る

美しい肌は体内からもつくられます。

そこで、毛穴ケアにも効果的な肌にいい食事を摂取するように心掛けましょう。

肌にいい食材のうち、特に毛穴ケアに効果的な食材は、ビタミン群成分が多く含まれている食材です。

その中でも、皮脂の分泌を抑える作用のあるビタミンB2を多く含んだ食材は、レバーや納豆、たまごの黄身などです。

そして肌のターンオーバーを正常にする作用があるビタミンAも、肌の老廃物を排出する手助けとして効果的な栄養素なのでおすすめです。

ビタミンAが多く含まれている食材は、モロヘイヤやニンジン、パセリなどです。

また、普段から油分の多い食事やお菓子やケーキなどの甘いものを多く摂取する方は注意が必要です。

揚げ物などの油分の多い食事は皮脂の分泌を増やし、にきびや肌荒れの原因ともなります。

そして糖分を過剰に摂取すると、体内で糖化が起き、肌の老化を進行させ、たるみやしわをつくる原因となります。

食事から美肌を目指すのであれば、肌にいい食材を摂取しつつ、油分や糖分の過剰摂取は避けるようにしましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを強く感じると、交感神経が活発に働き、男性ホルモンが増えて皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

この皮脂が毛穴に詰まり、黒ずみの原因となります。

また、ホルモンバランスが崩れ、血行不良や免疫力の低下により肌の老化やしみやしわの原因にもなります。

ストレスが肌に与える影響はとても大きいものなので、普段から適度に休息を取ったり、気分転換をするなどストレスを溜めないようにしましょう。

定期的に運動をする

定期的に体を動かし、運動をすることはストレス発散にもなりますし、新陳代謝の向上や血行促進効果もあります。

新陳代謝や血行がよくなると、老廃物が体から排出されやすくなりますので、毛穴の詰まりも解消され、透明感のある明るい肌を目指すことができます。

ランニングや筋トレなどの本格的な運動でなくとも、定期的にウォーキングをするだけでも効果は得られますのでおすすめです。

ぜひ生活習慣の中に運動する習慣を取り入れてみましょう。

まとめ

鼻にできた毛穴の黒ずみは、メイクで隠そうとしてもなかなか手強いですよね。

この毛穴の黒ずみはクレンジングを正しい方法で行うことで、改善・予防することができます。

しかし、毛穴ケアはクレンジングやスキンケアだけでなく、日頃の生活習慣も整えていくことが大切です。

日々の積み重ねによって黒ずみのあるいちご鼻ともさよならし、美しい肌を目指しましょう。