【厳選】毛穴ケアとエイジングケアもできる!40代におすすめ化粧水7選!

毛穴やシワ・たるみにも効果が期待できる化粧水をご紹介

40代 女性

40代以降、肌に元気がなくなってきて、今までスキンケアで悩んだことがなかった方でも

「毛穴に良い化粧水はないかしら・・・」
「シワやたるみが目立ってきて鏡を見ると落ち込む」

と悩む方も多くなります。

そんな肌の悩み、毛穴の悩みにぶつかった時がスキンケアを見直す時期です。

化粧水次第では、肌が引き締まり毛穴やシワが目立たなくなるように整えていく化粧水もあります。

そこで今回は

  • 40代の化粧水の選び方
  • 40代におすすめの化粧水7選
  • 正しい化粧水の使い方

をお届けします。

化粧水の選び方に迷ったら、参考にしてくださいね。

40代の化粧水の選び方

40代になると、一気に肌に元気がなくなり、シミやシワ、たるみが気になるようになります。

特に毛穴が目立つようになるので、化粧水でどうにかできればと思っている方も多いのではないでしょうか。

年齢的にホルモンバランス崩れやすくなっていること、紫外線の影響、年齢による肌の衰えが関係しています。

たるみは肌をたるませることをきっかけに、毛穴が目立ち、シワを作る大きな原因です。

引き締め効果やエイジングケアを行える化粧水を使うことで、肌のハリや潤いを補うことが可能となり、毛穴も目立ちにくくなります。

開き毛穴には引き締め効果を

開き毛穴は、肌の衰えと大きく関係しています。

毛穴のないきめ細やかだった肌に毛穴が目立ってきたら、それは毛穴が開いているためかもしれません。

加齢によって真皮のコラーゲンやエラスチンが弱ってしまい、毛穴をささえきれなくなりしずく形に開いてきます。

主に頬の多く見られます。

そのため、肌に潤いを与えながら引き締めることが大切です。

引き締め効果のある収れん化粧水や、エイジング効果のあるビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体を含む化粧水がおすすめです。

<引き締め効果のある成分>

  • ビタミンC誘導体・・・水溶性の成分。抗酸化作用が高く、毛穴の引き締め・詰まりを改善、美白効果もあります。
  • ビタミンE誘導体・・・脂溶性の成分で肌に浸透しにくいが、高い抗酸化作用はエイジングケアにぴったりです。毛穴引き締め効果、肌の引き締め効果があります。

皮脂量が減ってくるので保湿成分で選ぶ

40代の肌は、乾燥肌に傾いていることが多く、夏でも頬がカサカサとするという方も少なくありません。

そのため、保湿を重視したスキンケアがとても大切です。

もちろん、化粧水だけで保湿をすべて補うことは無理があります。

40代になると、皮脂の量も減少するため、化粧水だけで保湿をすべて行うのは難しいんですね。

化粧水は洗顔後に乾燥した肌に水分を与え、次のスキンケアを浸透させやすくするのが本来の目的だからです。

でも、ヒアルロン酸やプロテオグリカン、コラーゲン、エラスチンは水溶性の保湿成分で、水分を抱え込み、保持します。

アミノ酸やグリセリンなども水溶性の保湿成分で、水分に吸着して保持します。

これらを含む化粧水ならば、かなりの保湿力が期待できます。

効果別成分で選ぶ

肌のゆらぎを常に感じる40代は、肌の悩みもそれぞれ異なってきます。

それぞれの肌の状態から効果が期待できる成分をご紹介します。

シワ・たるみ

たるみとシワは同じ過程で生じる年齢肌の症状なので、ケアも基本的に同じで構いません。

肌がたるむ⇒そこに刻みが入る⇒シワとなる という過程で生じます。

たるみやシワの原因はコラーゲンの弾力が弱まり、皮膚の脂肪を支えきれずたるんでしまうことです。

<おすすめの成分>
コラーゲンを増やす作用のあるビタミンC誘導体やレチノール配合の化粧水がおすすめです。

たるみが生じてから解消していくのはなかなか難しいので、たるみが進行しないように早めのケアが肝心です。

毛穴

毛穴が目立つと悩むのは若い方だけではなく、40代でも50代でも同じです。

目立ってしまう毛穴のタイプは色々ありますが、40代以降はたるみ毛穴に悩むことが増えてきます。

40代を過ぎると、ターンオーバーのサイクルが若いころの倍近い日数かかるようになります。

すると、毛穴が目立ちやすくなってきてしまうのです。

もちろん、肌がたるむことで毛穴は目立ちやすい状況ではありますが、古い角質や皮脂が毛穴に詰まった状態で肌がたるんでしまうと、毛穴が広がってしまいます。

まずは、ターンオーバーを促進する成分配合の化粧水を使い、ターンオーバーを促進させることが大切です。

<おすすめの成分>

たるみ毛穴の場合には以下の成分がおすすめです。

  • プラセンタ
  • フラーレン
  • レチノール
  • ビタミンA誘導体(レチレイン酸など)
  • ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルMg、リン酸アスコルビルNaなど)
  • ビタミンE誘導体(トコフェリルリン酸Naなど)

黒毛穴の場合には美白を意識した成分がおすすめです。

  • フラーレン
  • ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルMg、リン酸アスコルビルNaなど)
  • プラセンタ
  • アルブミン

シミ

シミは紫外線が表皮細胞にあたると肌内部を守ろうとしてメラニンが生成され、メラニン色素が付く有られます。

通常、メラニンはターンオーバーと共に排泄されていきます。

しかし、40代になると、ターンオーバーの低下などでメラニンの過剰な活動が収まらずにメラニン色素が作られ続け、シミとなって残ってしまうのです。

そのメラニン色素がつくられるときに、肌内部で起こる反応を抑える働きを持つ美白成分を使うことで、シミも徐々に薄くなっていきます。

毛穴の黒ずみもメラニンによる影響があることもあり、同じように美白成分配合の化粧水を選ぶようにしましょう。

<おすすめの成分>
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • エラグ酸
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス
  • ルシノール
  • 4SMK

40代におすすめする化粧水7選!

化粧水の選び方を踏まえて、40代の肌におすすめの化粧水を7つ厳選しました。

C-MAX LOTION

c-maxlotion

容量:100ml
価格:4,000円

<特徴>

  • 抗酸化作用の高濃度ビタミンC誘導体を7%配合
  • ビタミンA(レチノール誘導体でコラーゲンの活性を促します。
  • 美容成分がたるんだ頬の毛穴に働きかけふっくらとした肌に導きます。

美容液タイプのエッセンスローションで硬くなった角質を柔らかくし、肌の修復力を高め肌荒れをケアします。

毛穴の開きや肌のくすみ、色素沈着を改善し大人ニキビを防ぐ高濃度ビタミンC誘導体を7%配合。

使い始めはベタつきを感じますが1分もしないうちに、肌がさらっとします。

⇒公式サイトはこちら

ファンケル モイストリファイン

ファンケル モイストリファイン

容量:30ml
価格:1,400円

<特徴>

  • たっぷりとした潤いで肌を滑らかに整えます。
  • コラーゲンとセラミドのWうるおいアプローチがたっぷりの潤いで肌を満たします。
  • 毛穴の開き、乾燥、肌理の乱れなど年齢肌の悩みをケア

モイストチャージコラーゲンとアクティブセラミドによるWうるおいアプローチによって保湿力たっぷりの肌に整えます。

浸透力の高いローションが毛穴の開きや乾燥を鎮め、翌朝も肌がもちもちします。

とろみのかかったローションが肌に吸い付き、潤いを逃しません。

マイルドクレンジングオイル、アクネケア洗顔クリーム、毛穴パック、集中保湿マスクマスクの豪華6点セットで、1,510円になっています。

⇒公式サイトはこちら

ディセンシア アヤナス コンセントレート

ディセンシア アヤナス コンセントレート

容量:125ml
価格:5,000円

<特徴>

  • とろみのあるエキスが濃密な潤いを与えます。
  • 高保湿ローションがふっくらとしたハリのある肌に導きます。
  • 細胞のひとつひとつに働きかけ、キメの細かい肌に整えます。

とろみのあるこってりとしたローションは伸びが良く、朝になってもしっとりとモチモチ肌が続きます。

アルコールフリーの高保湿化粧水なので肌に負担をかけることなく、毛穴にも働きかけます。

肌に刺激を与えず疲れた肌に染み込んで水分を与えてくれます。

初回限定セットはアヤナス ローション コンセントレート、糖化ケア美容液、ハリアップクリーム、目元用アイクリーム(1回分)1,480円です。

かなりお得なセットなので、試してみたい方は限定セットから使ってみましょう。

⇒公式サイトはこちら

ビーグレン QuSome ローション

ビーグレン QuSOme ローション

容量:120ml
価格:5,000円

<特徴>

  • 医学会認定の浸透テクノロジーによって美容効果が長時間持続することを実現。
  • ビタミンC誘導体が保湿と美白に呼びかけます。
  • 肌の内側から溢れるハリと透明感のある肌に整えます。

高機能保湿化粧水によって、肌に潤いを与え、17時間も効果が持続します。

潤い不足による肌のたるみ、毛穴のたるみを改善し、引き締まったハリのある肌に整えます。

肌馴染みが良く、少量でもどんどん潤いを増していきます。

年齢肌にお悩みの方は、最初はトライアルセットから試してみると良いですね。

「たるみケアセット」はクレイウォッシュ、QuSomeローション、QuSomeリフト、Cセラム、QuSomeモイスチャ―リッチクリームの5点セットで1,800円。

365日全額返金保証制度があるので、肌に合わなかった場合でも安心です。

⇒公式サイトはこちら

オルビス ユー モイストアップローション

オルビス ユー モイストアップローション

容量:180ml
価格:2,800円

<特徴>

  • 独自高保湿成分「濃密ウォータージェリー」と低分子ヒアルロン酸を配合
  • 乾燥しがちな肌を濃密な潤いで満たし、年齢肌をバックアップします。
  • 肌馴染みも良く、着けた瞬間に肌に吸い込まれていく浸透感があります。

低価格で高品質な理想的な化粧水です。

とろみのあるテクスチャーで肌が潤い、翌朝までもっちり感やハリ感が残ります。

年齢による疲れ肌にたっぷりと栄養を与え、若々しく瑞々しい肌に導きます。

オルビスを始めて使う方はお得なオルビスユー トライアルセットがおすすめです。

洗顔料、化粧水、日中用保湿液、夜用保湿液の4点セットで1,296円です。

⇒公式サイトはこちら

コンシダーマル スキンライズローション

コンシダーマル

容量:50ml
価格:2,268円

<特徴>

  • 独自技術ラメラテクノロジーRを採用したオールインワン化粧水です。
  • 化粧水のようなすっきりとしたテクスチャーと美容クリームのような濃厚な潤いを1本で実現。
  • 角質層のバランスを保ち、ハリ、つやのある健やかな肌へと導きます。

皮膚臨床薬理研究所との共同開発によって生まれた独自技術によって高い満足感を得られる保湿化粧水です。

コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸、セラミド3など肌を構成する美容成分に加え、エイジングケアに特化したEGFやフラーレンも配合しています。

肌馴染みも良く、乾燥している年齢肌にスーッと馴染み、もちっとした瑞々しい肌に整えます。

⇒公式サイトはこちら

ホスピアップ

ホスピアップ

容量:150ml
価格:4,020円

<特徴>

  • リフトアップや肌の引き締めの着目した化粧水です。
  • 9つの保湿成分が肌の水分量を上げ、内側から押し上げます。
  • 肌をきゅっと引き締め、毛穴や肌のたるみを予防します。

フェイスラインのリフトアップや肌の引き締めに着目したローションで美肌成分や保湿成分もしっかり配合しています。

さらっとしたテクスチャーは肌につけるととろみがかかり、ハンドプレスで頬に吸い付くもっちりとした肌に導きます。

化粧水前の導入液としても使え、気になる毛穴の開きやたるみ、肌のたるみやほうれい線のない肌にサポートします。

⇒公式サイトはこちら

正しい化粧水の使い方

化粧品をつけている女性

化粧水のつけ方次第で、肌トラブルを招いてしまうこともあります。

特に40代のゆらぎ肌は、丁寧なスキンケアは重要なポイントです。

正しい化粧水のつけ方を意識して行ってみましょう。

手でつける場合

手で化粧水をつける時にも肌を刺激しないようにしましょう。

  1. 化粧水の使用量は添付の説明書通りの量を使う
  2. 手のひらに化粧水を取ります。
  3. 手のひらで顔全体にさっと馴染ませ、仕上げに乾燥しやすい目元とフェイスラインに手のひらを使って軽く押さえて馴染ませます。

手でパチパチと叩くと刺激によって赤ら顔やシミの原因になるので注意してください。

コットンでつける場合

普段、コットンで化粧水をつけている方はこちらの方法を参考にしてください。

  1. コットンに裏側まで滲みるくらいの量を取ります。
  2. 顔の内から外へ顔全体にまんべんなく優しく滑らせるように馴染ませます。

コットンで肌にこすり過ぎると摩擦によって肌を傷めてしまいます。

化粧水と合わせてスキンケアを見直す

40代の肌は乾燥しやすい、ハリが出ない、くすみやすい、と悩みが増える年代です。

間違ったスキンケアを行っていると、すぐに肌に影響が出てしまうので、今までのスキンケアを見直すべき年代でもあります。

間違ったスキンケアをしていませんか?

見直すべきポイント5つ、取り上げてみますので、チェックしてみてください。

もし、「あっ間違えていた」ということがあれば、そこからすぐに見直すようにしましょう。

  • 肌に合ったスキンケアアイテムを選べていない
  • 洗顔やスキンケアをするときに肌をゴシゴシとこすっている
  • 勿体ないから、とスキンケアの使用量が少なさ過ぎる
  • 時間をかければ肌が良くなると思いケアに時間をかけすぎている
  • 肌のゾーン別にメリハリのあるスキンケアができていない

いかがでしょうか。

洗顔やスキンケアを行う時、メイクが落ちた実感や肌にケアが馴染んだ実感が欲しくてついついこすり過ぎていませんか?

また、スキンケアの量も少なめにしてしまうと、ケア商品が持っている力を発揮できません。

毎日行っているスキンケアだからこそ、正しく行うことが大切です。

紫外線ケアは怠らないように

紫外線は年間を通して地表に降り注ぐ、肌年齢を老化させる恐ろしいものです。

紫外線を浴びると肌を守るためにメラニン色素を作り出し、上手に排泄できなければシミの原因になります。

真皮にまで紫外線が到達すると肌弾力を保つコラーゲンを傷つけシワやたるみの原因になります。

外出する時は5分程度でもUVケアをしましょう。

肌を老化から守るポイントでもあります。

まとめ

40代になったから、肌が衰えても仕方がない、と思わずに、毎日のスキンケアを年齢に合わせたものに変えましょう。

若い年代のスキンケアラインは場合によっては、肌に負担をかけてしまうこともあります。

年齢と肌質に合った化粧水を選ぶことで、肌を引き締め毛穴の目立たない肌に蘇ることは十分に可能です。